はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』について その1

元記事

NHK『あさイチ』が10月17日、食卓の内部被ばく調査を放送。その結果は、福島の食材を食べる郡山市の一家でも被ばくゼロ、東京でも産地を気にしているか否かにかかわらず被ばく量に差は無かったとされる。ところが測定データを精査すると検出限界が示されておらず、天然放射性物質「カリウム40」のありえない値(1㍑あたり200~300ベクレル=水道水にミネラルウォーターの1千倍ものカリウムが入っていることになる)とセシウムによる被ばく量とを比べて安全の根拠とするなど、不審な点が多い。測定した研究者に取材すると、機械の故障等で正確なデータではなく再分析中とのこと。いい加減なデータで安全をPRしたNHKは質問状に対し返事をせず、NHKのサイト上からデータをこっそり消した。


【Digest】
◇NHK『あさイチ』福島郡山市一家の食事から放射能ゼロ
◇疑問1:検出限界ゼロとは
◇疑問2:水道水にミネラルウォーターの1千倍のカリウムは不自然
◇「食材産地を気にすることは風評被害」と言わせる思惑
◇福士政広教授「測定器の調子が悪かった、現在再分析中」
◇NHKホームページからデータ削除するも返事はなし
◇NHK『あさイチ』福島郡山市一家の食事から放射能ゼロ


毎日の食事からの内部被ばくはいったいどれくらいになるのか?今、国民の関心がいちばん高いテーマのひとつだが、10月17日にNHK総合テレビの朝の情報番組『あさイチ』で「放射線大丈夫?日本列島・食卓まるごと調査」という特集が放送された。
 データが少ない食品の放射能汚染のへの不安にこたえるため、全国各地の家族に協力をしてもらいそれぞれの家族が1週間食べた食事をまるごと検査して、どれくらいの放射性物質が含まれているかを調査したものだ。

 特集の概要はNHKのホームぺージに紹介されている。内部被ばくが高いと推定される福島県からは2家族が参加。郡山市の家族は、地元福島の農家を応援しようと、なるべく地元の野菜を買っているという。

 もう一家族は須賀川市の農家で、家で食べる野菜のほとんどが自家製。さらに水も家の敷地内のわき水を使っているという家族だ。どちらも福島産食材多食派代表だ。

 一方東京都からも2家族が参加。江戸川区の家族は、食品からの被ばくをなるべく減らすために西日本の食材を選んで食べるようにしている。「気にする派」の代表だ。もうひとつ目黒区の家族は産地を気にしていない「気にしない派」代表といえる。

 それ以外に北海道の札幌、大阪府の岸和田、広島県の廿日市から3家族が参加した。いずれも地元野菜を中心に食べている。

 それぞれの家族に毎回の食事を一膳分余計に作ってもらい、1日の終わりに3回分の食事をミキサーにかけてすりつぶし、分析用のサンプルを作る。それを1週間続けて東京の研究室に送ってもらうという仕組みだ。

 分析を行ったのは首都大学東京の福士政広教授の研究室。測定器としては一番精密に測定できる「ゲルマニウム半導体検出器」を使って、それぞれのサンプルを2時間かけて分析。

 番組の中で福士教授は「通常行なわれている食品検査は20分程度なので、より精度の高い測定ができます」と説明。さらに確認のため各家庭毎に1回分のサンプルを選んで8時間(30000秒)の再測定をするほどの念の入れようだ。


上記はニュースサイトに書かれたものです。
私は会員ではないので、この続きが読めません。

ただ、その日のNHKの報道は見ており、違和感を感じました。
ツィッターでも、報道の検出結果のデーターが おかしいとの声もあがっていました。

多くの方は、このテレビを見て、気にしなくても 気にしても一緒なんだ・・・とか
福島の野菜って全然大丈夫じゃない・・・とか

そういう風に感じられたと思います。

何を見て、何を信じるかは 本人の自由です。
安心したい人は安心できるデーターを探し
心配している人は、安心できるデーターを見ても、これは本当なのかという視点で調べます。

子どもを放射能から守るのに、親があまりにもナーバスになっている姿を見せると
子どもが不安を感じてしまい、よくない方向に向かうという 偉い大学の先生もいます。

親が気にして、子どもを守るという「勘」を働かせる事はとても大切、子どもを守るのは親だという 武田先生や 伊藤氏のような方もいらっしゃいます。

私たちは 日々流れてくる情報を 鵜呑みにせず、いったん立ち止まって、自分で調べ、
自分の意思をもって、受け入れるか? 受け入れないか?という決断をしていく時代に生きています。

今回の上記の記事も 本当であるならば、続報はどんどん伝わってくるでしょう。


上記の記事を読んで、私が一番 おかしい・・・と感じるのは
首都大学の先生があれだけデーターの信憑性を高らかに誇っていたのに
少し、つつかれると、計器の故障があったとか、そのデーターをNHKのサイトから削除するなどの
その時の内容が 少しづつ 隠され始めた事です。

この記事に関しては、続報が入り次第、レポートいたします。


10/31 続報になります。・・・

なんか うーん・・・って感じなのですが。

以前のNHKのホームページを 完全にコピペされてる方がいらっしゃいました。
NHKのサイトの元データー

そして 今では


分析のしかたは?

それぞれの家族に一食分余分に食事を作ってもらい、一日分をまとめてミキサーにかけて完全にかき混ぜ、分析用のサンプルを作ってもらいます。それを一週間続けて東京の研究室に送ってもらいました。

分析をしたのは、首都大学東京・福士政広教授研究室です。精密に測定できる「ゲルマニウム半導体検出器」を用い、各サンプル7,200秒かけて分析しました。これは現在通常行われている食品検査より長く、より精度の高い測定ができます。さらに各家庭1サンプルは、30,000秒の追加測定を行いました。

調査の結果は?

番組で行った『食卓まるごと調査』について、視聴者の皆様から多くの反響をいただきました。
その中で、データの精度についてのご指摘もありました。
そこで現在、調査を担当した首都大学東京と、外部分析機関の協力を得て、データの再検討を行っています。結果が出次第、改めてホームページで公表いたします。

こんな感じです。

本当に 本当に・・・NHKさん・・・何がしたいの?ですね。
あの日のデータで

気にしても、気にしなくても大丈夫。
福島の野菜は内部被ばくに繋がらない。
として
食材を気にする生活を 辞めてしまった方が多数いらっしゃるそうです。

天下のNHKだから 信用に値する。 ってものも もう・・・過去の話ってことでしょうか?

早く、正確なデーターを開示してもらいたいものです。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。