はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木市も続きましょう!杉並区の動き

放射能検査 来月から高精度に 杉並区が新機器 給食、水道水対象

2012年2月14日

杉並区が給食食材や水道水などの放射性物質測定のため購入した「ゲルマニウム半導体検出器」が、区衛生試験所(高井戸東)に設置された。区によると都が使用する機械と同レベルの精度での測定が可能で、三月初旬から本格使用する。

保育園児や小学生がいる保護者の要望などがあり、一台約千七百万円で購入した。

同区はこれまで、水や食材の放射性セシウムなどの検査を業者委託し、水道水は一リットルあたり一〇ベクレル未満、食材は一キロあたり二〇ベクレル未満を「不検出」としてきた。規制値より厳しい値ではあるが、実際の数値の公表を求める声もあった。導入した検出器はより少ない値でも測定可能で、区は検出の下限値を下げて公表していく予定だ。

一つの検査に一時間はかかるといい、一日三件、週に十二件程度の検査を予定している。業者委託費は一件あたり約二万円で、区は検査を継続すれば、検出器を購入しても支出差はなくなるとみている。データは、区のホームページで公表する。  (鈴木学)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20120214/CK2012021402000036.html

***************

昨年12月の市議会を傍聴したとき、閉会間際、厚木市長が「貸し出し用の空間線量測定器と、食品用の測定器を市で購入します」と言ってくださいました。そして、その通り、今、厚木市では線量計を貸し出してくれています。

食品用の測定器について続報がございませんが、購入してくださった暁には、杉並区のように、ジャンジャン活用して、バリバリ測定結果を発表してくださることと思います。

こんな動きが、全国に広まりますように。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。