はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光の現場から

日光市の子供を守る会より連絡がありました。

県央地区でお世話になっている 能勢さんの記事です。

日光市の子供を守る会の方から、コンタクトがありました。
地元の方とぜひ、情報交換や協力など出来ればな~ と、考えていた矢先のご連絡でした。

日光市やいわき市など、観光で町を活性化している地域は概ね市民が 声を上げられない状況の様です。
経済優先の幸せを得る考え方から、生命守って幸せを得る考え方にシフト出来ないものでしょうか。

東京方面での日光在住の方による記者会見なども一つの、対策案であるとも考えられますし、他にも色々と、現地の実状を広める方法はあるものと思います。

何か案がございましたら、遠慮なく ブログのコメント欄に記載して頂ければ幸いです。

また今後、日光の大島様と協力して、修学旅行問題、日光市の子供達の問題に関わっていければと考えています。

以下、日光市の大島様よりのメールを記します。


〈日光-放射能から子どもたちを守る会〉の大島です。
修学旅行の件で、相模原市のニュースを見ました。
ぜひ、情報交換をしたいと思います。
日光の子どもたちは、0.23どころか、ひどい線量下で日常生活をさせられています。
日光市は、放射能の危険性さえ知らせず、風の舞う日でも何の問題もなく、
子どもたちは校庭での授業やクラブ活動です。
線量の高い地域をバスでの移動でいいのですか。
観光、修学旅行が安全の宣伝が強まれば強まるほど
日光の子どもたちは、放射線量の高いところで生活
させられることを続けさせられています。
僕たちは、あまりの力の無さで、子どもたちの健康に危機感を持ちながらも
小さくとも市民に問題を呼び掛けています。
日光市が1月23日から毎週測定を始めた観光地の数値は、
30秒後、1回での測定結果です。
以下に、低く線量を出す作為的なのか、無知か、ひどいものです。
また、相模原市の測定も時定数10秒での測定は、なるべく低く出す
測定方法です。確かに、主要な観光地での線量は下がっていますが、
それでも、文科省など、以下に低く出す測定方法が示されています。
本来、高級測定器で、低レベルの放射線量を計測する場合は、時定数30秒として
その3回目、さらに3回目、さらに3回目の3度の測定値を平均することが
正しいと聞きます。
私たちコンパクトな測定器なら、測定値が安定するまで3分~5分待ってから
5回前後の測定値を平均することが正確だと考えています。
修学旅行についての判断は、単にスポットで低レベルだからではなく、
例えば、相模原市の日常的な子どもたちの生活する線量より、高いところへくることは
考えものです。1mSv/hは大人に対する年間の基準です。内部被ばく、子どもたちは
さらに敏感ですから、数倍低い線量であるべきです。
また、一部観光ポイントが低線レベルと言っても、面で考えてください。
日光市全体で考えてください。まだまだ、0.23以上のところはたくさんあります。

ぜひ、情報交換をしていけたらと思います。
こちらで配布しているチラシがありますので、ぜひ、読んでいただけたらと思います。
ご返事お待ちしています。



日光の保護者は助けを求めています。
何か力になれることはないでしょうか?
この混沌とした状況を、打ち破る 方法を模索していきたいと思っています。


管理人Kの戯言

私、泣いてしまいました・・・。

日光に行きたくない線量が高いから→日光は安全だ測ってきたから
そんな話をしている間に

日光の子どもたちは被曝しています!!!!

教育関係者が
本当に復興支援とか考えて、風評被害って言うなって言うならば
ちゃんと現地の教育の現状、子どもたちの現状を見ましょうよ・・・

なんか 日光が線量が高い事を うすうす知っていて
そこに行くってことは 
こうやって、神奈川の君たちよりも被曝のリスクが高いところで
頑張っている子ども達がいるんだぞ・・・かわいそうだろ!って事なのかしら・・・

いやいや 意地悪ですみません。

校長先生の判断だと言います。
もし、校長先生がこのブログでも 相模原のブログでも

こちらのブログでも

記事
日光への視察報告(その3)です。
 日光市の担当者の方との懇談後、「日光・放射能から子どもを守る会」の大島さんの御自宅へ伺い、お話を聞かせていただきました。

 「いまの日光は非常に危険なところであると思いますよ。全部の小学校を測定して対応していると市側はいうものの、いまだに0.4とか0.5μシーベルトの学校が残っている。一番高かった小百小学校は0.71μシーベルトありましたからね。
 
「私が問題だと思うのは3点。一つは、市の放射能汚染に対する考え方が甘いということ。二つ目には、対策を点で考えるのではなくて、面で考えて欲しいということ。三つ目は、とにかく子供や妊婦さんのことを何よりも優先的に対応して欲しいということ。」
 「今、日光の会は、10数人で活動しています。活動し始めるのが本当に遅かった。市の対応を見ていると、『放射能』という言葉をとにかく使わないようにしている。日光市全体を変えるぐらいの強い気持ちがないと市の対応は変わらないと思う。」
 「市側をチェックする議会側も、危機感を感じている人が居ないのではないかとも思ってしまう。小学校の汚染地域を放置していること自体、必死さがないと思う。極端にいえば、戦争よりも大変な事態になっていると思いますよ。」
 「中から日光市を変えることが難しければ、外圧を使ってでも日光市の対策を変えていきたい。」
などなど。

 心配されている方々が切り離されていて、頑張っている大島さんなども孤軍奮闘されている様子です。


どうでしょうか?
これでも 安全なのでしょうか???

日光市のほうから指定されたポイントだけの計測
その他のところは、私有地だからの理由で測らせてもらえないし 測らない
それで、まぁまぁ 神奈川と同じ程度の線量を見て

安全だと判断する事が 子どもたちの安全と繋がりますでしょうか?
加えて
しつこいようですけど
地震対策・・・
もし 修学旅行先 もしくは その道中で 被災してしまった場合
子ども達を必ず 安全に親元に一人も欠く事なく戻してください。

念書でも作っていたほうがいいかもしれないですよ。

念書
1) 修学旅行中に万が一子どもが線量の高いスポットに立ち入り、外部被曝をしても、学校側の責任は問わない。
2) 修学旅行中に大規模な災害が生じた、子どもの命を守れなかった場合も、不測の事態として学校側の責任は問わない
3) 修学旅行中に、福島市にある原発が 何らかの事態により、再臨界、もしくは爆発などが生じた場合における子どもの被曝に関しては、親は学校側に責任の追及をしない。


これくらい念書を取っておかねば・・・
1~3 どの危険性も 絶対に生じない世の中ではないですもん。

これに署名、捺印をするんだったら
我が子は・・・・・・修学旅行はいきません。

そもそも この念書が意地悪すぎますから(私が言い出したのですが・・・)

なんか、本当に、いろいろと 意地悪な事ばかり書いてる自分にも 涙が出てきます。
ここまで 修学旅行だの 給食などで 学校や 教育委員会に言わなくてはいけないって部分が悲しく
それを言わなくてはならない程の 状況に関東がある事が更に・・・悲しい。

意地悪な記事ばかり書いてごめんなさい。>関係者各位
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

何か方法がないか探しています

東京在住です。
日光修学旅行、絶対!阻止したいです。

全国各地の多くの父母がそう思っています。

団結してなにかできないでしょうか。
何かよい方法がないか探しています。

東京は、学校内に1マイクロが発覚しマスコミで大騒ぎされました。
東京に普通にあります。
日光の観光地、高線量の場所が絶対に存在します。
それも複数。10マイクロもあると思います。

みんなでそれを見つける。というのはどうでしょうか。

相模原市の安全宣言、安全な場所、地上50センチ測定なんてありえない。

雨樋の下、大きな建物のの下、升上になって雨水が貯まる場所。。必ず高線量の場所があります。
線量計を持つ親、団体はたくさんあります。
各自の線量計で地上5センチで
放射線がたまりやすい場所を中心に測定する。

その複数の高線量地をマップ上に表すと
事実が浮き彫りになり

さらに反対派の親が増えることでしょう。

団結してみんなでみつけませんか。

本気を見せてほしい

政府がこう言っているから、教育委員会がこう言っているから・・・ 学校は自分たちで勉強してみよう、情報を得ようとしない、だから保護者が一生懸命やる、それを学校に伝えても教員たちに届かない・・・

我々も苦しい思いをしている、日光の保護者も苦しい思いをしている、「子供を守りたい」、生物には備わっている本能を否定される。

教育関係者の方々、本当に何をしたいのか、本当の気持ちを教えてください。みなさんが葛藤しているのなら、保護者と一緒に子供を守る姿勢に転じていただきたいです。子供は大人を良く見ています、子供たちに大人の「本気」を見せて欲しい。

切実な願い。

No title

日光の子どもを守る会たちあがってくれたね。。。私も
お手紙見て泣いたよ。。。

私にできることってなんだろ。。。

小さな手だけど、小さな声だけど。。。何かしてあげたい。

彼は外部から日光にわかってもらうために圧力をかけてくださいって
言ってたね。。。

いち早く、素晴らしい伝統を持つ、日光がそこに暮らす妊婦さんたち、
そして子どもたちを大切に、一番に思ってくださるよう。。。

原子力災害に終わりはないかもしれない。。。そしてこうやって、絆まで
奪ってしまう。。。
私たちは行先を変更を要望することで、先生や旅行先を傷つけてしまう。。
だけど、子どもの命を一番に思わなくてはいけない。

旅行先の子どもたちのためにも何かできることを大人たちが
手を繋いでがんばらないとね。。。
国は、嘘ばっかりついて何にもしてくれないから。

今日、夜のニュースで福島の低線被ばくの話やってた。
びっくりするくらい高値のところで、こどもたちが
将来を悩んでる。

親がそこに住むと、決めたこと、私に権利はないけど
どうして何も言ってあげられないんだろうと
涙が出た・・・・


チェルノブイリ原発事故からベラルーシにボランティア活動で参加した看護師 沼田さんインタビュー『福島のお母さんへ』
http://www.youtube.com/watch?v=n6eofkRGGTA&feature=player_embedded#!








menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。