はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちの現場

研修を受けて下さい

朝、保育園児の息子を自転車に乗せて出かけようとしたら、ぽつぽつ雨が降ってきたので、慌てて車に乗りかえました。
保育所につくころには、小雨だが、ワイパーが必要なくらいに降り始めていて、車にして良かったなと思いつつ到着。

私の目に飛び込んできたのは、小雨がぱらつく中、外で元気に遊ぶ子どもたちの姿。

雨の日は、放射線量が増える、子どもが雨に濡れたらすぐシャワーで落とす事と、新聞や本に載っています。
今でも、原発事故現場から、1時間に放出されている放射性物質は、6000万ベクレル~7000万ベクレル。
議員クラブの勉強会で、神奈川県は、雨の日に放射線量の数値が上がると、講師は言われていましたし、神奈川県のホームページで数値の公表もしています。

目の前の子どもたちに「お部屋に入ろう」と声をかけたいが、ここでは、一保護者。
そんなことは、許されません。

「僕も外で遊ぶ」と言う息子の手を引いて、職員室へ。
「雨が降っているので、うちの子は外に出さないで下さい」
これくらいは、言ってもいいよねと思いながら、お願いしました。

「風邪気味なんですか~?」との返事。

被曝が心配なことと、うちの子だけでなく、他の子の被曝も心配なことを伝えました。
実は、私が言う前にも、他の保護者が、「雨が降ったりやんだりしている中、外遊びをすると、放射能が心配」と伝えていたそうです。

「子どもも出たがってますし、降ったら部屋に入れますから。」で終わりだったそうです。

私も、少しくらいの雨だったらいいと思います。
原発事故で、放射性物質が、格納容器から飛び出る前でしたら・・・。
3月12日から、確実に私たちの住む世界は、変わってしまっています。
目に見えないだけ。

もう11カ月経つから、関心がうすれているのか、もう11カ月経つから大丈夫だと思っているのか、初めから関心がないのか。
チェルノブイリ事故で、子どもに健康被害が出た親は、雨の中、屋外で活動させたことを、涙を流しながら後悔していると、現地で医療活動の経験がある松本市長 菅谷昭氏から、講演会で聞きました。
先進国日本は、いつでも情報を手にいれることができます。
事故から7カ月で石棺が完成し、放射性物質の放出を抑えたチェルノブイリ事故現場近くより、今なお崩壊した建屋から放出し続ける日本の方が、はるかに汚染が進んでいます。
事故から25年経った旧ソ連では、健康な子どもが2%しかいない地域がある事実。
当時の担当大臣は、日本は私たちの経験から学んでほしいと訴えています。

子どもに関わるすべての職員は、やっぱり研修を受けて欲しい。
子どもを預かる保育士は、命を預かっているのだから。
正しい情報を知って欲しい。
正しく判断して欲しい。
子どもに健康被害が出る前に。




管理人Kの戯言

名切さんのブログを読むと
お仕事は議員さんだけど、普通のママとしての葛藤ってものがわかる

私の子どもは小学生だけど、もっと小さい 幼稚園や保育園の子どもを持つママたちは
本当に心配な事だと思う・・・
子どもたちは 大人を信じ切っているんだから
そこは預かってる方の「教育」を信じるしかないという部分で
こうやって、311後の変わってしまった環境を
どのように 考えてくれているかって部分での葛藤や悩みは深くなるばかり

私たち親は
時に
子ども達を人質にとられているような感覚になる
親が何かを言うことで、子どもへつらく当たられないか?とか
何かトラブルがあったときに、先生が助けてくれないのではないか?とか
先生に嫌われて、成績に影響がでるのではないか?とか

教育者からみたら
そんなことで・・・って思う話だろうし
そんな話はないから・・・・ってところだとは思うのだけど

親は気にしている・・・
だから、親は学校や保育園・幼稚園に対して「いい親」であろうと努める。
逆に学校や保育園や幼稚園は 何も言われないから、いつもと違うことをするリスクは冒さない。
そんな・・・・感じなのかもしれない。

こんな時代じゃなかったら・・・それでも 全く問題なかった。(個人的に)

でも こんな時代だから・・・
もっと 親も学校・保育園・幼稚園も柔軟な対応が必要だと私は思う。

もう一つ、名切さんの記事で気になる内容があった・・・・
それは、保育所の食材の安全性の記事

ブログによれば

現在、厚木市の公立の保育園では、牛乳やきのこ類等、チェルノブイリ事故後に
避けなければならない食材とされている食材が
国の暫定基準値だからとの理由で 出されている との事でした。

また、牛乳に関しては、

セシウムが入っていたとしても、小さな子どもに飲ませるのか聞くと、そのことを気遣うことも大事だけれども、体を作る栄養をとるため、牛乳はやめられないそうです。

と記されています。

え?・・・牛乳アレルギーの子もいますよ・・・
牛乳の栄養って代替え品があるんじゃないですか???

国の暫定基準値以下だから
そのことを気にするよりも栄養の事を考える
とは・・・

随分 乱暴な発言だと思います。
職業として 栄養価だけを考えていればいいんでしょうか?
幼い子供たちは 放射能の感受性が高いのは だれもが認める事実です。
これは御用学者と呼ばれる人も 認めています。


栄養を司る人間が このような考えでいいのでしょうか?
一度でも、内部被曝について考えた事、勉強した事があるのでしょうか?
一般のママの食事なら それも 貴方の家庭のことだし 貴方の子どものことだからと
思うことが出来ます。

でも、お仕事として子どもたちへ「安全な食材」を届けるのがお仕事の方が
このような発言をされたのだとしたら・・・
私たちは、子どもにそのような食材を食べさせる事は出来ません。

放射能ではなく 農薬だったら? 話は違うのでしょうか?
いつから放射能汚染された食材は 少々たべようが 栄養には代えられないとなったのでしょうか?

はぁ・・・


小さい子をお持ちのママさん・・・
名切議員のブログをどうぞ読んで下さい。

子ども達が大好きなお給食は・・・こんな感じですよ。
保育所の食材の安全性


涙がでます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。