はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシウム許容線量 食品は年1ミリシーベルト

東京新聞記事より

食品に含まれる放射性物質の規制値について、小宮山洋子厚生労働相は二十八日、放射性セシウムの許容線量を現在の年間五ミリシーベルトから同一ミリシーベルトに引き下げる方針を明らかにした。現行の五分の一に厳しくし、食品の安全に配慮する。来年四月をめどに新たな規制値を適用する。
 内閣府・食品安全委員会が二十七日、食品から摂取する放射性物質について、健康に影響が出る内部被ばく線量は「生涯の累積で一〇〇ミリシーベルト以上」との評価をまとめ、厚生労働省に答申した。同省はこれを踏まえるとともに、食品の国際規格を作成する政府間組織がセシウムの指標を年間一ミリシーベルトとしていることなどから、見直しを決めた。
 現在の暫定規制値は、食品に含まれるヨウ素やセシウムなどの放射性物質の上限を、年間で計一七ミリシーベルトに設定している。このうちセシウムの上限は年間五ミリシーベルトで、この大枠をもとに、飲料水や野菜、肉など五分野ごとに一ミリシーベルトずつ割り振っていた。
 今後は、暫定規制値から新たに決まる正式な規制値に移行する予定だが、大枠が五分の一に厳格化されたことに伴い、食品分野ごとの規制値も現在の暫定規制値より引き下げられる見通しだ。
 三十一日から始まる厚労省の審議会は規制値を見直す放射性物質がセシウムだけで良いかどうかも検討。茶やキノコなど乾燥食品ではセシウムが濃縮されて規制値を超えやすくなる問題も議論する。また欧州連合では、放射性物質への感受性が高いとされる子どもへの配慮から、乳幼児用食品の規制を厳しくしており、乳幼児用食品の規制を厳しくするかどうか検討する。
 小宮山厚労相は「暫定規制値に適合する食品の安全は確保されているが、より安全を確保するため規制値を見直す。専門家に議論いただき、国民が納得いく規制値を設定したい」とした。


■保護者は評価 生産者不安も
 食品の放射性セシウムの内部被ばく年間許容線量が引き下げられることにより、食品ごとの暫定規制値も厳格化されることが確実となった。子どもの健康被害を懸念する保護者からは評価する声が聞かれる一方、生産者からは「また出荷停止が増えるのでは」などと悲鳴が上がった。
 東京都江東区の保護者らでつくる市民団体「NO!放射能 江東こども守る会」代表の石川あや子さん(34)は「限度を下げる、という点では評価できる」と話し、許容量の引き下げ方針を前向きに受け止めた。
 一方、福島県二本松市で肉牛を飼育する女性(62)は「規制値が厳しくなれば、また出荷制限になるかもしれない。ただでさえ苦しいのに、どうやって生計を立てたらいいのか」と不安げ。県内産の肉牛は暫定規制値を超える放射性セシウム検出が相次ぎ、出荷が制限された。現在は解除されたが、風評被害で思うように売れず、「これ以上状況が悪くなるなら、廃業も考えたい」と打ち明けた。
 シラス漁を自粛している茨城県北茨城市の平潟漁協組合の四十代の男性事務員は「最近は魚の放射性セシウムの数値も下がっているのがほとんど。規制値が厳しくなっても、確実に安全と宣言してもらえるなら、消費者に買ってもらいやすくなるかもしれない」と期待する。
(東京新聞)

★管理人コメント
まずは、現在の恐ろしい暫定基準値が厳しくなる方向は嬉しい事です。

これまでも、多くの行政は「国の基準を守っているので安全」と言ってきた。
今後は、今よりも少しはまし・・・って程度ではあるが 子どもたちへの内部被曝は防げるかもしれない。

でも ある程度は被曝してくださいね。に変わりはない。

国にお願いしたいのは、せめて・・・せめて・・・学校給食用の基準値は、以前の基準値に戻す。って事です。
それであれば、しっかり検査を通っていれば、給食で内部被曝!の恐怖から逃れられる。

忘れてならないのは、食だけではなく、空間線量も311以降は 激変をしてしまった事。
内部被曝の数値を考える時には 本来なら、空間線量における外部被曝も 兼ね合わせての数値が必要ではなかったのかなぁ?


しっかし・・・・・・・・・・・来年の春まで 一年間は この恐ろしい暫定基準の中で生活をしなくてはならないのだなぁ~と思うとまだまだ、先が長いですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。