はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬谷で6.85マイクロシーベルト!!!

NHKニュース

横浜の学校隣接地 高放射線量
横浜市瀬谷区の小学校に隣接する水路の跡地で、1時間あたり最大で6.85マイクロシーベルトの、通常より高い放射線量が計測され、横浜市は隣の小学校の校庭の一部などを立ち入り禁止にしました。通常より高い放射線量が計測されたのは、横浜市瀬谷区の横浜市立二っ橋小学校の校庭に隣接する、幅およそ3メートルの現在は使われていない水路の跡地です。
横浜市によりますと、市民からの情報を受けて3日市が放射線量を測定したところ、水路の跡地の底から高さ1センチのところで、最大で1時間あたり6.85マイクロシーベルトの、通常より高い放射線量が計測されたということです。
また、この場所の土壌の放射性物質の濃度を測ったところ、1キログラムあたり6万2900ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
これを受けて横浜市は、小学校の校庭にコーンを置くなどして、子どもたちが近くに立ち入らないようにする措置をとりました。
現場は、周囲より低く水や土壌が流れ込みやすい地形で、横浜市は東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質が集積したものとみて、近く土壌を取り除くなどの措置をとることにしています。
二っ橋小学校の飯塚行夫校長は「非常に驚いている。直ちに保護者にはメールで知らせ、子どもたちが近寄らないような措置をとったが、今後も安全に配慮して対処したい」と話していました。
02月03日 20時37分


管理人Kの戯言

瀬谷です・・・
神奈川が汚染されてることは周知の事実ですが
でもまだ、なんとなく・・・実感がわかない人も多いかと思います。

数値が・・・ なんだか本当に もう悲しくなる。
きっとね 知らないだけで いろいろなところが、汚染されてると思う。
そしてそこで
小さな子ども達が遊んでいたりするのを 想像すると・・・頭がいたくなります。

やっぱり、これ以上汚染を重ねるのは無理です(汚染瓦礫問題)
そして
ガイガーを持ってる人は 色々なスポットで計測をしてほしいです。
数値があまりにも高かったら
市役所に連絡して、再度 高性能のガイガーで測ってもらい
除染できるものは 除染してもらいたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

北海道で被ばくの訴えを発信してるお父様の記事に
報道のなかで、5μシーベルトとか、10μシーベルトとか
とんでもない数値が、たくさん出てくるが、「除染して0.3μシーベルト」まで下がったとか、0.5μとか、0.9μまで下がったとそういった数値を聞くと
安全になったような印象があるが、汚染車両にくっついてたごく微量の土埃約5グラム点度が、0.62μシーベルトという値で、約6500ベクレルものセシウムが
存在していたって書いてあって。。。
瀬谷の6.85は。。。。
そう思ったらぞっとする。

それで。。。日光は?

日光の人たちはたちあがらないのかな。。。
日光の方も少数だけど、頑張ってるんだよね。

本当に・・・・

ワタさん

仰る通りだと思います。
原発事故現場の近くは湖が川が高濃度に汚染されていると 普段は報道を控えているテレビですら・・・言っています。

阿武隈川の高濃度の汚染の数値を見て

このメカニズムなら 神奈川だって 日本全国だって 程度の差すらあれ同じなのではないか?と私は思っています。

私の息子が所属する野球チームは、夏場は相模川で水遊びをします。
グランドにその川の水を 散布します。
それを見る度に
もしかしたら 汚染の少ないグランドかもしれないのに・・・とも 思いますし
川で泳ぐって部分に関しては もう あわわわわ・・・です。

もちろん、うちの息子は 川で泳がせることはしていません。
みんなが川で泳いでいるときに、それをしない・・・ってのは
学校で一人だけお弁当を持って行くと同じように きついものだったと思います。

夏には本気で、親権限で 息子から野球を取り上げようかと悩みました・・・・

飲み水の事も・・・・本当にワタさんの仰る通りで

通常だったら、調べるって部分で動くと思うんです。
でも
出来るだけ調べたくないってバイアスがあるように思います。

これって
調べたら「出る」って事なのじゃないの? なんて 意地悪な私は思ってしまいます。

本当に、本当に、本当に・・・
国も県も市も町も村も

現実から目を背けたい
出来れば 測らず 出来れば 触れず・・・通常生活を送りたい
それしかないのかな?です。

チェルノブイリよりも大きな事故が起き
今だ、高濃度の放射能が排出され続けている 事故現場を抱え
汚染されたものを 全国に薄く広く流通させ
汚染が低いから
お前んところよりも 汚れてないぜで お金で推しつけられ焼却し・・・

今はまだ、目に見えて 原発事故の被害が出ていない 事がその風潮を生み出しているのかな?

本当はそれは、喜ばしい事なのに・・・・

放射能事故って 真綿で首を絞められるような感覚なんですね。
でも
確実に苦しめられるし 最悪死んでしまう・・・・・

それを 風評被害によるストレスだ だの
煽るバカ(私たちですか?)により 生じるストレスが悪いんだ。だの
責任転嫁されてますよね。

心配の「元」を作った 国や電力会社は その収束に向けての動き
事故責任をもっての動きをせずして

被曝に被曝を重ねている現状

心配するなって言うほうが 
それを 鵜呑みにする方が・・・・・

あまりにも あまりにも あまりにも・・・・無理がありますよね。

運命だとか 仕方ないとか どうしようもないだとか・・・言う人いますけど

運命? 
何が仕方ないの?
どうしようもない←これはちょっと理解できる。

でも、行政は行政でやるべきことを遣り
家庭は家庭で 自分たちで出来る被曝対策を進めなきゃ・・・・

本当に 5年後、10年後・・・・は 大変な世の中になってると思うんです。

でも その時になっても
うちは健康だから 関係ないわ!なんて人が多いんだろうな・・・・・とも思う。

その感覚が 本当に・・・・理解できないんです 私・・・・。

汚染は移動する

テレビでも、ラジオでも、様々な専門家と名乗る
人達が、言っているのは、ホットスポットも移動
するということです。

もし、低いところの近くに、より低いところが
あれば、更にそこが汚染されるということです。

風や、雨や、雪なども降下していますが、
本当はどんどん測定しないと分からないのです。

更に、落ち葉の吹き溜まりなどはどうなんでしょうか?
これらも、沢山たまっている場所は、以前は、
低線量だったかもしれない場所が、高濃度に
早変わりかも。

瓦礫問題以前に、焼却場のそばというのは、
汚染を拡散しているので、焼却場のそばなんて、
疑るべき、測定ポイントだと思っています。
風向き次第で、どんどん、汚染場所が移り変わり
しないのでしょうか?

こうなると、想定しなければならないのは、
低い場所は溜まりやすい、落ち葉の吹き溜まり、
或いは水が溜まりやすい、様々な地形状態を、
3次元的に解析して、どこが溜まりやすいかを、
シュミレーションかけていく必要がありますね。

本当に専門家の調査が必要なんです。

別件で、気になること、それは、ダム或いは貯水池の
湖底の濃度は、高くなっていないかということです。

今日テレビみてたら、湖底の土中濃度が高くなる
→プランクトンの濃度があがる→たべた魚の濃度があがる
→魚が死んで湖底に溜まる→プランクトンが捕食する
→プランクトンをたべた魚の濃度があがる。
もう、悪循環が起きるということなのです。

ということは、神奈川の水源とも言える、相模湖、
丹沢湖の湖底も調査しないと実は、とても汚染
されていないか?本当に疑心暗鬼にならざる得ません。

チェリノブイリでは、一度汚染された湖沼は、25年経ても、
数年後に一端線量が落ちますが、その後25年以上は、
ある一定の水準以上は、線量低下しないことが、
長年の測定で、分かっているそうです。

この事を考慮しても、水源地の湖底というのは、その地形
性から考慮しても、先ず放射性物質が溜まりやすい上に、
長期間線量が落ちないということが、分かると思います。

このような、水源地の水を飲むということは、危険では
ないんでしょうか?

びっくり

まず、数値にびっくり。

そして、溜まりそうな場所を放置していた
ことにもびっくり。

市や区でガイガーの貸出をすれば早く
見つかると思いますが、すでに1年近く
経っていますよね。
まだまだ高濃度汚染されているけれど
わかっていない場所があるはず。

子どもの生活する場所の周りはまず
優先的に測定してほしいです・・・


menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。