はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行:日光について

綾瀬市議会議員 上田博之さんのブログより

記事内容
修学旅行先の日光市の放射線測定データを公開します

1月17日から18日にかけ、横浜市の古谷靖彦市議と日光市に視察にでかけ、その前後で子ども達が立ち寄る場所を主に調べてきました。

 前回12月のデータはすでに公開していますが、今回はさらに詳細に調べてくることができました。前回のデータと共にご参考にしてください。

 二度にわたる調査に行っての感想をいくつか記します。
1)日光市の東側の線量がとても高い。
2)これまで除染対象線量が高く設定されていたので、0.2マイクロや0.3マイクロ程度では除染が行われていない。
3)室内で、いつも拭き掃除などが行われていると思われるところの数値は、綾瀬市の数値とほぼ同じである。(室内をよく拭き掃除をすることによって放射性物質を取り除けるという認識があまり感じられなかった)

 修学旅行のコースからは外れていますが、県立大谷川(だいやがわ)公園内では、地上100センチでも0.3マイクロを超えていて、幼児が遊んでいる芝生の近くのベンチの下をはかったら0.5を軽く超えていました。正直言って、涙がうかびました。この子の健康を国は本当に保障できると考えているのでしょうか? そして、この広大な公園をどうやったら除染ができるのだろうか・・・。 
 
 日光市が観光都市としてよみがえる道は、この困難な除染を妥協なく推し進めるしかないと思います。そうしなければ修学旅行だけでなく一般の観光客の足はどうしても遠のいてしまうでしょう。また、その道こそ、日光の子どもたちを救う一番の近道なのではないか、と思っています。



詳しい資料データは上田氏のWEBサイトでご覧ください。


こちらもご確認ください。
早川先生の日光の測定値(ブログ)


map1.gif

map3.gif

map2.gif


上記地図を見ても、日光市が安全宣言をだそうとも・・・現実は放射能に汚染されていると見るほうが妥当だと思います。


日光、修学旅行の「安心」に悩む 保護者ら線量検査要請

首都圏の多くの小学生が修学旅行で訪れる栃木県日光市に対し、観光名所での放射線量検査や宿の食材の産地公表などを求める動きが出ている。どうしたら保護者らの「安心」を得られるか、同市や学校関係者は頭を悩ませている。

 昨年末、感度の高いシンチレーション式の放射線測定器を携えた横浜市教育委員会の担当者が、日光東照宮の境内を、測定のために訪れた。

 1泊2日で華厳の滝、戦場ケ原、足尾銅山など、日光市内の観光名所を回った。測定の結果、「年間1ミリシーベルト未満という横浜市の基準に照らし、2~3日の滞在では問題ないレベル」との結論を出した。

 だが、表情は晴れない。「安全と安心は次元が違う。悩ましいところだ」

 横浜市立小学校の8割が修学旅行で日光を訪れる。市教委が日光に出向いたのは、11月に「横浜市の修学旅行を考える会」という市民団体から要望書を受け取ったからだ。訪問先の放射線測定結果や宿で出される食材の産地の公表に加え、「修学旅行先の決定は安全確認を条件とする」ことなどを求めていた。

 文部科学省が8月に作成した放射線量の分布マップでは、日光市の一部地域で1平方メートルあたり10万~30万ベクレルの放射性セシウムが地表に蓄積されたとしている。東京電力福島第一原発事故後、子どもの生活環境での放射線量に敏感になる首都圏の保護者は少なくない。

 同会代表の生野悦子さん(38)は、小学5年の息子が今年の修学旅行で日光を訪れる予定という。宿泊施設の食材について日光市からの回答が不十分だった、と考えている。「データが少なく、判断材料にならない。家庭で線量が高そうな地域の食材を避ける努力をしているのに、半ば強制的な2~3日の修学旅行で台無しになってしまう」と話す。

 昨年末、神奈川県の別の団体「こども まもりたい」も、相模原、綾瀬、横須賀の各市に、今年の修学旅行を日光から変更するよう求める約2400人分の署名を提出した。東京都福生市教委も日光で放射線量測定をした。栃木県内の観光の立て直し策を話し合う県主催の会議で、福田富一知事は「事態は切迫している」と危機感を募らせた。

 日光市によると、2010年度に旧日光市域の宿泊施設に宿泊した人は約133万8千人。うち、4分の1にあたる約37万2千人が修学旅行や林間学校で、ほとんどが首都圏からだ。東日本大震災後、「余震が怖い」などの理由で、約1.6%にあたる約6千人分のキャンセルが出ている。

 「学校からご要望があれば関西産の食材も使います」「小中学生はじめ私たちも屋外で通常通り活動しています」。日光市では、下見に訪れた学校教員らの説明会に市長や市職員が出席し、放射線量の現状や対応方針を説明している。塩谷弘志観光振興課長は「これで安全という決定打はない。1校がやめると他校に連鎖する。それだけは避けたい」と頭を抱える。(吉野太一郎)



管理人Kの戯言

日光に行かせたくない理由は放射能汚染だけではありません。
今、私が一番不安に思っているのは、地震です。
先日、4年以内にマグニチュード7を超える地震が起こる確率が70%との数値が発表されました。
また、ついこの間、福島で起きた震度5の地震。
あの地震により、福島原発の四号機から6リットルの汚染水が漏れたとの発表がされましたが、
今になって、8.5トンという報道がされています。4号機建屋内で汚染水8.5トン漏れる 福島第一

参考までに・・・
8.5t=8500㎏=8500ℓ
1ℓは35500bq

35500×8500=301750000=3億175万ベクレル

と考えただけでも 頭がうずきませんか?
それが風向きがもし、内陸部に向いていたとしたら・・・と考えると・・・更なるフレッシュな汚染を
我が子たちが修学旅行先で受けてしまうかもしれない。

しかも、修学旅行だから、私たち保護の手の届かぬ所に・・・

そして、地震があったら、東京は交通閉鎖を行うと言われています。参考WEBサイト

子どもたちを迎えにも行けず、帰ってくるのもいつかは解らない・・・
もしかしたら原発が放射能漏れを起し、被曝するかもしれない。

そう考えたら不安で不安でたまらなくなります。
給食の時のように、自分の子は修学旅行には参加しないという選択肢を選んでしまうかもしれません。

でも、学校で修学旅行の班決めとか 友達は修学旅行の話題で持ちきりの時に
我が子はその輪に加わる事もできない・・・疎外感を受けるであろう・・・という心配もあります。


厚木市・愛川町・清川村の首長様、教育委員会の皆様、学校長様にお願いです。

修学旅行にはどうしても日光ではければなりませんか?

修学旅行とは子どもが安全で楽しく過ごせる場所でなくてはならないとは 思われませんか?

修学旅行は親にとっての苦行でしょうか?

もし・・・万が一 地震があったらとは考えませんか?

我が校の修学旅行の時は大丈夫だと思われていますか?

修学旅行先の日光が汚染されていることに目をつぶって いつも通りの修学旅行をする大義はどこにあるのでしょうか?

子どもたちの一生の想い出であるはずの楽しい行事を リスクの高いで行う事で誰かが得をしますか?


子ども達が日光に行く事が 被災地の復興なのでしょうか?

子ども達を日光に行かせたくないと思う事は 風評被害と言われるようなことでしょうか?

私たちは「今」どうしても 日光にこだわる理由がわかりません。
逆に
こだわっていただきたくない理由なら たくさん挙げる事が出来ます。


日光から行き先を変える為に
保護者による署名が必要ですか? 校長先生への直談判、教育長への直談判、市長、町長、村長への直談判が必要ですか?

皆さんは、教育に携わって下さっている方々です。
私たち親と同じように、子どもたちの健康や安全を守って下さってる方です。

私たち親の不安・・・も 様様なシーンで感じていただけていると思います。

どうかお願いします。これ以上、子どもたちをリスクの高い場所にいかせるのは止めて下さい。
お願いします。本当にお願いします。

何かがあってからでは 遅いんです!

あの時、修学旅行にいかせなかったら・・・と一生後悔をしたくないんです。
笑顔で行ってらっしゃいと送り出したいんです。


最後に、日光に住む方とツィッターでお話ししました。
修学旅行に来てくれる場所だから 安全だと・・・思いなさい。的な教育がされていると
その方はおっしゃってました。
測るな、騒ぐな、逃げるな・・・とプレッシャーがかけられているとその方は悩んでらっしゃいました。

そんな現実もあることをご報告させていただきます。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

なんとも・・・

記事を書いていて 何とも言えない気持ちになった。
ここまで 保護者がやるべきなのか?って 
ここまで いわなきゃ やらせなきゃ ダメなのか?って

よく、ツィッターで対案は?って言われる。

それを示した方がいい場合もあるだろう けど
対案は、その場が本気で考えるべきこともあろうだろう・・・と思う時もある。

じゃぁどこなら安全なんですか? 安心なんですか?って聞かれるなら
どこだって安全じゃないよ 今の地震の頻度を見てると
安心って聞かれたら・・・放射能の問題も含めて、地震時に安全が確保できるであろう場所としか言えない。

学校の規模にもよるだろうけど
近隣が場所変更をしている 長野でもいいと思う
出来るだけ 海周辺は嫌だなぁ~って理由で 考えたくないところ
津波も怖い・・・
山も怖いけどね・・・

でもそんな事を言っては どこにも行けなくなるから・・・
先生方がじっくり選んで欲しいと思う。
安全と安心とそして感動を盛り込んで。

実はうちの高校の下の学年は 修学旅行なかった
鹿児島の鶴丸高校ってところから来た 校長先生が
うちの高校は進学校なのに、勉学に対する意識が低いって理由で
修学旅行を そのまま 勉強合宿に変更した。
私たちの時代もテストがある度に 勉強合宿ってものがあって・・・
点数が悪かった人は 再試験前に 強制的に勉強させられていた
幸い 私は一度だけの体験で もう二度と勉強さぼらないぞって思った。
それでも、友達や下の学年の子に聞いたら 楽しかったらしい。
私は嫌だったけど・・・ね(夏だったので 暑くて死にそうだった)

子どもは 仲間がいて 少しだけの自由な時間があれば
どこでも楽しいものなのだ・・・・。って 考えは甘いかしら?


No title

ほんとだね、もう一人の人間として先生たちは立ち上がってほしい。

座談会の場でお話ししましたが、わかってる先生はたくさんいます!
でも声が出せないでいます。

私が先生だったら。。。どうだろう。

言ったな。。。仲間を集めて、校長先生のとこに乗り込んだなぁ。。
医療界では、TOPもないから
命を守るために、必死だよ。
私はうるさいナースだからとくに
なぁなぁでは命は守れないのさ。。。

本当に、先生たち、気がおかしくなってるとしか思えないよ。
命をどう考えてるんだろう。
これで、変わらなかったら、行くかっ!
教育委員会!!(すみませんっ本当は優しいナースのつもりですが
心が、過激なんですっ)
今日防災会議だから、もしものために、どうやって教育委員会の方とコンタクトとれるか
聞いてくる!
って、先生たち、ここを見てくれているんですよね?
私たち、わかって書いてます!
ぜひ、心動かしてください・・・・<m(__)m>

せめて議論を

世界中から笑われている「食べて応援」「旅行して応援」、野田さんの「冷温停止」も世界中でひっくり返るほど笑われていると思うと、ハズカシイ・・・私、亜米利加に、亜米利加人の友達が複数名居るわ・・・恥ずかしくて連絡できないわ・・・

反対の意見が1人からでも出た学校は、学校が日光にしたい理由と、保護者が反対する理由を、保護者会で該当学年の保護者全員に聞いてもらって、それからアンケートを取るなどの対応をしてもらえたら、と思います。「安全キャンペーン」の押し付けは御免です。

インフルエンザの流行に「マスクをしなさい」「手を洗いなさい」、学校はたくさんの注意を呼び掛けてくれます。直ちに影響のあるものに対しては責任が伴うからでしょうか?では、後に影響のあるものは、責任が無いから今議論する必要はない?!? あれ?この前「俺の意見を一方的に押し付ける広場」で神奈川県の偉い人が言ってたな、デジャヴ。

実際問題、今の地震の状態を思うと、主要道路の封鎖がすごく怖いです。安全な場所で子供を待機させられること、それを考えてくれるかくれないか、学校の危機管理が分ります。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。