はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川】 放射線物質の市民測定広がる!

放射性物質の市民測定広がる、食料品店やマンション/神奈川

カナロコ新聞さんです。 私 こないだまで カナコロだと思ってました 申しわけありません。


 食品に含まれる放射性物質の測定を市民が自ら行おうという動きが県内で広がっている。ひとたび芽生えた目に見えない汚染への不安は根強く、食料品店やレストラン、市民グループが自前で測定機器を購入し、「市民測定室」を立ち上げようと準備が進む。食卓の安全を守るだけでなく、食品汚染の問題を身近に感じてほしいという思いも込められている。

 先駆けになったのは、相模原市南区東林間の有機野菜や自然食品の店「チャンプール」。店主の高岡章夫さん(55)は昨夏、100万円を借金してドイツ製の測定器「ベクレルモニターLB200」を購入した。

 これまで測った農作物や加工食品は300を超える。静岡産の茶葉からは1キログラム当たり419ベクレルが検出された。群馬の酪農業者の牛乳からは9ベクレルが出た。国の暫定基準値の500ベクレルを下回っていたが、取引を中止した。「孫に食べさせられないものを売るわけにいかなかった」。昨年5月に生まれたばかりの初孫を膝に抱き、そう話す。

 1検体1050円で計測を請け負ってもきた。昨年12月に明治の粉ミルクが問題になると、同じ商品を持ち込んだ母親もいた。

 「放射性物質は健康にマイナス要因でしかない。汚染の実態を把握した上で、どこまで許容し、どう行動するか。消費者、生産者がともに考える必要がある」と高岡さん。厚生労働省は出荷前の農畜水産物のサンプル検査を都道府県に求めており、県は691検体の結果を公表しているが、時期や産地ごとの汚染状況をより細かく追う必要性を高岡さんは感じている。

 座間市相武台のイタリア料理店「ラ・リチェッタ」のオーナーシェフ、稲垣圭介さん(42)はベラルーシ製の「AT1320A」を約150万円で注文した。食材の検査だけでなく、2月下旬からは、ランチタイム後に店のスペースを開放し、「座間市民測定室」として利用してもらう考えだ。

 無農薬の野菜を使い、食の安全にこだわってきた稲垣さんは「来店をきっかけに関心を持ってもらい、消費者が食品の監視を続けることで、外食産業全体の啓発につながれば」という。

 横浜市磯子区でもマンションの一室で「横浜市民測定所」の準備が進む。小さい子どもを持つ親たちが会員を募り、集まった会費でAT1320Aを購入した。

 横浜の立ち上げを手伝う高岡さんは「汚染がどのような動きをするのかが見えず、息の長い取り組みになる。市民が費用を負担することで『自分たちの測定器』という意識が根付けば」と話す。自身の店にも27日、同じ機種が届いた。精度を高めるため、同じ検体を測って数値を照らし合わせるなど、相模原、座間、横浜の3施設で協力態勢をつくっていくという。



管理人Kの戯言

土曜日に、県央地区の様々な「子どもを守る会」の皆さんと ラ・リチェッタさんにお邪魔してきました。
とっても美味しかったです。
また、オーナーのケイスケさんの食に対する想いを知っているだけに安心して食べる事が出来ました。
厚木市からはそう遠くないのも魅力です。愛川町も、清川村も同じくです!

さて、この市民測定所・・・羨ましい限りです。
厚木市市長が、昨年度の12月の議会終了後に、給食を検査する測定器を二台厚木市独自で導入すると言ってくれました。
とても嬉しい事です。

願わくば! 子ども達が食べる前に・・・こまやかに測定していただきたい。
願わくば! 検出限界値を10ベクレル以下に設定していただきたい。 


私、Kは 厚木市にもぜひぜひ市民測定所が出来て、
市民が気軽に 食の安全を確認できるようになればいいと心から思っています。

最近では、西の野菜も危ないのではないか?という記事も目にします。
産地ではなく、汚染度・・・それが本当は望ましいのです。
原発被災地(私たちの神奈川も含む)であっても、汚染されてない野菜はたくさんあると思います。

でも・・・ベクレルが解らないから・・・どうしても産地で選ぶしかなくなっているのが現状です。
私たちが安心して、産地で選ぶのではなく、汚染度で選べる社会になればいいなと心から願います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。