はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度も裏切らないで下さい。

福島で規制値超えもち米=昨年11月までに販売

福島県は27日、同県伊達市の農家が生産したもち米から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。濃度は1110ベクレル。
県によると、この農家のもち米のうち57.5キロが昨年11月上旬までに市内の直売所で販売された。直売所は回収を呼び掛けている。(2012/01/27-21:50)


管理人Kの戯言
何度、何度、何度、安全宣言をし、風評被害だと 消費者を責め続ける 福島県の知事さんに一言、言わせてください。
風評被害と言われる 現実として汚染されているけれども 風評被害ということにしておきましょう作戦を信じ、
復興支援・食べて応援の言葉を信じ
小さい子にも、食べさせた方が たくさん日本にはいます。

貴方のやってることは

何度も、汚染された食品を流通させ、そのたびに 軽く謝罪をし
大々的に安全ですと高らかに宣言する事で
将来、健康を害するかもしれない方を 増やしている。

貴方の言動が、貴方の福島県の 信頼失墜として貴方の大切な県民に帰ってきています。

どうか、本当に・・・どうかお願いします。
しっかり、検査してください。
ばれなきゃいいはずがありません。

本当に、しっかりしてください。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

作れば、必ず流通するのです。
それなのに、福島県産を避けると「風評被害」といわれます。
消費者悪者作戦はもううんざりです。

そうですよね。

知事は、大切な県民だなんて思っていないのだろう。
県の人口が減る、県の生産性が落ちる、県の観光客が減る、県の経済が鈍る、イコール自分の実績が評価されない。
大切なのは、政治家としての自分の立場。
だから、避難する親子を非難し、県内に閉じ込めようとする政策しか思いつかない。
いい加減にして欲しい。県民の健康を、県民の命を、県民の未来を軽く考えないで欲しい。
あなたを信頼して、選挙で一票入れたのは、他でもない県民なのだから。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。