はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎市の修学旅行問題と放射線対策

放射線対策 子に安心を 川崎市、修学旅行先を計測
2012年1月26日 09時42分

神奈川県川崎市教育委員会は新年度から、小学校の修学旅行先の放射線量を独自に計測したり、宿泊先の食材を検査して、事前に保護者に結果を伝えることを決めた。一方、市は新年度、大気中の放射線量を測定するモニタリングポストを一カ所増設して三カ所にしたり、測定器の一般貸し出しを始めることを決めた。放射線対策の請願を審議した二十五日の市議会総務委員会で明らかにした。 (山本哲正)

請願を出したのは「子どもを放射能から守る会@川崎」(山本あづさ代表)。本年度の市立小全校の修学旅行先は日光方面で、その行き先変更も求めた。

市教委の用意した資料をもとに、複数の市議が行き先変更は必要ないとしたため継続審議になったが、各種調査と保護者への説明が実現することに。

傍聴した同会メンバーから「被ばくの影響を軽視する一方的な資料が出された」「日光の安全性を強調するのに新潟県の放射線量資料を持ち出すなど、結論に日光ありきの、ちぐはぐさが目立った」と不満の声も上がったが、山本代表は「食材を調査、公表するとなれば、安全な産地の物を使う傾向も期待できる。請願を出してよかった」と話した。

モニタリングポストは現在、麻生区と川崎区にあるが、中部地区に新設して間を埋める。菊地義雄総務局長は「放射能対策は一年、二年で終わる話ではない。放射能に対応する組織、予算を三月議会に出す」とも述べた。

測定器貸し出しは「条件が整い次第すみやかに」(市危機管理室)始めるという。市議の質問に、市側は他都市で導入している十五万円程度の機種導入を示唆した。市議から「大きな地震が予想され、また原発で何かあるかもしれない」との声も出ており、導入数や貸し出し方法が決まれば年度内であっても実施するという。
(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012012690094213.html

***********

みんなみんな頑張っています。

声を上げることは絶対に無駄ではない、そう強く思っています。

(参照サイト 子どもを放射能から守る会@川崎
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなのかぁ。。市議が?行先変更へは、反対?私も、山本さんとお会いしたいわ。。
計測結果見ても私には納得できないかも。。。
うーん。。。神奈川を守りたい。施策を考える~Σ(゚д゚lll)ガーン
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。