はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島と同等の対応を!by宮城県知事

放射線対策「福島同等の支援を」 宮城県知事、首相に不満

東日本大震災で被災した石巻市を視察した野田佳彦首相は10日、村井嘉浩知事と会談した。村井知事は福島第1原発事故に伴う放射線被害対策について「福島県だけを特別扱いするのはおかしい」と不満を伝えた。震災から10カ月を迎えても、原発事故への不安を強める被災地の現状を説明し、宮城にも同様の支援策を講じるよう要望した。

会談は非公開で行われた。村井知事は原発事故に関連して「宮城も大きな被害が出ており、福島県と同等の対応をしてほしいというのが県民感情だ」と強調した。

首相に対し健康調査の基準明示、除染経費への財政支援などを求める要望書を手渡した。

首相が8日に福島県入りした際、18歳以下の福島県民を対象とした医療費無料化の検討を表明したことにも触れ、「福島の子どもを無料にするのなら宮城、特に県南の子どもも対象とすべきだ」と要請した。

知事によると、首相から特段の回答はなかったが「原発事故では宮城県民も大変な思いをされている」と語ったという。

村井知事は会談後、記者団に「福島は子どもや妊婦も賠償の対象で、全県民の健康調査も行われる」と格差を指摘。「宮城には福島県内より高い放射線量の地域がある。県境で支援策を区切るのはおかしい」と述べた。

村井知事は近く、市町村長と合同で国に放射線被害対策の強化を求め、集団要望活動を展開する考えを明らかにした。

首相との会談ではほかに、JR線復旧への財政支援や復旧・復興事業への人的支援を要請した。仮設住宅の空室対策でも応援の自治体職員の利用を認めるよう要望した。

2012年01月11日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/01/20120111t11021.htm

*************

神奈川県で処理する瓦礫は、宮城県と岩手県です。100bq/kg以下がうんたらかんたら・・・と言っていますが、瓦礫全部を計測してくれるわけではないので、高濃度に汚染されたものが紛れていると考えるのが自然です。

>>宮城には福島県内より高い放射線量の地域がある。県境で支援策を区切るのはおかしい

・・・宮城県知事さん、そう仰っていますよ。神奈川県は「福島の瓦礫じゃないから理解してね」とは言えないはずです。

県境で区切るのはおかしい。

☆ayukuma☆
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。