はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚染瓦礫の受け入れには反対です。

「汚染がれき」焼却、清掃工場から放射性物質を放出か


宮城県女川町の「汚染がれき」を東京都が受け入れた問題で、品川、大田の両清掃工場での試験焼却後、敷地境界の一部で空間放射線量が上昇したことが判明。さらに環境省の一般廃棄物焼却施設における排ガスのモニタリング結果で、福島県内2ヵ所の焼却施設の排ガスから放射性セシウムが検出していたことが明らかになった。「放射性廃棄物」を処理することを想定していない清掃工場等での焼却は、大気中に放射性物質を大量に放出する可能性があり、子供たちや周辺住民が被曝の危機に直面している。
 東京都内で宮城県女川町の「汚染がれき」を焼却する事業主体は、東京23区が分担金を拠出する「東京二十三区清掃一部事務組合」。同組合によると、清掃工場は、東京都内で20カ所ほどになる予定。「汚染がれき」焼却に伴う放射性物質の放出について、同組合は宮城県内での試験焼却結果を解析し、「放射性物質はろ過式集じん器で捕集され、煙突排ガス中の放射能は不検出であった」と主張しているが、放射能汚染が深刻な福島県内では、2カ所の一般廃棄物焼却施設の排ガスから放射性物質を検出。「須賀川地方衛生センター」と「伊達地方衛生処理組合清掃センター」が放射性セシウムを大気中に放出し、周辺住民は被曝の危険にさらされている。品川、大田の両清掃工場での試験焼却後、敷地境界の一部で空間放射線量が上昇したことも確認されているが、同組合は、測定時の風向きや温度、湿度などの気象条件や測定の精度などの詳細を明らかにしておらず、住民に対して説明責任を十分果たしているとはいえない。
 福島市の「あらかわクリーンセンター」では、集塵機能の高い「バグフィルター」を使っていたにもかかわらず、「バグフィルター」を通り抜けたとみられる放射性セシウムが大気中に放出される寸前の煙突部分で検出された。環境省が放射性セシウムの捕捉に有効とする「バグフィルター」が放射性物質を捕捉しきれなかった衝撃は大きく、関係者に困惑が広がっている。
 清掃工場内や焼却炉が放射性物質で汚染されるため、事故やトラブル発生の際、修理等の対応が困難になる可能性が高い。さらに焼却施設や焼却炉で故障やトラブルによる火災が発生したり、爆発で破損した場合、施設周辺だけでなく東京都内など首都圏全域に放射性物質が飛散、降灰する恐れもある。まさに規模の小さい「福島第1原発事故」が東京都内で発生する最悪の事態も考慮しなければならない。
 汚染がれきを焼却すれば大気中にセシウムを放出されるのは明らかで、排出先の現地で放射性物質の焼却専用の施設を建設して安全性を高めた処理で対応するか、管理型処分場で保管するなど放射性物質の封じ込めが必要だ。 放射性物質の拡散は最悪の選択肢で、封じ込めが現時点で最も有効な対策といえよう。


記事元


管理人Kより

神奈川県の黒岩知事が、汚染瓦礫を受け入れる旨の表明をしました。
また、その候補地として 現在は、川崎、横浜、相模原の名前があがっています。
相模原の方では受け入れが決まったような情報も流れております。

汚染瓦礫 受け入れられますか?

黒岩知事のお話しでは、100ベクレル/キロ以下の瓦礫を受け入れるとのこと
またそれくらいだったら、今燃やしているものと同じくらいの被害しかでないと・・・でした。

ご存じの方も多いと思いますが
放射能物質は、焼いてもなくなりません。
それどころか
より、体内に入りやすく小さな粒子になってしまい。拡散してしまいます。

相模原市で焼いたものの 灰はどこへ流れて行くのでしょう?
相模原市なら 厚木市とも 愛川町とも 清川村とも違うから いいや・・・なんて人はいないと思います。

個人的には
私は、被災地であっても、汚染された瓦礫を焼くべきではないと思います。
現在、土壌の汚染を排除する技術を東芝が開発したとの情報が入ってます。

東芝、除染ビジネス本格化 運搬式装置開発、1件数百万円で受託

汚染ビジネスって言葉には拒否感がありますが
日本の企業の開発力たるや素晴らしいと私は思いました。

きっと、国民が瓦礫の焼却にノーを突きつけたら
その処分をする為に
日本の技術は、土壌と同じように、瓦礫焼却でも
放射能の被害を減らすような焼却施設を開発してくれると信じています。

何故なら、瓦礫を処分しないと 東北の復興は見えないと・・・
国も国民も理解をしてるからです。


現在の瓦礫は、被災地に仮置きしていただきたい。
それが、復興の足かせになってると言われてますが
足かせになってるのは、瓦礫ではなく 放射能です。
放射能がなければ、瓦礫の処分は 全国でやっていいんです
でも やっぱり放射能に汚染された瓦礫となると、話は別なんです。

そこ 騙されたくない・・・。
感情論で言うと
痛みを分かち合うだって、食べて応援だって わかります。
でも、
放射能被害は 決して風評被害ではなく、実害なんです。

ここで、一人の女性のブログを紹介します。
南相馬に住むぬまゆさんのブログ

写真一覧をご覧ください。
彼女の身に現在何が起きてるか・・・これが真実です。
新聞やテレビでは報じない 真実なんです。

100ベクレル/キロだから大丈夫と・・・言う人がいます。
でもその総量が問題じゃないですか?
それを大量に燃やしたら・・・それだけの 放射能物質が私たちの居住区にまき散らされ
薄く・・・長く 確実に汚染は進行します。


厚木市、愛川町、清川村にお住まいの方も
是非、一度想像してみてください。
もし、放射能に赤い色がついていたとして・・・
放射能汚染瓦礫が 焼却されて・・・薄くピンクの煙が・・・長期間出ている姿を・・・

私たち、厚木市・愛川町・清川村の子どもたちを放射能から守りたいは
放射能汚染瓦礫の県内および、国内での焼却に強く反対をします!

厚木市長さん
議員さん
もし、このブログを見て下さっているなら

一緒に考え、そして 一緒に戦っていただけませんでしょうか?

これ以上、放射能汚染のリスクを 子どもたちに負わせないで下さい お願いします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。