はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の測定結果 節分用の豆

mamemame_1.gif
mamemame_2.gifmamemame_3.gifmamemame_4.gifmamemame_5.gif

みんなの測定所ふじみーるさんの結果を追加しました。(ご了承済)


2011年の原発事故後、様々な食品に不安を抱いている方も多いと思います。
その中でも、大豆に関しては、高濃度の汚染も報告されているので、みんな消極的・・・かな?
それでも、子どもが大好きな「節分がやってきまーす」ということで、座間放射能測定室さんとのコラボ企画で、節分用のお豆測りました。

何を買えばいいものやら・・・絶対うちの子 拾って食べるしーーーーって方
まだご購入されてないなら、参考にしていただければ幸いです♪

座間放射能測定室さんの詳しい内容は下記でご覧いただけます。
福豆
ソフトいりだいず


座間放射能測定室さんも、厚木みんラボも、どちらもお豆をパウダー状にして測定しています。
どうしてそんな事をするかって???
それは、そのままよりも粉にした方が検体の質量が増え、また均一にマリネリに詰める事ができますので、より正しい値が出るからであります!!

それにしても・・・国産大豆って書かずに 北海道 とか 山形とか 産地書いて欲しいものです。
出来ればゲルマで測って 検出下限値・・・攻められるところまで攻めて 明記するとか・・・・
ダメですか?
企業側がそうしてくれると、みんなそれぞれの基準で購入が可能なんですけどね。





スポンサーサイト

本日の測定 ライスとかご飯とかお米とか

オリジン弁当のライスを測りました!(厚木林店) 2013年1月25日測定 

★測定時間 10800秒
★試料重量 854g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 1.64Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 1.52Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 18.5Bq/Kg 不検出


◆検出下限値合算 3.16Bq/Kgにて 不検出

※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


オリジン弁当のお米の産地を問合せしてみました。
ひとめぼれ(福島・秋田・岩手)+ まっしぐら(青森)のブレンド米
平成24年度産
自主検査をしておりまして 50Bq/Kg以下のものを使っております。国の基準が500Bq/Kgですので、大変厳しい基準となっております。

ちょっとまったーーーー 国の基準は100Bq/Kgです! 
測定器の情報は直ぐには解らないが、自社で昨年度より検査をしておりますので安心です。とのこと

ほっともっとのライスを測りました!(厚木林店)2013年1月22日測定

★測定時間 65000秒
★試料重量 945g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 0.76Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 0.70Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 8.55Bq/Kg 不検出


◆検出下限値合算 1.46Bq/Kgにて 不検出

※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。

ほっともっとは、店頭で産地の確認をしました。
店員さんの言うことには、その時に一番おいしいお米をブレンドしております。キリッ!です。
問合せは明日行います。(1/29)


ガストのライスを測りました!(厚木文化会館横の店)2013年1月11日測定 

★測定時間 65000秒
★試料重量 869g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 0.83Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 0.77Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 9.37Bq/Kg 不検出


◆検出下限値合算 1.60q/Kgにて 不検出

※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


お問合せは後程行います。
ネットの情報によると、ガストは放射能検査をやってないのでは?ということになっております。
確認をしたいと思います。(1/29書)


栃木県日光市の玄米を測定しました。2013年1月09日測定 

★測定時間 65000秒
★試料重量 1036g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 0.69Bq/Kg 5.62 ± 1.24Bq/Kg 統計誤差 8.5% 
◆Cs-134 検出下限値 0.64Bq/Kg 4.03 ± 0.93Bq/Kg 統計誤差 10.3% (複数核種が存在)
◆K-40  検出下限値 7.78Bq/Kg 56.1 ± 12.5Bq/Kg 統計誤差 8.9%


◆検出下限値合算 1.33q/Kgにて 検出 
当日1/11日時点で東京電力原発事故(3/12日起因)から669日経過
セシウムの比率を Cs-137:Cs-134   1:0.564 にて計算した場合には Cs-134は 3.17Bq/Kgとなり
理論値としては、合算で 8.79Bq/Kg の検出

※あくまでも理論値です。


※ スペクトルによるピーク確認を行いました。天然核種 Bi-214が見えています。


このお米で活性玄米酵素ごはん(北海道の黒豆も含む)を測定しました。
測定日2012年12/21日


★測定時間 56000秒
★試料重量 1032g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 0.72Bq/Kg 2.03 ± 0.62Bq/Kg 統計誤差 23.2% 
◆Cs-134 検出下限値 0.67Bq/Kg 1.94 ± 0.57Bq/Kg 統計誤差 21.8% (複数核種が存在)
◆K-40  検出下限値 7.12Bq/Kg 35.5 ± 8.90Bq/Kg 統計誤差 14.4%


◆検出下限値合算 1.39q/Kgにて 検出 
当日2012年12/21日時点で東京電力原発事故(3/12日起因)から650日経過
セシウムの比率を Cs-137:Cs-134   1:0.573 にて計算した場合には Cs-134は 1.16Bq/Kgとなり
理論値としては、合算で 3.19Bq/Kg の検出

※理論値はあくまでも理論値です。(北海道の黒豆は測定品がなく、測定ができませんでした)

結果:今回の日光市の玄米を炊いた場合(北海道の黒豆の汚染が無かったと仮定)
8.79Bq/Kgの玄米1キロを炊いた場合に出来た 活性玄米酵素ごはん1キロは、3.19Bq/Kgのセシウムを含んでいました。


重要!!!

厚木市民測定所ではお米の測定を推奨しております。
お米は主食ですので、是非、一度測定をしてそのお米の数値を知ってください。

例えば、上記の日光市のお米が 不検出だった場合、また検出された場合でも、お米は畑や生産者により
その数値は変わってきます。
同じ畑のお米でない限りは数値は変わるとご理解下さい。
「●●産のお米 検出下限値 1.5Bq/Kg 不検出 やったーーー安心した♪」ではありません。






1/29日は小田原のとある学校給食に使われてるライスも測定しました。神奈川県産でした。
結果のみ先にお伝えしますが 不検出となっております。
こちらのデータは検体主さんの確認の後に情報を公開させていただきます。


その他測定したお米【次回公開】
◆宮城県角田市の白米(平成24年度産)
◆富山県のこしひかり(平成24年度産)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

測定の結果に関しては、測定機器や測定環境等なども放射能測定の結果を左右します
放射能測定は、確率的な測定だとご理解ください。
あくまでも、参考値としてとらえて頂き、その判断は個々で行って下さい。
放射能測定での絶対値はありません。


★厚木測定室について
厚木測定室は、これから 私たちのまわりの気になる検体を測定しながら、測定技術を向上させていきたいと思っています。


★測定依頼について(1/29日)
一般受付を2月から開始します。
基本は、厚木市民測定所@みんなのミリアンラボにて検体の受け取りと引き渡しが可能な方を対象とします。
郵送による検体受付に関しましては、ご相談下さい。
 
★測定に関して
 
測定に関しては、お米は長時間の測定が必要な為に、お預かりとさせていただきます。
お米に関しては一般市民の測定については、測定時間数に関係なく、一律1000円のカンパを頂戴します。
 
その他の食品の測定に関しましては、ご希望の下限値に伴い測定カンパ費を戴きます。
※基本的には 500円/30分 とさせていただきます。食品の測定は1時間は必ず必要です。
※詳しくはお問合せ下さい。

検体の取り扱いについては、お問合せ時に詳しくお伝えいたします。
 
当日の突然の持ち込みには対応致しかねますのでご了承下さい。(お預かりできる検体は お預かりします)
みんラボは、完全予約制とさせていただきます。
 
 
★見学に関して
 見学に関しては、ご連絡を下さい。


ご連絡先 info★savechild-aak.com   ★を@に変えてご連絡下さい。

マザールさん主催 「今を生きる」、肥田舜太郎先生を迎えて」レポート♪

2013年1月19日(土)あざみ野アートフォーラム 新春スペシャル企画の講演会!



マザールさん主催 「今を生きる」、肥田舜太郎先生を迎えての講演会を聞いてきました。

原爆についての話は子どものころからいろいろ聞いたり
はだしのゲンの漫画を子どものころ、何度も何度も見て勉強しましたが、

リアルに、その当時を語れる医療者でいらっしゃる肥田先生の話は、重く
そして歴史上、日本人は大変な過ちを繰り返しているのだと
悲しくなりました。

それとともに、勇気と元気もいただきました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
肥田舜太郎先生  プロフィール


肥田舜太郎(ひだ しゅんたろう)氏 被曝医師 

1917年広島市生まれ。1943年、日本大学専門部医学科卒業。
1945年8月6日、原爆被爆。直後から被爆者救援・治療にあたり、
2009年の引退まで被爆者の診察を続ける。
1953年、全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)創立に参加。
全日本民医連理事、埼玉民医連会長、埼玉協同病院院長、
日本被団協原爆被爆者中央相談所理事長などを歴任。197
5年以降、欧米を中心に計30数カ国を海外遊説、被曝医師として被曝の実相を語りつつ、
核兵器廃絶を訴える。アメリカの低線量放射線被曝に関する研究書等を翻訳、
普及にも努め、内部被曝の脅威を訴え続ける。
著書に「ヒロシマを生き延びて」(あけび書房)、
「内部被曝」(扶桑新書)、共著書に「内部被曝の脅威」(ちくま新書)がある。

マザールさんより。



「私にかせられた使命として、自分の体験を死ぬまで語り続けたい」

映画  「核の傷  肥田舜太郎医師」



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

肥田先生は、
1944年陸軍軍医学校を卒業、軍医少尉として広島陸軍病院に赴任されたそう。

陸軍少尉の肥田先生はかなり、地位も高い軍医でいらっしゃったそうですが

本当は、医療費も払えない子どもたちの治療がしたいのだと反発されていたそうです。


世界中が忘れもしない、1945年8月 先生は、心臓弁膜症の子どものために
7k離れた遠い村まで、自転車で先生を迎えにきたお父さんの後ろに二人乗りで
往診へ。。。

酔っ払ってるお父さんの後ろで何度も振り落とされたけど
どうにか家について、子どもを診ることができた。

安心して眠ったので、肥田先生もその日はそこへお泊り。
あすの朝、起こしていただいて歩いて広島の病院に戻るため

早く起こしてねとお願いしたのに、家族は畑に出かけてしまい、遅刻していたので
子どもをもう一度診察して、
慌てて出ようとしたが、お父さんたちが戻ってこないので

泣くと、また症状が悪化するということで、

軽い子ども用の鎮静剤を打とうと、注射器を上向きでエア抜きしていたところ

目もくらむような、閃光が家の中まで・・・・

先生は、猛烈な光の中で思わず伏せてしまったと。。。

そのとき、半袖で出てた腕がピリピリしたのだそう。

何の光かわからず、とにかく7kmかけて病院へ帰ろうとしたが

村も爆風で飛ばされたところもあった。

歩いていくと、ドロドロに溶けたやけどを負った被爆者が助けを求めて歩いてきたという。

最初の三日間はとにかく看てまわったが、ほとんどの患者さんがやけどで死んでしまった。

手を施した人は全員が死んでしまった。

6日間過ぎると、福岡や他の県より軍医や看護婦が助けに来てくれた。

患者さんは、熱とともに、口や鼻から血が出る。

熱が出てる患者さんの横にいって扁桃腺を見ようと診察すると
口の中が普通じゃない臭いじゃない臭さ・・・。

口の中が腐敗してきている。桃色の口の中なはずなのに、真っ黒。

やけどしていない、裏側の綺麗な肌が、紫の小さな斑点がたくさん出ている。

末期の貧血症状。。。血小板が減少する特別な末期症状で起こる紫斑・・・・


患者さんたちは痛がりながら、男性も女性も頭を触る。何気なく触ると頭髪がごそっと抜ける。

女性は頭髪が抜けると、大声で泣くんですと。。。末期の女性が
泣くんですと。。。



入村被曝と言って、他の県外から来た人たちが、焼け跡を家族を探したりして
同じ症状で死んでいく。


黒い雨のついた野菜などを食べて、どんどん被曝していく。


爆弾にあってないのに、そのあと来た人たちが、体内に食べ物で取り込んでしまった人々が
内部被曝で、よくわからない病気で亡くなっていくんだと。


最初に現場で診たのは急性症状の人たち。そして、その後は内部被曝をした人々。

肥田先生はあわせて、6000人以上の被爆者を診てこられました。。。。

その中で、一番マークしなければならない症状は、「非常にだるい」「仕事ができない」「家事ができない」という、原爆症の中で一番つらかった『ぶらぶら病』だ。


体力・抵抗力が弱く、疲れやすい、身体がだるい、などの訴えが続き、人並みに働けないためにまともな職業につけない、病気にかかりやすく、かかると重症化する率が高いなどの傾向をもつとされる・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先生の話では、東京、埼玉でも重症のぶらぶら病がすでに出てきているという。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



肥田先生は、話します。福島原発事故が起こり、日本全体が多かれ少なかれ被爆者となりました。

命の主人公は自分自身・・・

夜ふかしをしない、昼間は活動する。夜がくれば寝る。夜は仕事はしない。
太陽があがったら、朝食までゆっくり過ごし、よく噛んで食べる。

タバコは吸わない。





放射能は世の中で一番恐ろしい毒です。

人間の扱うことのできない。

核廃棄物は、無害にはできない。
メルトダウンしたものは人類には止められないもの。


被曝症状は、人によって違うが、三年後に出てくるだろう。


自分自身の命は、責任を持って生きていきましょう・・・・・・・・・・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先生は一言一言メッセージを放ちます。

原爆が起きた瞬間の話は目に浮かぶようにリアルでした。ピカドンが落ちる瞬間が

すごく怖かったです・・・・持っていたデータもアメリカに奪われ、

本当に辛い気持ちもされてきたことでしょう。。。


私たちは、過去、大切な先祖をたくさん、核の犠牲で亡くしました・・・・

先生が残す言葉を重く受け止め、ひとりひとりが自分の命を愛おしく思える
その瞬間がくるまで、日本は変わる大事なときなのだと思います。


暖かい手の、優しいお顔の肥田先生。。。。御年  95歳 お元気な内科ドクターです。
どうぞ長生きでお元気でいてください。そしてどうぞたくさんの日本人が、
この原発問題に無関心でいられなくなる
その日まで先生の力をお貸しください。



マザールさんで以前夏に大きな講演会に、お体をこわされお休みされたときの
先生からのメッセージ。。。何度読んでも泣いてしまいます。。。。


詳しくは マザールさんの放射能対策勉強会のページをご覧ください。

(肥田先生からのメッセージ)PDFをクリックしてください♪


マザール放射能対策講演会
 

その中より一部抜粋・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7.両手を合わせ、我が「命」のこと真剣に思うべし。日本に、世界に一つしか無きこの「命」、
死までいかに生くべきか、探るべし。その朝。目覚めなば、すぐ起き出さず。仰臥して両手を腹部に手を置き、二つ三つ大きく腹式呼吸を行い、臍下丹田に力を入れ、これまでわが命を過ごせし道、静かに思い返すべし。この国、今や放射線、空に満ち、水に満ち、土に満つ。生まれくる孫、ひ孫の息する空、野菜、育つ土、飲む水はありたるや。思えばわれ生き来し日々、空、土、水を汚染させ来たらざりしや。
電気むさぼりて原発を増設させしならずや。新しき命のため、この国の原発すべて止め、核兵器すべてなくして、汚がせしこの国、きれいにするは汚がせしわれ等、大人の責務なり、政府、企業の責務を突くは当然なるも、子孫に綺麗な故国を残すはわれらの急務ならずやと思うはいかがならん。諸兄、諸姉の考えを聞かせ給わば幸甚なり。


            2012年7月11日
                                肥田舜太郎拝


                    37bbc67f5490f084e78186daf9fed84c.jpg
                    出征時の肥田先生・・・

















食品:海の話題

ズワイガニ水揚げ開始 相馬沖・試験操業


水揚げされたズワイガニ
 福島第1原発事故に伴う相馬市沖の試験操業で16日、ズワイガニの水揚げが始まった。
 相馬双葉漁協(福島県相馬市)の底引き船7隻が出漁して計約450キロを漁獲し、同市の松川浦漁港に水揚げした。ズワイガニ漁は原発事故後初めてで、初回は量が少なく、小型の物が多かった。
 放射性物質検査を行って県漁連の独自基準(1キログラム当たり50ベクレル)を下回れば、主に北陸地方に出荷する。漁獲量が増えれば地元小売店にも卸す
 相馬市沖はズワイガニ漁の拠点で原発事故前は年150~200トンが水揚げされた。


引用:河北新報社 記事より



北陸のカニだから大丈夫♪ なんて呑気な事をいってられなくなりましたーーーーーー(涙)
50Bq/Kgまでなら出荷とは これはゆゆしき事態だと思います。

私たちは、望んでセシウムを食べる人はいないと思いますが、望まなくとも、どこかで、少なからず内部被曝はあると山村は考えています。
カニはとても美味しい食材ですが、ストロンチウムを含みやすいと言われています。
当然のように、漁連が行うとされる 放射性物質検査はセシウムの検査だと思われます。
ストロンチウムの測定はとても時間がかかり、また高額です。
そして、国はストロンチウムの測定には 消極的です。
なぜなら、セシウムよりも 強い毒性があると知られる 核種だからです。
ただちに影響はないと・・・・言った手前(国) 
毒性の強い核種はできるだけ 測りたくない・・・測ってでたら困るからって感じでしょうか?

まったく・・・恐ろしい事ですね。

もちろん、測定の結果、セシウムも低い検出限界値で不検出かもしれません。
測ってみないことには それは誰にも解りません。

わからないから 測るんですよね・・・


そして 測った結果は しっかり消費者に伝えて頂きたいものです。
カニがストロンチウムを含みやすい事は もちろん 国も知っていますので
国がストロンチウムの測定も必要だよーーーーーと 指導していただきたいものです。


そして・・・

測って解ったといえば・・・東電発表です

福島原発港湾の魚、規制値の2540倍セシウム  

東京電力は18日、福島第一原発の港湾内で昨年12月に取った「ムラソイ」から、最大で1キロ・グラムあたり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

国の規制値(100ベクレル)の2540倍にあたり、原発事故後、最も高い値。

東電は「採取場所付近は原発事故時に高濃度汚染水が流れており、この濃度は不自然ではない」としている。

これまでの魚の最高値は、同原発から北約20キロで取れたアイナメの同2万5800ベクレル。東電は3月から周囲に網を設置するなど、港湾内の魚が外へ逃げないよう対策を取る。

読売新聞 1月18日(金)20時3分配信記事より引用


同じ記事でも地元の記事はちょっと違います。

東京電力は18日、福島第一原発の港湾内で昨年12月20日に採取したムラソイから、同社のこれまでの調査で最大値となる1キロ当たり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国が定める一般食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)の2540倍に上る。
 東電は太平洋沖や第一原発港湾内で採取した魚の放射性物質検査を行っている。東電によると、これまでの最大値は昨年8月に太田川沖合で採取したアイナメの2万5800ベクレル、第一原発港湾内では昨年10月に捕ったマアナゴの1万5500ベクレルだった。
 昨年12月20日に採取した今回の調査では、別のムラソイで14万ベクレルと4万9000ベクレル、タケノコメバルで10万1000ベクレル、アイナメで4万ベクレルなど高い数値が検出された。
 東電は今後、港湾内の魚が外洋に移動しないよう港湾口に網を設けるほか、かご漁による捕獲を行う。土砂の被覆なども進める。

福島民報社より引用



またこちらの記事では

東京電力は18日、福島第1原発の専用港湾内で昨年12月に捕獲したムラソイから国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超す25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。検出最高値を更新し、東電は対策を講じる。対策は(1)港湾口に刺し網を設置して魚が外洋へ移動するのを防ぐ(2)港湾内で月3回程度のかご漁を実施して汚染魚を駆除する(3)港湾内の土砂をしゅんせつする-などで今月下旬に始める。
 これまでの最高値は昨年8月に南相馬市沖で捕獲されたアイナメの2万5800ベクレルで、東電は昨年12月から、事故直後に高濃度汚染水が流出した港湾内の魚の駆除を実施している。

河北新聞社記事より引用


さて、この三つの記事 どうでしょう? 少しずつテイストが違います・。
河北新聞の記事は東電が講じる対策をしっかりと書き
福島民報の記事はその他の魚の汚染度をしっかりと書き
読売新聞の記事はさらっと・・・・東電のフザケタコメントを流してます。

東電の担当者は、「魚が事故の初期に放射性物質を取り込んだのであれば、これくらいの値が出るのは不思議ではない」とコメントしている。【産経新聞記事より引用】

東電は事故を引き起こした企業としての自覚があるのでしょうか?
不思議ではない?
不思議ではない?

東電の倫理観が不思議すぎます・・・・
でも、裏を返せば、東電は事故の初期の放射性物質を取り込めば、これくらいは妥当と言えるくらいの値ですよーって事を言ってるんでしょうかね?

さて この魚を食べた場合の内部被曝ですが


東京電力は18日、福島第1原発の港で捕獲した魚「ムラソイ」から、1キロ当たり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。魚では過去最大で、国の食品基準値の2540倍。1キロ食べた場合、内部被ばく線量は4ミリシーベルトという。
 東電によると、港は第1原発の東側にあり、海水や海底の土は汚染の度合いが高い。外側の海と仕切られていないため魚が自由に出入りできる状況で、東電は仕切り網の設置や魚の駆除を行う。 

時事通信


えと よくよく 見て下さいね。

4ミリシーベルトです マイクロシーベルトの1000倍です。

良く、行政が 単位をごちゃごちゃにして言ってくれます。
それを聞いた人(議会等で)は あーそんな程度なのか・・・・って思って 流しがちでしょうけど

単位重要ですよ!!! 誤魔化されないで下さいね。


放射線による人体への影響度合いを表す単位を「シーベルト(Sv)」
放射性物質が放射線を出す能力を表す単位を「ベクレル(Bq)」




そして もうひとつ お魚の話題


石巻魚市場にマダラ8ヵ月ぶり水揚げ 政府が出荷制限解除
河北新報 1月19日(土)6時10分配信


 宮城県石巻市の石巻魚市場に18日、重さ1キロ以上のマダラが8カ月ぶりに水揚げされた。放射性セシウムの検出値が国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を安定的に下回り、政府は17日に出荷制限を解除した。
 沖合底引き網船など25隻が計22トンを水揚げした。10キロを超える大物もあり、最高で10キロ当たり2500円の値が付いた。ピークをやや過ぎているため再開のご祝儀相場とはいかなかったが、まずまずの価格で取引された。
 マダラは石巻魚市場で冬季の水揚げの2割を占める主力魚種の一つだった。宮城県沖で漁獲された検体で国の基準値を上回る放射性セシウムが検出され、政府は昨年5月に出荷制限を指示。地元の水産関係者は早期の解除を求めてきた。
 待望の水揚げに魚市場の須能邦雄社長は「ホッとした」と喜びながらも「昨春に厳格化された100ベクレルの数値に根拠はなく、消費者を不安にしただけ。国は一刻も早く基準値を見直すべきだ」と話した。

河北新聞より引用


えっとですね・・・・ちょっとまってくださいよ。
100Bq/Kgには根拠がなく消費者を不安にしただけ・・・・基準値を見直すとは どういう意味でしょうか?

もっと厳しくなら 私たち大歓迎ですが
ゆるくしろと?

この社長さん、100Bq/Kgに根拠がないって所は正解だと思います。

ですが、緩くした場合、私たちの被曝への不安は更に進みますよ・・・自分勝手な解釈辞めて下さいね。

社長さんがいってるのは、ビジネスの話。
私たちが心配してるのは、命の話。

どんだけ・・・消費者の不安を読み違えているんでしょうか? やばいやばい。

そして、

国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を安定的に下回り← 安定的に下回りってのはどういう意味でしょうか?

マダラはセシウムが検出しやすいお魚ですよぉぉぉ!!!
これを読んで
国が言うなら安心だって思いたい人は、マダラは基準値を安定的に下回っている=安全って勘違いしちゃいませんか?

マダラ


北海道は12日、室蘭市沖で9日に取れたマダラから1キログラム当たり100ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国の基準値(同100ベクレル)を超えた場合に自主回収できるよう、道は漁協に対し出荷先を把握するよう指示した。また、これまで週1回実施していたモニタリングを今後1週間、毎日行う。

 道によると、このマダラを食べても人体への影響はないという。


これは産経新聞社の記事より引用です。2012年10月の記事です。

人体への影響はないという。 100Bq/Kgを食べて人体への影響はないと言う

その人体とは0歳から120歳まで押しなべて全ての世代ってことでしょうか?


タダチニエイキョウハナイ=魔法の言葉になっちゃった気がします。








本日の測定結果 1/18 不二家ホームパイ その他 いろいろ

不二家ホームパイを測りました。

★測定時間 10800秒
★試料重量 690g(ミルサーにして粉砕)
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 2.01Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 1.85Bq/Kg 1.24Bq/Kg ±1.14 統計誤差92% 
◆K-40  検出下限値 22.7Bq/Kg 不検出

セシウム134に数値が出ましたが、統計誤差も高く、またセシウム134のみの検出は考えにくい事から
セシウム134は天然核種の影響であると判断しました。

◆検出下限値合算 3.86Bq/Kgにて 不検出

※ 検体の試料が若干少な目となっておりますので、参考としてお考え下さい。
※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


商品情報 不二家ホームパイ公式WEBサイト
工場は 富士裾野工場でした。

検体協力:チーム結


メグミルク牛乳 雪印 賞味期限13.1.6 記号AIK 2012/12/28日測定

★測定時間 65000秒
★試料重量 1024g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 0.70Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 0.65Bq/Kg 1.24Bq/Kg ±1.14 統計誤差97% 
◆K-40  検出下限値 7.86Bq/Kg 43.2Bq/Kg ±10.2 統計誤差11.5%

セシウム134に数値が出ましたが、統計誤差も高く、またセシウム134のみの検出は考えにくい事から
セシウム134は天然核種の影響であると判断しました。

◆検出下限値合算 1.35Bq/Kgにて 不検出


※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


商品情報 こちらの牛乳200ml
工場は 千葉県の野田工場

測定依頼:伊勢原の某ママ
伊勢原市の保育園にて出されている牛乳です。

メグミルクの場合は、いろいろな産地の原乳を混合して使っているとの事
例えば

今日はA県+B県 明日はA県の原乳がなくなれば、℃県のものを混ぜる。

このような形となります。東北地方の原乳も使用されています。今回の測定では、セシウムは下限値1.35Bq/Kgでなしという結果となりましたが、次回の測定では検出する可能性はあります。
ご参考としてご承知下さい。


しゃぶしゃぶ用ごまだれ 奏食品株式会社 業務スーパー購入品 2013/1/09日測定

★測定時間 7200秒
★試料重量 1008g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 1.60Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 1.49Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 18.1Bq/Kg 179Bq/Kg ±39Bq/Kg 統計誤差 7.7%

◆検出下限値合算 3.09Bq/Kgにて 不検出


※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


商品情報 こちらの商品となります。
厚木市の業務スーパーにて購入

測定:ミリアンパークスタッフ様


業務スーパーホットケーキミックス(産地不明)(株)神戸物産 2013/1/09日測定

★測定時間 7800秒
★試料重量 917g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 1.71Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 1.58Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 19.3Bq/Kg 34.2Bq/Kg ±13.9Bq/Kg 統計誤差 35.7%

◆検出下限値合算 3.29Bq/Kgにて 不検出


※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


商品情報 後程入手
厚木市の業務スーパーにて購入

測定:ミリアンパークスタッフ様



業務スーパー たこ焼きミックス和風だし入り 日本製粉(株)Y(産地不明) 2013/1/09日測定

★測定時間 4436秒
★試料重量 884g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 2.31Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 2.14Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 26.1Bq/Kg 49.9Bq/Kg ±19.4Bq/Kg 統計誤差 34.0%

◆検出下限値合算 4.45Bq/Kgにて 不検出


※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


商品情報 後程入手
厚木市の業務スーパーにて購入

測定:ミリアンパークスタッフ様


ヤマサ 昆布つゆ 賞味期限13.12.17 BLAH NBTB 2013/1/11日測定

★測定時間 5400秒
★試料重量 1000g
★信頼水準 0.95

◆Cs-137 検出下限値 1.84Bq/Kg 不検出
◆Cs-134 検出下限値 1.71Bq/Kg 不検出 
◆K-40  検出下限値 20.8Bq/Kg 63.9Bq/Kg ±18.7Bq/Kg 統計誤差 21.9%

◆検出下限値合算 3.55Bq/Kgにて 不検出


※ スペクトルによるピーク確認をお行いましたが、この時点でのピークはありませんでした。


商品情報 昆布つゆ


測定:ヤマムラ




・・・・・・・・・・・・・・・・・今日はここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他測定結果
◆厚木文化会館の角のガストの白米
◆日光の玄米
◆日光の玄米と北海道の黒大豆で炊いたご飯

上記みっつは後程 ご紹介します。

また、1/15日の大雪の時の雪を 1/18日に測定しております。
こちらも後程 ご紹介します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

測定の結果に関しては、測定機器や測定環境等なども放射能測定の結果を左右します
放射能測定は、確率的な測定だとご理解ください。
あくまでも、参考値としてとらえて頂き、その判断は個々で行って下さい。
放射能測定での絶対値はありません。


★厚木測定室について
厚木測定室は、これから 私たちのまわりの気になる検体を測定しながら、
測定技術を向上させていきたいと思っています。
★測定依頼について
 現在のところでは、一般の方からの測定依頼は受け付けておりません。
 今後、測定員が増え、また測定技術が向上し 、一般の方からの検体も受付可能になったら、
またアナウンスをさせていただきます。
 
★見学に関して
 見学に関しては、ご連絡を下さい。



menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。