はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座間放射性物質 測定室 ラ・リチェッタさんで・・・

座間のおいしいイタリアンレストラン 「ラ・リチェッタ」さんのお話しをかぼちゃんより
紹介していただきましたが、

記事

ゴールデンウィーク明けに測定の勉強会がありました。

座間の市民の方々を中心に食材の安心、安全を学ぶ大事な時間でした・・・。

みんな、子どもたちの口に入る前にきちんと計測してあげたい。。。

そう。。。たったそれだけ。だけど、大事な気持ちです。

優しい気持ち。

オーナーの方の説明と話は、本当にうんうんとうなづいてしまい。。。

安全だと、確認したものを食材として使いたい、

子どもたちの未来を守ってあげたいという言葉に

説明を聞いているだけで涙が出てきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初は自分でやるまでは、まったくわからなかったのですが、

ATOMTEX AT1320A NaIシンチレーターによる検査。。。

手順をふんでいけば、だんだん理解できてきます。
(かぼちゃんは完璧です!これまで、茨城産 いちご、スイカ計測してます♪NDです!!)

数字を読み取るのは難しいですが、

NDで出たときの嬉しさはありませんね。。。

東日本全域が(ここ、神奈川も含め)輸出規制かかってる食品がありますので

やはり、普段使い、地元や、近隣のものが安全で子どもの口にいれるか・・・がポイントになります。



unndoukai 048

私、ぴーちは普段使ってた千葉産の気になる卵を計測しました。


unndoukai 061


暮らしの中で、パンを焼いたり、普段卵を使う機会が多いので安全が確認されると安心できます。


まずは、マリネリ容器に卵をぽとぽと落としていきます・・・

卵って。。。混ぜないでそのままだそうです^^

ラップでしっかり固定して。。。いざ・・・計測。


unndoukai 063



unndoukai 066


測定が始まりました!30分待ちます・・・・

unndoukai 075


卵は2パック   20個投入しました。

検査後 安心のNDでしたので、安心して卵焼きを焼きました♪



unndoukai 070


その後、かぼちゃんがアクエリアスを計測しました♪これもNDです♪

アクエリアスのロット番号は、f00ー56107です。

unndoukai 077


保護者が安心するように計測する・・・のではなく

子どもが安全なように、計測する・・・の意識。

ラリチェッタオーナー様の


「アメリカからの輸入のもの、九州や西のもの、水道水、

測定しても数字がでるはずがないから、

といって測定しないのは測定室の存在意義とは反します、

我々は安心がほしいのです。

安心とは人から押し付けられるものではありません、

自分が安心することそのものなんです。

ですからどんな検体でも、それが安心につながるなら

それは測定する意味があるのです。」

という、安全を先に考え、安全が確立されたときに安心につながるという

その根本の考えが本当に素晴らしいと思ってしまうのです。

みんなの笑顔を生み出す、おいしいものへのこだわりと食の安全のこだわり・・・

オーナーの本気を見るのです。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前、九州で、有機農家の方とお話ししたことがあります。

有機農家は、安心できる土壌で、みんなが喜ぶ笑顔がみたいから
 土壌改良して安全な野菜を作る。。。

その苦労がわかっているから、福島の有機農家のご主人が

自ら命を絶たれたとき・・・・「原発さえなければ・・・・」書いて

命を落とされたとき・・・とてもとても悲しくて

気持ちがわかるから、安全なように計測して東北に安全な野菜を送ってあげるんだと

話してくれました。

また、NHKで、放射性物質の計測が生産者側の負担になっており、

検体が取れないとそのまま出回ってしまう。。。それは仕方ないことだ。。。と

説明されたとき。コメンテーターの室井さんが

「なんで、生産者だけに押し付けるの?もっと機械を買って国で負担すれば
いいんじゃないの?漁師に押し付けることではないのでは?

計測できないまま、出回るなら何のための、新基準値なのか・・・・?」

と話されていました。本当は、安全なものを出荷したい生産者さん。。。

ジレンマです。本当は安全なのに、買ってもらえないのは、悔しい思いでいっぱいですよね。
検査されないものが出回るのも悔しい思いだと思います。。。。


でも、原子力災害はすべてを壊すことを一年でみんなが悔しい思いをしたと思うのです・・・
瓦礫を燃して、近隣のお茶生産者さんが悔しい思いをしているのです・・・
食に携わる方々は、やはりみんなで原子力問題に本気にならないといけないときです!


食べることで、幸せがたくさん生まれる・・・・

それを我慢することはものすごいストレス。

だからこそ安全を求めたい・・・。

人まかせでなく自分自身で確かめる・・・

これからは大切なものを守るために必要なテーマかもしれません。

ラ・リチェッタさんサイト

ラ・リチエッタさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月は、5日 火曜日にAAK測定の予約をお取りさせていただいてきました★

ご興味あるかたは、よかったらメールくださいね★

info@savechild-aak.com



ぴーち@真船 AAK
スポンサーサイト

2012/05/31 気になる食材(放射線量)  長野県のデータが変です 

5/31発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第403報)

 岩手県 原乳  最大で5.4bq/kg
     牛肉  最大で17.1bq/kg(重箱の隅をご覧ください)

 宮城県 クマ肉  58.0bq/kg
     イノシシ肉  最大で470.0bq/kg
     シカ肉  最大で28.0bq/kg

 栃木県 梅  最大で6.3bq/kg
     茶(飲用)  最大で4.9bq/kg

 群馬県 イワナ  170.bq/kg

 千葉県 ヒラメ(流通品)  最大で27.0bq/kg
     マコガレイ(流通品)  3.9bq/kg
     スズキ(流通品)  10.0bq/kg
     マサバ(流通品)  3.6bq/kg
     ブリ(流通品)  22.0bq/kg
     マアジ(流通品)  15.0bq/kg

 東京都 アユ  最大で15.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で34.0bq/kg

 福島県 ミョウガタケ  最大で7.3bq/kg
     黄桃  最大で41.0bq/kg

 ~長野県のデータが少し変だと思うのですが、一応・・・~

 長野県 原乳  最大で2.9bq/kg
     リーフレタス  最大で7.6bq/kg
     アスパラガス  最大で6.1bq/kg
     ほうれん草  6.9bq/kg
     長芋  4.2bq/kg
     ウグイ  最大で7.1bq/kg
     信州サーモン(養殖)  7.7bq/kg
     ニジマス(養殖)  7.3bq/kg
     アマゴ(養殖)  10.0bq/kg
     イワナ  最大で11.0bq/kg
     ヤマメ  110.bq/kg
     レタス  最大で9.0bq/kg
     チンゲンサイ  7.6bq/kg
     ぶどう(巨峰)  3.9bq/kg
     菌床エノキタケ  最大で5.1bq/kg
     桃  3.7bq/kg
     茶(飲用)  最大で1.6bq/kg
     イワナ(養殖)  7.2bq/kg
     アユ(養殖)  5.9bq/kg
     シナノユキマス(養殖)  7.5bq/kg
     コイ  最大で7.6bq/kg
     セルリー  4.8bq/kg
     小梅  9.9bq/kg


国立医薬品食品衛生研究所のデータ

福島県 桑茶(流通品)  390.0bq/kg 経過措置対象の可能性があるため調査中とのこと


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はCs137が17.1bq/kgですが、Cs134が<15なので、正しい数字かどうか分かりません。

茨城県の原乳はND。(Cs(134+137)が1.8bq/kg以下)

茨城県の鶏卵・豚肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

栃木県の原乳はND。(Cs(134+137)が5bq/kg以下)

群馬県・埼玉県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

千葉県の牛肉はND。(Cs134・137のそれぞれが12.5bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜はND。(Cs(134+137)が12bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が18bq/kg以下)

***************

長野県のデータは、おそらく間違い(符号の必要なデータと符号の不必要なデータが混在している可能性)だと思うのですが、厚生省のデータからの3bq/kg以上(飲料は3bq/kg以下も)が検出されたものを書き出すのが日課でございますので、一応書きました。ご承知くださいませ。

・・・間違いじゃなかったらドウシヨウ(汗)。

チェルノブイリの真実(写真)

子どもを育てている方で、これから子どもを産む方で、この現実から目をそらさないで下さい。
これはチェルノブイリ事故後の子どもたちの姿です。



チェルノブイリの子どもたち  (チェルノブイリの被害者)

image_chilid.jpg
同、サイトより写真をお借りしております。



煽るな! 不安になるだろうが!って方もいらっしゃるかもしれませんが

煽るのではなく
真実を伝えているだけなのです。合成でも嘘でもありません。
この写真の子どもたちの瞳に何を見ますか?


311後に原発事故が起こりました。
そして 野田政権は、原発終息宣言をだし、原発事故は無かったことにされようとしています。

本日、ニュースでは、福島県の夏の選抜高校野球予選は、グランドの放射能汚染を調べる事はしないとの報道がされています。
福島のグランドは、すでに、子どもたちが砂埃を吸いながら、活動をしていいレベルまで、汚染が軽減されたのでしょうか?

私は少年野球選手の母として このニュースに 怒りと悲しみと・・・大人として申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

日本では「疑わしきは罰せず」という言葉があります。
ですが
事、放射能に関しては、これでは、自分の体も 大切な人の体も 子どもの未来も守る事は出来ません。
「疑わしきは 受け入れず」という枷を自分に課さねば・・・

これって大丈夫? うんきっと大丈夫。だって流通してるものだから 安全だよねきっと・・・・の感覚では
自分も含めて、自分の大切な人を守る事はできません。

特に、子どもたち・・・

子どもたちは、年齢が低ければ低い程、放射能の感受性が高いと言われています。
これは、どんな「放射能おそるる事なかれ」の学者さんも認めている事です。

そう考えて行くと、 かなり・・・・気分が滅入ってしまいますが

最近、厚木市内や、清川村をシンチレーションやガイガーカウンターなどを持って計測をしていると
私たちがAAKを立ち上げた頃の 厚木市も愛川町も清川村だって・・・ひどく汚染されてしまってるのではないか!という考えが

すこしだけ変わりました。

実際に、シンチレーションで測ってみると、0.05マイクロシーベルト~0.10μSv/hシーベルトの場所が多く
大きく汚染されているって場所は 私達AAKはまだ発見する事ができません。

もし、発見したらば、すぐに役所(役場?)に連絡をして・・・除染なり移染なりしていただく
そしてブログにて注意喚起をさせていただくつもりで おりますが・・・空間線量的には・・・現在のところでは
ナーバスに もう引っ越すわ!って感じではないように思えます。

ただ、空間線量と、土壌の汚染はまた違った意味を持ちますので、
今後は、私たちの住む町 厚木市・愛川町・清川村の土壌の調査をしていただきたいと心から願っています。
私達AAKでも、皆さんが望む場所があれば、
座間の市民測定所さんを利用させてもらいながら、土壌の検査を進めて行きたいと思います。

本来ならば、行政側が私たちが口にする前に「市民・町民・村民」の為にやって下さると助かるのですが・・・

手間が惜しいのか? それとも 経費がかかるのか?

どちらにしても、私は行政が行う、原発事故前と同じような行事やお祭りよりも
まずは、市民が安心して暮らせるような街が一番基本だと思います。

まずは、汚染の度合いを知る事です。空間線量は、そんなに心配するほど高くないと分かったからこそ
次のステップに進み そして、 土壌の汚染も 安心だとしてくれるなら

私達は、内部被曝に対して、親として、真剣に向き合うことが出来るのです。

知らず心配するよりも
知って、その不安を取り除く努力。 私は 今後はこのスタンスで行きたいな・・・って思っています。

まずは、行政の方と一緒に、出来るように・・・お願いをしながら
自分自身も やれることから アクションしていきたいと思っています。

私達 AAKの地域が、安全か 安全ではないか?は 私にはわかりません。
ただ、パニックを起こす必要のない・・・・地域に現在はあるのではないかと思っています。

ですが

どこに暮らそうと 内部被曝への対策は必然です。
またスポット的に土壌が汚染された場所があるならば そこには 子どもは近づけたくありません。

心配しすぎだと考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・・

放射能の被害に置いては、 何が真実か・・・・ 何が正解なのかは
数年後には・・・・目に見えてくることです。
その時に、あぁ あの時に・・・・と 後悔するよりも、
一般人として 保護者として、可能な限りのことはやってきた・・・と思いたいのです。

その努力を 笑う方は笑えばいいと思いますし、悪く言う方がいらっしゃるのも 身をもって知っておりますが
正直、
私たち AAKにとっては、そんなことに 気を取られて 悩むよりも
より安全な食材探しで悩む方が・・・・いいな・・・・って気持ちでいっぱいです。

現実から目をそらさず
そして、事実以上を恐れ過ぎず・・・
チェルノブイリで起こった悲劇を教訓にしながら・・・みんな それぞれに 頑張っていきませんか?

出来る事からでもいいと思います。
私じしんも 完璧な防護なんて出来てないと思っています。
でも、やっぱり、すこしでも ひとつでも・・・・親や大人の努力で取り除ける リスクがあるなら

ひとつづつ・・・・やっていきたいな・・・・と思っています。

AAK かぼ 山村




2012/05/30 気になる食材(放射線量) 宮城・茨城・千葉・福島のお魚 

5/30発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第402報)

 岩手県 たけのこ  130.0bq/kg
     乾しいたけ(原木)  最大で1200.0bq/kg

 宮城県 茶(飲用)  最大で5.7bq/kg
     ミンククジラ  15.0bq/kg
     アイナメ  4.3bq/kg
     イシガレイ  20.0bq/kg
     ヒラメ  最大で57.0bq/kg
     マコガレイ  最大で14.0bq/kg
     マガレイ  最大で18.0bq/kg
     アオザメ  36.0bq/kg
     ネズミザメ  9.3bq/kg
     スズキ  最大で42.0bq/kg
     ヒガンフグ  32.0bq/kg
     ヌマガレイ  16.0bq/kg
     ナガヅカ  14.0bq/kg
     マダラ  13.0bq/kg

 茨城県 カタクチイワシ  4.8bq/kg
     エゾイソアイナメ  12.0bq/kg
     コモンカスベ  110.0bq/kg
     スズキ  25.0bq/kg
     チダイ  12.0bq/kg
     ヒラメ  12.0bq/kg
     マトウダイ  18.0bq/kg
     アユ  64.0bq/kg
     ウナギ  19.0bq/kg
     ヤマトシジミ  4.1bq/kg
     ヤマメ  最大で39.0bq/kg
     
 群馬県 牛乳(流通品)  11.0bq/kg
     発酵乳(流通品)  5.4bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で3.2bq/kg

 千葉県 イシガレイ(流通品)  3.3bq/kg
     ホウボウ(流通品)  3.6bq/kg
     マサバ(流通品)  3.9bq/kg
     チダイ(流通品)  4.4bq/kg
     アユ  最大で5.4bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で80.0bq/kg

 神奈川県 乾しいたけ  最大で54.0bq/kg

 新潟県 しいたけ(流通品・施設)  17.0bq/kg

 福島県 干し柿  27.0bq/kg
     乾燥うすひらたけ  4.6bq/kg
     乾しいたけ  54.0bq/kg
     たけのこ水煮  47.0bq/kg
     ドライフルーツ(桃)  49.0bq/kg
     ドライフルーツ(梨)  3.9bq/kg
     コウナゴ  8.7bq/kg
     アイナメ  最大で910.0bq/kg
     アオメエソ  9.2bq/kg
     イシガレイ  最大で78.0bq/kg
     イシカワシラウオ  17.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  最大で300.0bq/kg
     ギス  29.0bq/kg
     ケムシカジカ  34.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で330.0bq/kg
     シログチ  55.0bq/kg
     シロメバル  最大で710.0bq/kg
     スズキ  290.0bq/kg
     チダイ  40.0bq/kg
     ニベ  110.0bq/kg
     ババガレイ  最大で470.0bq/kg
     ヒラメ  最大で200.0bq/kg
     マアジ  47.0bq/kg
     マアナゴ  190.0bq/kg
     マガレイ  最大で87.0bq/kg
     マコガレイ  最大で120.0bq/kg
     マダイ  27.0bq/kg
     マダラ  最大で130.0bq/kg
     ミギガレイ  最大で13.0bq/kg
     ムシガレイ  66.0bq/kg
     メイタガレイ  85.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で25.0bq/kg
     ユメカサゴ  46.0bq/kg
     イカナゴ  最大で61.0bq/kg
     ウスメバル  最大で1500.0bq/kg
     カナガシラ  9.0bq/kg
     キアンコウ  9.1bq/kg
     サメバレイ  最大で33.0bq/kg
     ヒレグロ  7.4bq/kg
     マガレイ  最大で45.0bq/kg
     マコガレイ  55.0bq/kg
     ヒトエグサ(アオノリ・養殖)  12.0bq/kg
     アユ  最大で14.0bq/kg
     イワナ  最大で600.0bq/kg
     ウグイ  160.0bq/kg
     ヤマメ  最大で330.0bq/kg 
     ウド  5.4bq/kg
     ウワバミソウ  最大で20.0bq/kg
     たけのこ  83.0bq/kg
     ねがまりたけ  最大で27.0bq/kg

 産地不明 製造所:福島県 みそ  28.0bq/kg


<重箱の隅>

山形県・群馬県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

茨城県の養殖魚はND。(Cs(134+137)が2bq/kg以下)

群馬県の原乳はND。(Cs(134+137)が2bq/kg以下)

鹿児島県・長野県・北海道・長崎県・岡山県・兵庫県・京都府・宮崎県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が20bq/kg以下)

福島県の豚肉はND。(Cs(134+137)が12bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(Cs(134+137)が6.7bq/kg以下)

*****************

福島県沖では原発事故以降、沿岸漁業及び底びき網漁業が行われていないため、参考値として書き出している次第です。

そして、書き出すたびに猛烈に悲しくなる次第です(涙)。

お魚も引き続き注意ですが、加工品に更なる注意を払いたいと思います、味噌とか。

6月の給食用食材が、何か変わった!@厚木市 

6月分学校給食用食材の産地について(予定)をとじっくり見ると・・・ 

変化があります。この変化を大きいと思うか、小さいと思うか、それは個人の判断にお任せするとして、今日までこのサイトでネチネチネチネチ給食のことを書き続けた粘着質なayukumaは、まず「ありがとう」と言いたい気持ちです。

生しいたけの産地は、ずっと岩手県・新潟県でしたが、6月は新潟県だけになっています。

そして、オレンジの産地から、神奈川県が消えています。

さらに、レンコンは茨城県のほかに徳島県と宮崎県がエントリーです。西のレンコンは厚木市辺りではそう簡単には入手できないのですが、それでもきっと入手しようと思って下さっている・・・

客観的に見たら「小さな変化」なのかもしれませんが、この変化に大いに感謝しています。厚木市さん、ありがとうございます。防災無線ジャックして御礼を言いたい気持ちです。

個人差はあるかもしれないけれど、もちろん、もっとお願いしたいことはたくさんあるけれど、厚木市の皆さん、「何か変わった」と思いますよね?

2012/05/29 気になる食材(放射線量) え?鳥取県? 

5/29発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第401報)

 岩手県 セリ  120.0bq/kg
     たけのこ  85.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ(稚魚)  6.2bq/kg
     イカナゴ(親魚)  9.2bq/kg
     マイワシ  3.0bq/kg
     アナゴ  18.0bq/kg
     カナガシラ  最大で19.0bq/kg
     クロダイ  61.0bq/kg
     ショウサイフグ  25.0bq/kg
     シログチ  最大で41.0bq/kg
     スズキ  32.0bq/kg
     ソウハチ  17.0bq/kg
     ヒラメ  20.0bq/kg
     マガレイ  18.0bq/kg
     マコガレイ  28.0bq/kg
     マダラ  最大で30.0bq/kg
     ムシガレイ  31.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で26.0bq/kg
     アメリカナマズ  最大で180.0bq/kg
     ウナギ  最大で200.0bq/kg
     ゲンゴロウブナ  100.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で4.3bq/kg

 鳥取県 イワシ(流通品)  9.9bq/kg

 福島県 フキ  5.5bq/kg

<重箱の隅>

山形県・群馬県・愛知県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

長野県の牛肉はND。(Cs134が25、137が25bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜類はND。(Cs(134+137)が5.8~15bq/kg以下)

**************

大阪府で検査された鳥取県のイワシから9.9bq/kg・・・と厚生省のデータには確かにそう書いてあり、もしかして記号のつけ忘れかもしれないと思っているのですが、どうなのでしょうか????

2012/05/28 気になる食材(放射線量) 冷凍みかんの検査数

5/28発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第400報)

 宮城県 ヒラメ  230.0bq/kg

 栃木県 原木しいたけ(施設)  140.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で24.0bq/kg
     菌床なめこ(施設)  27.0bq/kg
     菌床まいたけ(施設)  5.1bq/kg
     菌床ヒラタケ(施設)  7.5bq/kg
     菌床ブナシメジ(施設)  最大で4.8bq/kg
     ハタケシメジ  3.1bq/kg
     たけのこ  10.0bq/kg

 群馬県 タラノメ  83.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で13.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  10.0bq/kg
     アユ  6.5bq/kg
     ヤマメ  最大で61.0bq/kg
     イワナ  最大で190.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で4.3bq/kg

 千葉県 梅  最大で18.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で9.5bq/kg
     ヒラメ(流通品)  3.6bq/kg

 東京都 荒茶浸出液  最大で3.2bq/kg

 神奈川県 冷凍みかん  最大で9.3bq/kg

 新潟県 菌床しいたけ  21.0bq/kg

 福島県 牛肉  最大で43.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

茨城県・青森県・栃木県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

北海道・山形県・群馬県・新潟県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下、またはCs(134+137)が25bq/kg以下。2種類の検査があったので)

宮城県・神奈川県・山梨県・千葉県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

*************

神奈川県産の冷凍みかんの検査件数があまりに多くて驚きました。81件ありました。

食品からの内部被曝を気にしている方は、柑橘類のセシウム含有量には敏感だったことと思います。なので、神奈川県産の冷凍みかんから検出されても「やはり」と思った方が大半だったのではないでしょうか。

1度検出されてから、慌てて数をこなすと言うのは・・・学校給食関係者さまの危機感の無さを良く表していると思うのです。

給食関係者さま、ぜひ「気になる食材シリーズ」を毎日ご覧くださいませ。

☆ayukuma☆

NHK取材で代弁したかったこと。


本日、ぴーちは、
NHK「あさイチ」に出演させていただきました。
ああ…緊​張していてやはり怪しかった。
かなり汚い家で申し訳なかったですが、(いつぞや転勤族なので、古​い賃貸に住んでますっ)

NHK特集


「あなたはどう考える? 被災地のがれき処理」


瓦礫の会の、 かぼちゃんと違って全然勉強にいたらないけども、
そもそものこの​問題は
原子力災害が起こったから、問題が生まれているということ。

そこが根底ですよね。。。

もし原子力災害さえ起こらなかったら、瓦礫問題もなく、復興まっ​しぐらで
子どもを守る会が各地で起こらなかった。

みんなが、市政と、教育者と戦わずして良かった。。。

命の署名で泣いて、傷ついて

無関心なお母さん(だって自然放射線量とかわんないんでしょうっていうお母さんたち)
に傷つくこともなかった。。。

内部被ばく研究が医師や医療者の間で立ち上がらなかったというこ​と。

もう過去のことのようになっているけど原子力災害は現在進行中で​。。。

報道ステーションも、四号機の問題を取り上げてきたので
やはり私はNHKさんにも国に逆らって頑張ってほしいってとこか​な。。。

私たち、子どもを守る会にとって、敵は国でもなく、東電でもなく
原子力災害に、無関心な、人々・・・・

お金を落とすことは、この国を復興させるとは思うんだけど。。。

「おかしいよね。。。事故も終わってないのに、再稼働いってるし
過去のことのように毎日スカイツリーで大騒ぎじゃん!」

九州の母たちから見ても。。。この国は異常だという。

福島にいる人々はお母さんは、妊婦さんは
「逃げようと思えば逃げられるのよ。。だけど、逃げられない状況​があるのよ。。と
涙ながしながら、いつか健康被害が子どもにふりかかるかもしれな​い」とおびえて暮らしている。
そして福島のお母さんたちは、九州​や北海道の食材に頼って生きていることを
忘れてはいけないんだと思う。。。。

食べて応援しようのCM、行って応援しようのCM。。。。

史上最悪の原子力災害が起きたのに、お気楽な日本。

福島お母さんたちは、福島のものは食べれないという。。。せめて
内部被ばくを避けてあげたいから。。。

かたほうでは、自分の子どもさえ守ればそれでいいのか!!!
という同じ主婦目線の私への抗議。。。。
九州の方でしたが。。。

私はあのFAXを送ってきた九州のかたへ。。。直接言いたい。

同じ九州の人として情けないと思う。

あなたたちができることは汚染を広げる恐れのある瓦礫を受け入れ​るのではなく
農協が必死になって汚染地の子どもたちのために
お米を作ってあげてほしい。
そしてたくさんの野菜や牛乳を安い値段で提供してほしい。。。

それが本当の絆・・・・

今、瓦礫処理問題で、海外がどんな風に見てるのか
日本人は知らない。。。

やはり根底に原子力災害が、人の絆をさき、恐ろしいことになると​いうことをまだまだ
知らないんだと思う。。。

私たち、子どもを守る会がなぜ、たちあがったか。。。

それは、その九州のお母さんが「自分の子どもを守ればそれでいいの​か・・・」

という言葉とは真っ向に、たくさんの子どもたちを救いたいから

たちあがっているのではないでしょうか。

本当に子どもだけでよいのであれば悪いけど

そっと過ごします。誰にも種まきせずにね。。。

私たちはそれができないんです。たくさんの子どもたちを見て
罪のない子どもたちを見て涙が出るんです。

大人の責任ってなんだろう。。。そう思うのです。

病気になったらすべて終わるのです。
病気の末期を病床から動けずに

母の手紙だけが頼りで、

そっと夜に泣いている

あの子たちを看てきたから。。。

絶対に私たちは負けたくないんです。

NHKさん。。。今度は子どもを守る会の特集組んでくださいね★

修学旅行は誰のため?

東日本大震災:がれき処理、県教委「正しい情報を」 北九州市への修学旅行延期で /愛媛
毎日新聞 2012年05月26日 地方版

松山市立日浦小学校が東日本大震災で発生したがれきを試験焼却した北九州市への修学旅行を延期したことを受け、県教委は25日、県内の各市町教委に対し、客観的な情報に基づく対応を求める通知を出した。

通知では、風評被害の拡大阻止や被災地への差別につながらないよう、管内の小中学校への適切な指導を要請。北九州市での試験焼却後の放射線量が受け入れ前と同レベルであることなどを示し、「児童や保護者に正しい情報を提供するなど、十分な理解が得られるよう努めること」を求めている。

県教委義務教育課によると、各市町教委への聞き取りでは他に修学旅行の延期や行き先変更の動きはないという。

http://mainichi.jp/area/ehime/news/20120526ddlk38040616000c.html

****************

修学旅行は誰のために行うのですか? 

行き先の観光振興のために子供たちを行かせるのですか? 

それとも学校や教育委員会の面子のために子供たちを行かせるのですか?

行き先を変更することが、このような報道で全国を駆け巡ります。この報道からは、県教委が日浦小学校を批判しているわけではありませんが、文字にならない部分で色々あるのかもしれないと、豊かな想像力で考えています。

責められるべきは、行き先を変更した子供たちではもちろんなく、変更を求めた保護者でもなく、変更を受け入れた校長でもありません。どうか日浦小学校の皆さまは、堂々と胸を張って笑顔で居続けてください。

ワタクシayukumaは、日浦小学校の皆さまの決断を強く支持します。

2012/05/25 気になる食材(放射線量)  エノキ・エリンギも 

5/25発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第399報)

 岩手県 マダラ  最大で39.0bq/kg
     スズキ  33.0bq/kg
     タラノメ  最大で95.0bq/kg
     たけのこ  最大で86.0bq/kg
     フキ  64.0bq/kg

 宮城県 ウグイ  34.0bq/kg
     ヤマメ  93.0bq/kg
     イワナ  46.0bq/kg
     アイナメ  最大で26.0bq/kg
     マガレイ  最大で17.0bq/kg
     ヌマガレイ  20.0bq/kg
     マダラ  79.0bq/kg
     マコガレイ  最大で12.0bq/kg
     ケムシカジカ  9.6bq/kg
     スズキ  最大で340.0bq/kg
     キアンコウ  最大で24.0bq/kg
     アブラツノザメ  7.7bq/kg
     マゴチ  32.0bq/kg
     マアナゴ  6.6bq/kg
     ヒガンフグ  最大で72.0bq/kg
     ヒラメ  6.3bq/kg
     ヒラメ(養殖)  43.0bq/kg
     クロアナゴ  3.6bq/kg
     カナガシラ  18.0bq/kg
     クロソイ  42.0bq/kg
     原乳  最大で0.4bq/kg

 栃木県 原木しいたけ(施設)  最大で41.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で23.0bq/kg
     原木乾しいたけ  最大で72.0bq/kg
     菌床エノキダケ(施設)  35.0bq/kg
     菌床マイタケ(施設)  最大で30.0bq/kg
     菌床ヒラタケ(施設)  6.2bq/kg
     菌床エリンギ(施設)  11.0bq/kg
     タラノメ  53.0bq/kg
     わさび(根茎)  最大で60.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で4.7bq/kg
     イワバミソウ  21.0bq/kg
     ニジマス  最大で59.0bq/kg
     ホンマス  18.0bq/kg
     ヒメマス  最大で180.0bq/kg
     カワマス  26.0bq/kg
     アユ  最大で39.0bq/kg
     ヤマメ  最大で70.0bq/kg
     ウグイ  最大で120.0bq/kg
     ワカサギ  18.0bq/kg
     サクラマス  22.0bq/kg
     ブラウントラウト  250.0bq/kg
     たけのこ  最大で73.0bq/kg

 群馬県 イワナ  8.1bq/kg
     茶(飲用)  最大で5.9bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で5.3bq/kg

 神奈川県 ニジマス  3.7bq/kg(@箱根町)
      オオクチバス  97.0bq/kg(@箱根町)

 福島県 フキ  4.6bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  22.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  6.0bq/kg
     さんしょう  37.0bq/kg
     たけのこ(流通品)  13.0bq/kg


国立医薬品食品衛生研究所のデータ

 群馬県 原木しいたけ(流通品)  94.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

山形県・北海号・群馬県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鹿児島県・京都府・長野県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

栃木県の原乳はND。(Cs(134+137)が4bq/kg以下)

埼玉県の原乳はND。(Cs(134+137)が0.8bq/kg以下、厳しく検査してくださってありがとうございます)

神奈川県のアユはND。(Cs(134+137)が13bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が19bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜はND。(Cs(134+137)が5.4~12bq/kg以下)

**************

気になるものの中でさらに気になるのが、栃木県のキノコ類のデータです。エノキやエリンギ、キノコの中でも比較的汚染の少ないものと見えていましたが、これらの数値から、決してそうではないのだと分かります。

修学旅行。直前でも変更が可能。

毎日新聞より転載

震災がれき:受け入れ北九州市への修学旅行を拒否
毎日新聞 2012年05月24日 20時54分

 松山市の日浦小(小野誠一校長、児童数44人)が、24日から1泊2日で予定していた北九州市などへの修学旅行を延期したことが分かった。北九州市が東日本大震災の被災地のがれきを受け入れたことで、保護者が「子供たちを行かせるのは不安」と反対したため、行き先を変更する方針を決めた。

 同校によると、修学旅行は6年生6人全員が参加。24日に広島市から北九州市の遊園地「スペースワールド」へ向かい、同市内で宿泊。25日に山口県を訪れる日程だった。

 しかし、北九州市が23日、宮城県石巻市のがれきを受け入れ、西日本で初の試験焼却を始めたため、6年生の保護者全員が反対し、学校側が延期を決定。児童には24日朝に説明した。小野校長は「安全を確認して説得したが、保護者の総意なので受け入れた」と説明している。【栗田亨】


全文を転載させていただきました。

修学旅行については、私たちAAKに置いても、何故?日光なのか?と・・・・ずっと訴えております。
先日、北九州で瓦礫の試験焼却が始まりました。
今回の、日浦小学校は、その試験焼却による 放射能の汚染に不安を覚えた保護者の声に
学校長が応えた形になります。


校長先生は安全を確認したと言うが・・・・
放射能による被害において、安全を確認できる状態に現在の日本はない。
保護者全員の総意というのが素晴らしいところ・・・
また、保護者の声があれば、やっぱり、学校長はそれに応えてくれるという希望がここにはある。

声を上げる保護者が増えれば、それはウネリとなる。
間違ったことは言ってない。

子どもたちの健康を害する「恐れ」がある。 それだけで理由は十分。
保護者の多くが声をあげるならば それで十分なのです。

厚木市・清川村の修学旅行に行く 保護者は
日光市が安全だと言ってるという説明を受け、学校側がそう言っているのだから
安全なのだ・・・と 学校長を信じ、教育委員会を信じ、そして・・・日光市を信じています。

私たちAAKも、本当は疑うよりも抗うよりも 信じる方がどんなに幸せかと思います。

悲しい事に
レベル7の原発事故、それはチェルノブイリに学ぶしかありません。
チェルノブイリでは、原発事故では数名の死者しか出さなかったと 国は言いますが
原発事故以前の テレビやマスコミの報道では
それは隠蔽された数値でしかないと・・・・チェルノブイリの真実を伝えてくれていました。

チェルノブイリでも、放射能の被害は・・・じわじわと現れ始めました。
私たちの暮す距離でも、実害はでています。
放射能は、体に害をもたらす物質です。それはどんなに、国が大丈夫と言おうと・・・変える事はできない事実です。

数年後の、我が子の健康と笑顔を思えば・・・保護者が
リスクを避ける事は 間違った事ではないのです。
難しい化学的な話や、放射能のデータはいりません。

不安だ! ただ それだけでいい。

そして、多くの方が声をあげればいいのです。

日浦小学校の保護者の「愛」に 敬意を表します。 

数年後に あれは ちょっと心配過ぎだったね・・・・・って 笑う方がいい。
数年後に あの時に本当は不安だったのにと・・・悔やむよりも ぜったいに そっちがいい。

修学旅行直前でも、学校長責任において、修学旅行って行先変更が出来るんですね・・・
いい事聞いた♪


学校給食用食材放射能濃度測定結果についてon2012/05/24@厚木市

学校給食用食材放射能濃度測定結果についてon2012/05/24@厚木市
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html

5/22には茨城県産のピーマン、岩手県産の鶏肉、秋田県産の干シイタケを測定してくださって、結果は不検出。

5/24には関東地方産のハム、長崎県産の芽ひじき、兵庫県産のレタスを測定してくださって、結果は不検出。

厚木市では検出限界値を10bq/kgと定めていますので、9.999bq/kgでも不検出です。

AAKでシイタケシイタケ連呼しているので、秋田県の干シイタケの測定は二度目です。キノコ類を率先して・・・と申し上げていますので、それに応えてくださって本当に嬉しいです。ありがとうございます!

秋田県産の干シイタケが二度のエントリーを果たしたのに対して、岩手県産の生シイタケは、まだ1度も測定していただいたことがございません。今のところ、長崎県や兵庫県の食材より、東北の食材(よりによってキノコ)が検査を優先されて当然だと思うのですが、こんな意見はマイノリティでしょうか?

不安を「不安だ」と言える人が居ます。

不安に思っていても、口に出せない人が居ます。

毎日、給食の献立表を見ながら、子どもに「今日はこれを食べないように」「あれを食べないように」と、心苦しく子どもに伝えている保護者が居ることを、厚木市さまはご存知ですか?

そして、保護者からそう言われた子どもたちが、「どうしてシイタケを残すの?」とクラスの子たちに尋ねられ、言葉を失ってしまっている現状をご存知ですか?

せっかく厚木市にはベクレルモニターがあるのですから、「保護者が心配している食材って何だろう?」と丁寧に考えていただいて、検査するものを決めてください。難しいことではないと思います。

AAKでは何も岩手県のシイタケから高濃度が検出されることを願っているわけではないのです。岩手県だから必ず汚染されているわけではないこと、良く承知しております。子どもたちの口に入るものが「安全である」と数値で見ることができたら嬉しいので、こうして書き続けている次第です。

安全を証明するためには、検査をする以外に方法は無いのです。検査をすることが唯一無二の方法なのです。

余計なお世話かと存じますが、「食材使用産地の実績」のページ
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d021284.htmlの一覧表の下にある
(注)現在、流通している農作物等は、検査結果により安全なものだけが市場に流通しております。
と言う文章は、削除することをオススメしたいです。すべての食品を検査できる体制が整って初めて公に使用できる文章です。

2012/05/24 気になる食材(放射線量)  お魚注意報発令中 

5/24発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第398報)

 岩手県 原乳  最大で3.7bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で10.0bq/kg(重箱の隅をご覧ください)

 宮城県 イワナ  最大で280.0bq/kg
     ウグイ  270.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ親魚  最大で13.0bq/kg
     カタクチイワシ  5.5bq/kg
     アカガレイ  10.0bq/kg
     アンコウ  16.0bq/kg
     イシガレイ  最大で13.0bq/kg
     カナガシラ  30.0bq/kg
     クロウシノシタ  15.0bq/kg
     クロダイ  19.0bq/kg
     シロメバル  78.0bq/kg
     ショウサイフグ  14.0bq/kg
     スズキ  最大で51.0bq/kg
     チダイ  16.0bq/kg
     ババガレイ  最大で13.0bq/kg
     ヒラメ  最大で42.0bq/kg
     ホウボウ  最大で50.0bq/kg
     マガレイ  最大で41.0bq/kg
     マコガレイ  最大で58.0bq/kg
     マゴチ  26.0bq/kg
     マダイ  最大で38.0bq/kg
     マダラ  最大で51.0bq/kg
     ムシガレイ  20.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  60.0bq/kg
     エゾアワビ  最大で5.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で26.0bq/kg
     アユ  最大で52.0bq/kg
     ウナギ  140.0bq/kg
     貝焼ウニ  21.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で13.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で3.9bq/kg

 千葉県 ヒラメ(流通品)  最大で17.0bq/kg
     ムシガレイ(流通品)  4.0bq/kg
     ブリ(流通品)  3.6bq/kg
     モツゴ(流通品)  22.0bq/kg
     ギンブナ(流通品)  29.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で8.2bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で69.0bq/kg

 福島県 パッションフルーツ  4.2bq/kg
     牛肉  最大で11.2bq/kg(重箱の隅をご覧ください)


<重箱の隅>

岩手県の牛肉は、Cs137が10bq/kgですが、Cs134が<7.7なので、もう少し高い「かも」しれません。

福島県の牛肉はCs137が11.2bq/kgですが、Cs134が<8なので、もう少し高い「かも」しれません。

茨城県の原乳はND。(Cs(134+137)が1.8bq/kg以下)

茨城県の豚肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

茨城県のメロンはND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

群馬県・千葉県・愛知県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

群馬県の原乳はND。(Cs(134+137)が3.4bq/kg以下)

京都府・兵庫県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜類はND。(Cs(134+137)が5.7~14bq/kg以下)

*************

・・・そんなこんなで、お魚注意報は継続して発令させていただいております。

修学旅行アクション! 日光からの手紙29

日光のチラシ最新版 29号 5/24日更新




5.17 大島さんからのメール


日光市は、安全なんで、あまり除染をやるとなると、汚染されていることがはっきり しちゃうんで、なるべく目立たないように考えているのでしょう。

日光市は、数日前、環境課に電話をして広報に掲載しないのかたずねると、「検討し ています」と、25日発行なので、間に会うはずが無いのですが…・・・間に合うの か聞くと、結局、間に合わないことになって、誤魔化しの回答がばれちゃいました。

結局、広報では、これまでと同じように「放射能」問題は、タブーで目隠しを進めるようです。

ぜひ、これからは、放射能の危険とともに、内部被ばくについて考えていけたらと思います。

 

昨日は、チラシ配布と署名で回っていて、80過ぎのおばあさん、娘家族と直売所に 買い物に行った際に、おばあさんが「これは検査してありますか安全ですか」と聞い たそうです。

そうしたら、直売所の人がいやな顔をして「安全です」と、そして、店 の2人が何やらヒソヒソ話で、娘さんがおばあさんに、「すごく恥ずかしくて、いた たまれなかった」言われたと。

おばあさんは、みんなの身体のことを心配して聞いた のに、娘からも悪者にされてしまったと、がっかりしていました。

なにも悪いことを言ったわけではないのに・・・。

何か、昔の生活と違ってきていて・・・。

娘に 言っても、孫に言っても、駄目だと・・。

ただ、娘さんの家族が狭い庭の芝生を取っ て、小さな畑にしてくれたので、ちょうどネギを植えていました。ここで小1時間も 話しました。

今の日本、特に日光は、昔の戦中と同じように、本当のことを言う人は 馬鹿扱い、悪者扱いにされるような世の中になっているので、少しずつ話をしていく しかないことなども、いろいろ話しました。

*直売所で聞くと、「検査はしていますから安全です」と、いいます。

しかし、よく聞くと、「栃木県でやっていますから・・・

栃木県は、初出荷の時に、各市町のJAに紹介してもらった農家1カ所から検体の野菜などを持ってきて、検査するだけです。何と、各市町1点です。これで安全ですか。

 

日光-放射能から子どもを守る会//おおしま




かぼ(山村)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日光市は一応安全です。

厚木市の教育委員会での会議で下記のようなやりとりがありました。

必死にメモを取ってくれていた。AAKの鮎くまちゃんと、ピーチ姫に大感謝です!

学校教育課長 


「周知のように、日光エリアは原発事故で、放射性 物質の環境汚染がいまだ心配されている地域であるため、関係の小 学校においては、三月26日、27日の校長会合同の下見を現地で 放射線量の測定を行っています。

修学旅行においては、最終的に、 各学校長が詳細を決めますが、教育委員会も支援をさせていただき ながら様々な情報を集め、各校慎重に計画をしています。結果とし て、空間線量がやや高い日光江戸村については見学コースから外し ています。先週すでに行った学校については事故なく無事に帰って きております。残る春の四校についても、秋の実施。

また情報を収集しながら、例年よりさらに慎重に実施についての取り組みを指導していきたいと思います。



学校総務部長



「今、日光は心配だという発言がありましたけれども、実はこれ、 いろんなところで数値が公表されておりまして一応、安全は確認さ れているというところです。ですが、保護者の心配の声があがりま して、再度計測のため校長会で視察し、線量を計測し、厚木市の基準、0.19μシーベルトを超える江戸村については、各校ともに 見学を除外し基準値を下回る安心したところに行く予定だというこ とをご承知おきください・・・・」

と言い直されたことで、教育課長は謝っていらっしゃいました。

 

ちょっと待ってくださいね。

まずは教育課長さん。

貴方の認識は正しいと思います。謝らないで下さい。

ですが、「すでに日光に行った子どもたちが無事に帰ってきた」との発言が私には理解できません。

無事であるか?

無事でなかったのか?

それは、放射能が目に見えない限り、また、ただちに影響がないと言われている限りは いつかは無事ではなくなる可能性がある事を認識していただきたいと思います。

日光江戸村が「やや高い」とおっしゃいますが、子どもたちにとっては非常に高いですよ。

やや・・・なんて言葉は使わないで頂きたい。

また、校長会や教育委員会が日光の放射線量の視察に行かれた時のデータの開示を心から願います。

そのデータの開示なくして、安全です。安全でした。と言われても困りますし、正直、写真データや映像データも必要だと思います。

そもそも、放射能の心配があり、調査に行かねばならない土地に 何をもって「修学旅行」に行かせたいのかが 私には理解ができません。

安全です。

安全です。

と謳う日光市では、この6月から 除染作業が始まります。

除染作業の本格的な書類を見ますと

なんとも・・・子どもたちが長時間を過ごす学校や園がこのような数値のまま手つかずになっている事を

知ってはいましたが・・・・それでも、大きな失望と怒りと悲しみを覚えずにいられません。

これが、日光へ修学旅行に来てもらう為には、子どもたちが通常通りの生活をしている所を見せなくては・・・の日光市議会発言そのものです。

 

考えられますか?

日光市では学校だけが汚染されてると思われますか?

ありえないでしょう。 そんなのありえたら鬼だし。

ありえないと考えれば、日光市は、市全体が除染対象になっているという認識をお持ちいただけるのではないでしょうか?

今後とも、慎重にそして、本当に「子どもたちを守る」という目線をもって、教育委員会には対応をお願いしたいです。

日光市が安全であるならば、除染は必要ありません。

また除染は移染といいます。除染により、もしかしたら、思わぬホットスポットが生まれる可能性もございます。

今後とも、子どもたちの「安全」を見つめて頂ければと心から願います。

私たち、心配している保護者は、教育委員会と戦いたいのではありませんし、また日光市が憎いわけではありません。

日光市の安全宣言には、一抹の不信感はぬぐえませんが・・・・

私たちは、「事実」を受け止めて、子どもたちに、修学旅行を放射能の心配などせずに楽しめる場所でのびのびと楽しんでほしいと願っています。

日本全国、今はどこでも放射能はあるとのお話しをされる方もいらっしゃいますが、

明らかに数値が高い場所。明らかに厚木市よりも危険とされる場所に、今行かせるべきではないと考えております。

 

次に学校総務部長様

わざわざ、日光市は安全であるかのごとく・・・言い直しを求めたんですね。

では総務部長さんにお伺いします。

日光市が「一応」安全とは どのような事でしょうか?

一応、とりあえず、ほぼ・・・だいたい・・・なんて 

子どもたちの「安全」に関わる事に 一応って言葉は・・・NGだと思います。

保護者の心配の声に応えて頂きありがたいとは思いますが、最初に安全ありきの計測では意味がありません。

また、教育委員会は保護者の心的な対応ではなく、子どもの「健康」に配慮をしていただくことを望みます。

応えて頂いた事は嬉しいのですが、何か微妙に・・・残念でなりません。

更に、言いますと、厚木市の基準値ではなく 厚木市の除染基準値です。厚木市の空間線量は現在では0.05-0.08μSv/hくらいです。

また法律的には、年間1mシーベルトとしており、内部被曝を除外して考えた場合には、0.114μSv/hシーベルトに相当します。


一つ、教育委員会に理解していただきたいのは

汚染は空間線量値だけで 安全とは出来ないと言うことです。

日光市の土壌の汚染が心配です。 これも、不安なので、測っていただけますか?

併せて、厚木市内の公共施設の汚染も計測してください。

せっかく 厚木市には測定器があるのですから・・・宜しくお願いします。

言葉だけの安全宣言ではなく、数値を開示した上での本当の安全をいただきたく思います。

AAKで、日光市の除染対象のポイント地図を制作しました。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl

数値をご覧ください。空間線量でこれだけ出てるんです。

土壌汚染は?って 思ってしまいますよね?

せめて、修学旅行生が立ち寄る場所の土壌汚染は調べて頂きたい。その数値がしっかりと開示されて、そして安心できる値であるなら

日光市が安全だと言われて文句は言えないな・・・と私は思います。

日光市の発表する値は私には信頼できませんので

是非、厚木市で土壌を検査して頂きたく思います。

2012/05/23 気になる食材(放射線量)  たくさんのお魚データ&学校給食のしいたけ 

5/23発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第397報)

 岩手県 牛肉  最大で12.2bq/kg(重箱の隅をご覧ください)
     わらび  15.0bq/kg
     原木乾しいたけ  最大で1200.0bq/kg
     原木生しいたけ  最大で440.0bq/kg

 宮城県 ヒガンフグ  最大で65.0bq/kg
     ババガレイ  最大で7.9bq/kg
     スズキ  最大で55.0bq/kg
     ヌマガレイ  32.0bq/kg
     マコガレイ  最大で11.0bq/kg
     イシガレイ  16.0bq/kg
     マガレイ  18.0bq/kg
     アンコウ  30.0bq/kg
     アイナメ  最大で4.0bq/kg
     マダラ  最大で44.0bq/kg
     スケトウダラ  4.1bq/kg
     マゴチ  54.0bq/kg
     ゲンコ  16.0bq/kg
     コモンカスベ  57.0bq/kg
     ネズミザメ  3.6bq/kg
     マアナゴ  3.8bq/kg

 秋田県 原木しいたけ(施設)  4.4bq/kg

 群馬県 小梅  最大で5.0bq/kg
     生めん(中華めん・流通品)  13.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で8.2bq/kg

 千葉県 マコガレイ(流通品)  4.4bq/kg
     チダイ(流通品)  9.2bq/kg
     マトウダイ(流通品)  12.0bq/kg
     コイ  56.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で79.0bq/kg
     ブリ(内臓部・流通品)  8.0bq/kg

 福島県 アイナメ  最大で460.0bq/kg
     イシガレイ  最大で290.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  最大で380.0bq/kg
     カナガシラ  最大で49.0bq/kg
     クロソイ  380.0bq/kg
     クロダイ  200.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で730.0bq/kg
     サメガレイ  14.0bq/kg
     シログチ  最大で18.0bq/kg
     シロメバル  370.0bq/kg    
     チダイ  13.0bq/kg
     ニベ  130.0bq/kg
     ババガレイ  最大で190.0bq/kg
     ヒラメ  最大で170.0bq/kg
     ホウボウ  最大で35.0bq/kg
     マアナゴ  最大で33.0bq/kg
     マガレイ  最大で540.0bq/kg
     マダイ  8.5bq/kg
     マダラ  最大で130.0bq/kg
     ムシガレイ  最大で21.0bq/kg
     ホッキガイ  27.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で96.0bq/kg
     イシカワシラウオ  13.0bq/kg
     キアンコウ  最大で13.0bq/kg
     ケムシカジカ  最大で240.0bq/kg
     スケトウダラ  最大で56.0bq/kg
     ヒラメ  最大で200.0bq/kg
     マツカワ  70.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で28.0bq/kg
     イワナ  最大で180.0bq/kg
     ウグイ  最大で120.0bq/kg
     コイ  最大で93.0bq/kg
     ドジョウ  9.7bq/kg
     ギンブナ  110.0bq/kg
     ヤマメ  最大で52.0bq/kg
     ぜんまい  340.0bq/kg
     ウワバミソウ  最大で26.0bq/kg
     ねまがりたけ  24.0bq/kg

 産地不明 製造所:岩手県  牛乳(流通品)  3.0bq/kg


国立医薬品食品衛生研究所のデータ

 静岡県 茶(飲用)  最大で1.2bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はCs137が最大で12.2bq/kgですが、Cs134が<15なので、もっと多いかもしれません。

秋田県・山形県・群馬県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鹿児島県・京都府・北海道・宮崎県・長崎県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

静岡県の牛肉はND。(Cs(134+137)が2.9bq/kg以下)


***************

宮城・福島のお魚データがたくさん出ました。海の汚染がいかに酷いか、良く分かります。

そして、岩手県の生しいたけは、またまたまた高濃度で検出されていますが、厚木市の学校給食では、ずーーーーーっと岩手県のしいたけを使用しているにも関わらず、一度も検査をしたことがございません。保護者で大いに心配されている方々が、ワタクシの周りにもいます。子どもに食べないように言っている方もいます。検査する食材を決めている皆さまにおかれましては、ぜひ、その「声なき声」に耳を傾けてくださると大変ありがたいのですが。

☆ayukuma☆

教育委員会定例会 傍聴パート2 

今日はすごい風と雨。。。久しぶりの寒さに体調悪くなりそうです・・・・。

今日は、私にとって二回目の教育委員会の傍聴。。。

人がすぐ好きになるぴーちは、先生になられた方が大好きになってしまう。。。

地域の人が大好きになってしまう。。。

一生懸命にされている姿を応援したくなる。。。

先生たちが大好きで、役員の仕事を引き受けたりしていたのに、

原発事故が起こってしまって以来。。。

どういうことが教育現場で行われているか確認しなくてはいけなくなってしまい

本当にそれはとてもとても、悲しいことだと思うのです。。。

大きな地震がきました。大きな津波がきました。

そして大きな原子力災害がおこりました。。

たくさんの命が失われて、被災地は復興に一生懸命です。

でも、必ずこのまま原子力災害をほっておくと

また悲しいことに小さな命から犠牲になってしまうのです。

それはチェルノブイリと同様の事故だからです。

今、各地で立ち上がった子どもを守る会の保護者も

きっと、「原子力災害が起こらなかったら。。。今頃復興に一生懸命だったろう・・・」

「こんなに修学旅行問題で先生たちに話をしに行ったり
署名を集めたり、理解のない人たちに一生懸命、骨身をけずって話をしたりと・・・そんなこともせずに、

楽しく、友達と子育てをしていたはずなのに。。。」

「原子力災害が起こらなければ、修学旅行をあきらめたりしなくてよくて、みんなと一緒のことを
やれたのに。。。」

そう思っていると思います。子どもを守る会の人たちは

過激な脱原発派じゃない、ふつうのお母さんでした。お父さんでした。。。

今。。。重い壁にみんなが疲れています。

それは教育委員会でもなく市政でもなく国でもなく

無関心な人々にです。

事故はまだ収束していません。いまでも原子力緊急宣言発令中です。

メルトダウンした、燃料はどこにあるのでしょう。

東京電力福島第一原子力発電所の1号機につい​て、独立行政法人が解析した結果、格納容器の中にある水が想定よ​り大幅に少ないおよそ40センチしかたまっていないとみられ、容​器の下のほうから水が漏れている可能性があることが分かりました​。

2号機に続いて1号機でも容器の下のほうからの水漏れの可能性が​出てきたことで、穴を発見して塞ぐ作業が、より困難になると懸念​されています。

独立行政法人、原子力安全基盤機構が1号機の格納容器の中の圧力​などをもとにコンピューターで解析した結果、内部の水が東京電力​が想定している2メートルより大幅に少ないおよそ40センチしか​たまっていないとみられることが分かりました。


今、国民の緊急事態宣言ではないのでしょうか・・・こんな時代は戦時中以来ではないですか??


日光目線の記事に、神奈川県からほぼ平年並みの約4万8千人が確保できているという。。。。という
記事があり。。。確保って言葉に   恐怖を感じてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教育委員会 傍聴  くまちゃん記事に加えて。。。

学校教育課長さん★ 「周知のように、日光エリアは原発事故で、放射性​物質の環境汚染がいまだ心配されている地域であるため、関係の小​学校においては、3月26日、27日の校長会合同の下見を現地で​放射線量の測定を行っています。修学旅行においては、最終的に、​各学校長が詳細を決めますが、教育委員会も支援をさせていただき​ながら様々な情報を集め、各校慎重に計画をしています。結果とし​て、空間線量がやや高い日光江戸村については見学コースから外し​ています。先週すでに行った学校については事故なく無事に帰って​きております。残る春の四校についても、秋の実施予定の学校も、
また情報を収集しながら、例年よりさらに慎重に実施についての取​り組みを指導していきたいと思います。」


学校総務部長さん★

「今、日光は心配だという発言がありましたけれども、実は、​いろんなところで数値が公表されておりまして一応、安全は確認さ​れているというところです。ですが、保護者の心配の声があがりま​して、再度計測のため校長会で視察し、線量を計測し、厚木市の基​準、0.19μシーベルトを超える江戸村については、各校ともに​見学を除外し基準値を下回る安心したところに行く予定だというこ​とをご承知おきください・・・・」

と言い直されたことで、教育課長さんは誤っておられました。

私たち保護者の前で、教育委員会が風評被害を言うな!とでも言わんばかりの
言い直しは、非常に残念で、私は、前者の課長さんはその通りのことをおっしゃったと
思っています。。。



先生たちを不快な気持ちにさせようとこの記事を書いているのではありません。

0.19μシーベルトが安全な値だと思うところの意識を変えてほしいのです。
決してこれは、低い値ではありません。そして、簡単計算でも
年間1㍉シーベルトで、0.11くらいを目安なのです。

0.19は、厚木市の除染基準なのをお忘れでしょうか・・・・

厚木市、空間線量計測しても、0,03~0.05を上回ることはいまのところ
ないのです。

先生たちは一人一人いい方だと思っています。

だけど、日光に本当の安全を求める、
土壌検査も要望せず、目先のことばかりにとらわれ​る先生たちは
勉強不足だということを認識してほしいのです。日光の方々は大事な人たちです。
ですが、この神奈川の子どもたちを守ることを先決にしてこそ本当の意味での防災なのです。

原子力災害からの防災という意識に変えてほしいのです。

自分の地域は自分で守らなければ遠くの家族や他人すら助けてくれません。

だけどね・・保護者が何にも言わないから、安心して行って帰ってきたよ。。。。

というような、あの言葉は言うべきではありませんでした。

我慢して、言えない保護者がいることも理解してください。


そして、日光へ、苦しく頼みにくいことだとも思いますが、

まず第一に子どもたちの安全を一番に

日光への土壌汚染の情報の開示をお願いしてほしいのです。

千葉、埼玉でも一部で10万ベクレル強のセシウム蓄積量があるところがあります。

残念ながら、日光もチェルノブイリ区分でいう3.7万ベクレル/m2以上の

放射線管理区域(放射線被ばくの恐れがある管理が必要とされる区域)があることでしょう。。

今は線量を計測して判断する時代ではないのです。核種もはかってほしいです。
原発事故で、自然放射線と違うウランやプルトニウム、ストロンチウムが
飛び出したからです。

ここにちょっと怖い回答がありますので、見てください。


日光の放射線に関する質問

日光観光協会における質問において委託された業者が答えたものだそうです。。

そこに生活する方を軽視する言葉に恐怖を感じてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、教育科に立ち寄り、プールの水質検査と、お掃除をしてく​ださり
ありがとうございましたと伝えてきました。今日は寒い中、お掃除のお手伝いに行かれてたんだと
おっしゃいました。。。何かお手伝いできることがあれば、
保護者にも声をかけてくださいね。。一緒に考えていきたいんです。

私たちはお願いだけでなく一緒に安全を確保したいんだと話しました。

その後、せっかく厚木市では、ATOMTEX社製AT1320A​を購入してくれたので
線量を計測する時代ではないので
土壌汚染をすべての小学校、保育所、幼稚園、中学校などの
学校を調べてあげてくださいと話しました。

もしわからないことがあれば、これから私たちも市民測定所でいろいろ勉強をしたいので
情報も共有したいと話してきました。。。

優しい教育委員会の指導係りの方で、いろいろと聞いてくださりました。。。

「原発事故のおかげで、余計な仕事が増えてしまい、先生方にとっても生活しにくいめんどくさい世の中になりま​したが 一緒に協力して子どもたちを守っていきましょう」
と話してきました。私たちは何でも一緒にお手伝いしたいんですと。。

願いはいつになるかわからないけど、時々お願いに伺おうと思いま​した。

みんなで情報を共有し、これから。。。を考えるときになってきた​のだと
思います。県央地区一番に、子育て一番の環境を市民と作っていき​たいです!!



ぴーち  命の叫び

2012/05/22 気になる食材(放射線量)  基準値overの豚肉 

5/22発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第396報)

 茨城県 茶(飲用)  最大で19.0bq/kg
     れんこん(流通品)  14.0bq/kg

 神奈川県 原木しいたけ  最大で610.bq/kg(@相模原市)

 宮城県 ヒラメ(流通品)  22.0bq/kg

 福島県 サヤエンドウ  4.5bq/kg
     茎ブロッコリー  4.2bq/kg
     豚肉  最大で110.0bq/kg
     鶏肉  最大で6.6bq/kg


<重箱の隅>

青森県・山形県・茨城県・群馬県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜・肉類はND。(Cs(134+137)が5.2~16bq/kg以下)

***********

福島県の豚肉ですが、郡山市の6件の検査でセシウムが検出、上記の110bq/kg以外を並べると78、58、49、41、11bq/kgです。いずれにしても高い濃度です。また、鶏肉も6.6bq/kgなので、検査済みのものを購入するか、それが無理であれば産地を気にして購入する以外に気をつける方法はございません。

茨城県のお茶、飲む状態で19bq/kgは基準値overでございます。

相模原市のしいたけも、セシウム含有量は多めであることが分かります。

毎日、この食品データを見ていると、本当に色々と分かってくるのです。全国の学校給食に携わっている皆さまに本気でオススメしたい「厚生省のデータだけでいいから、毎日見て!」なのです。

2012/05/22 教育委員会定例会の様子@厚木市

教育委員会を傍聴して参りましたので、レポートいたします。いつも通り、必死でメモしてきましたが、間違っているところや勘違いしていることなどあるかと思いますので、後日、市のWebサイトに載る議事録で確認していただくことを前提に、メモを解読いたします。ミスタイプなど、ご容赦くださいませ。なお、本日は新川委員が欠席でございました。

特にAAKで繰り返しお願いをしている部分について書き出します。

報告事項4-5 給食用食材の放射性物質の検査結果について

教育総務次長:
学校給食・保育所給食が安心して食べられるように、また保護者の安心のために、市で測定器を購入し、南部給食センターに設置、検査を開始した。検査品目については、学校給食課長が選定している。ご覧の通り、すべてにおいて不検出。結果については、1ヶ月分をまとめて通知していて、HPにも載せている。
参考資料として、プールの放射性物質についても測定。ともに保護者の不安に答えるため。小学校3箇所、中学校4箇所で実施。清掃前・後、不検出。空間線量については、22箇所の定点観測を行って結果を公表している。

山本委員:
これだけ調べていただけて不検出、ホッとしている。このような形で実施している近隣の自治体・教育委員会はどの程度ある?どこでもこれくらいしている?

給食センター所長:
学校給食用食材の測定は、県下各地で実施、県外の各地も実施している。

学校教育総務部長?課長?:
市独自で計測、または専門業者に委託、色々なケースがある。自慢するわけではないが、今後、保育所用にもう一台測定器を購入して、2台で検査をする。県の状況については、県として2台の測定器を購入、1台は県央地区に配置するが、いつ・どこには不明。近隣は秦野市・相模原市・逗子市・藤沢市なども実施している。

山本委員:
色々な条件整備、大変だったと思う。これからも少しでも保護者が安心できる環境作りに努力して欲しい。

難波委員:
プールに関して測定の報告があったが、保護者にはどのように通知しているのか?

学校施設課長:
プールは清掃前・後、水を採取して実施、そして不検出。保護者には各学校に結果を通知、HPにも載せている。

(どちら様なのか分かりません):
プールの清掃について。汚泥を子供たちに触らせたくない保護者の不安から、いつもなら子供たちが清掃するのだが、今年はやらせないで、教職員だけでなく市の職員も一緒に行っている。人手不足の中、先生たちと一緒に高圧洗浄器で清掃。各学校から要請があれば職員が出向いて学校の支援をする。

(どなたか・・・委員):
ありがとうございます。

山本委員:
各学校から経過を保護者に学校便りなどでもいいので知らせてもらえると安心が伝わる。経過・努力が伝わらないとそれまで、連携をお願いします。

(どちら様でしたっけ?):
保護者に対する周知を徹底する。学校も教育委員会も取り組んでいることを伝えたい。


報告事項4-6 市立小学校における修学旅行の実施状況について

教育課長:
春の実施は玉川小・相川小・森の里小・愛甲小・厚木小、日光エリアは放射線の心配がされているので、3/26-27に校長会主催の下見が行われた。現地において測定、実施について各校が詳細を決定、慎重に計画を立てた。いずれの学校も日光江戸村を見学コースから外して実施。すでに実施した玉川小から、無事に帰校したと報告。春は残り4校が実施予定。必要かつ有益な情報収集をして、例年よりさらに慎重な取り組みを。

(どちら様?):
色んなところが数値を公表し、安全は確認したが、保護者が不安なので、3月に実際に測ってきた。この中で、日光江戸村だけは厚木市の設定している0.19μSv/時を超えたので、こちらはコースから除外、どこの学校も江戸村は外した。0.19μSv/時以下の安心できるところを見学。

山本委員:
修学旅行の実施については、県・市・教育委員会・学校が、様々な角度から検討されていることと思う。この実施について、保護者にはどのように説明を?

学校教育課長:
修学旅行の実施にあたって、例年よりさらに詳しく説明を行ってきた。線量を測定し、保護者に通知、あるいは説明会。通常、学年主任が説明を行うが、今年は校長が説明を行うなどした。保護者が少しでも不安をなくし子供を参加させられるよう頑張っている。実施した学校からは、問い合わせや不安の声は無いと聞いている。

山本委員:
他に教育活動がたくさんある中で、時間をかけてくれていることに感謝。保護者が安心・理解して子供を参加させらるように努力を続けて欲しい。

委員長:
他にないようなので終わります。

*****************

少しだけ書かせていただきます。

給食の検査について、以下の質問が無かったことが残念です。
・市で購入した測定器の価格や特性について
・他の自治体が購入している機器について
・測定する食材を選ぶ際の基準
・検出限界値について

日光については、手元にあった資料を拝見しましたが、厚木市の校長会で実施した下見の際、厚木市の線量計(HORIBAのRadi)を持っていったとのことでしたが、資料に記載されていた数値は、Radiで計測したのは佐野インターと川口インターのみ、他の場所は日光市の所有している日立アロカで測定した結果でした。江戸村以外の場所での測定は、最高値で0.18μSv/時、江戸村の最高値は0.42μSv/時でした。

そして、お読みいただいてお分かりになるかと思いますが、「保護者の安心のため」と言う言葉が耳に残りました。保護者のためでなく、どうか「子供たちの健康・将来のため」と言うことをがっつり・どっかり頭に置いていただいて、全力を注いで下さると嬉しいと心から思いました。

以上、加筆・修正がある場合、一緒に傍聴した方、バシバシやってください。

☆ayukuma☆

2012/05/21 気になる食材(放射線量) 浸出液とは?&厚木市の給食検査について 

5/21発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第395報)

 岩手県 わらび  100.0bq/kg
     フキ  100.0bq/kg
     セリ  120.0bq/kg
     原乳  最大で3.7bq/kg

 宮城県 ヤマメ  21.0bq/kg
     ウグイ  59.0bq/kg
     コシアブラ  67.0bq/kg
     ぜんまい  79.0bq/kg
     タラノメ  32.0bq/kg
     スズキ  最大で95.0bq/kg
     ヒラメ  最大で36.0bq/kg
     ヒガンフグ  最大で100.0bq/kg
     アイナメ  4.5bq/kg
     マガレイ  3.4bq/kg
     イノシシ肉  最大で92.0bq/kg
     クマ肉  35.0bq/kg

 福島県 たけのこ(流通品)  28.0bq/kg

 栃木県 ウワバミソウ  最大で210.0bq/kg
     モミジガサ  66.0bq/kg
     ミョウガ  34.0bq/kg
     フキ  11.0bq/kg
     ウド  4.6bq/kg

 群馬県 原木しいたけ(施設)  最大で16.0bq/kg

 埼玉県 小梅  4.2bq/kg
     ウグイ  20.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で5.7bq/kg

 千葉県 ヒラメ(流通品)  6.2bq/kg
     ブリ(流通品)  6.2bq/kg

 東京都 荒茶浸出液  最大で5.4bq/kg

 産地不明 製造所:静岡県  茶(飲用・流通品)  最大で3.4bq/kg


<重箱の隅>

青森県の食品は、野菜から魚から全部ND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

宮城県・茨城県・北海道・青森県・福島県・新潟県・山形県・群馬県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

***************

「荒茶浸出液」と言う見慣れない言葉が出てきましたので調べてみたところ、「荒茶を30倍量の湯(90℃)で60秒間浸出させ、40メッシュの茶こしでろ過した浸出液」とありました。つまり、「飲用」のお茶のことでした。

以下は厚木市の方々にご連絡いたしますが、給食用食材の検査は、またまた不検出の文字が並び、それはつまり10bq/kg未満のことですが、9.9999bq/kgでも不検出であって、その辺りはいかがなものかと思いつつ、測ってくださった食材も、徳島県産のニンジンと神奈川県産の小松菜が二度目のエントリーを果たし、岩手県産のしいたけは一度も測定されていないと言う事実を、一体どのように捉えるべきなのか、今日も悩むayukumaでした。

2012/05/18 気になる食材(放射線量) 基準値overのお茶と気をつけたい大豆 

5/18発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第394報)

 岩手県 マダラ  最大で75.0bq/kg
     ウグイ  7.1bq/kg
     姫たけのこ  7.4bq/kg
     ボウナ  37.0bq/kg
     乾しいたけ(流通品)  23.0bq/kg

 宮城県 スズキ  150.0bq/kg
     イノシシ肉  最大で190.0bq/kg
     大豆(流通品)  95.0bq/kg

 山形県 ヤマメ  18.0bq/kg
     ウグイ  17.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ  最大で6.1bq/kg
     ブリ  最大で9.0bq/kg
     アイナメ  46.0bq/kg
     アカエイ  64.0bq/kg
     アナゴ  6.9bq/kg
     イシガレイ  15.0bq/kg
     カナガシラ  18.0bq/kg
     コモンカスベ  39.0bq/kg
     コモンフグ  26.0bq/kg
     ショウサイフグ  最大で53.0bq/kg
     シログチ  最大で210.bq/kg
     シロメバル  最大で83.0bq/kg
     スズキ  最大で61.0bq/kg
     チダイ  7.3bq/kg
     ニベ  99.0bq/kg
     ヒラメ  最大で35.0bq/kg
     マコガレイ  最大で23.0bq/kg
     マゴチ  31.0bq/kg
     マダイ  16.0bq/kg
     マダラ  31.0bq/kg
     ムシガレイ  27.0bq/kg
     メイタガレイ  10.0bq/kg
     キタムラサキウニ  8.7bq/kg
     アユ  最大で19.0bq/kg
     アメリカナマズ  110.0bq/kg
     ウナギ  120.0bq/kg
     ギンブナ  最大で84.0bq/kg
     シラウオ(淡水)  19.0bq/kg
     テナガエビ  31.0bq/kg
     ワカサギ  26.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で8.6bq/kg

 栃木県 アユ  最大で55.0bq/kg
     ヤマメ  最大で16.0bq/kg
     ウグイ  最大で79.0bq/kg
     ゲンゴロウブナ  16.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で24.0bq/kg

 千葉県 茶(飲用)  最大で14.0bq/kg
     キンメダイ(流通品)  4.5bq/kg
     マサバ(流通品)  6.7bq/kg

 福島県 菌床しいたけ(施設)  9.1bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で29.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  31.0bq/kg
     たけのこ  65.0bq/kg
     ねまがりたけ  8.2bq/kg

 産地不明 加工乳(流通品)  4.0bq/kg

<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

山形県・群馬県・福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

****************

検査方法が変わって、今年は圧倒的に安全PRの新茶ですが、飲用で検査をしても基準値を超えるものが出てきました。残念ですが、栃木県の24bq/kg、千葉県の14bq/kgは基準値overでございます。

そして、宮城県の大豆95bq/kgが流通していたのですね・・・ お豆腐・厚揚げ・油揚げ・おしょうゆ・きなこ・味噌・ゆば・おから等、今後、加工品にはいっそうの注意が必要かと思われます。

食材選びが大変ですが、宝探しをするような気分で楽しく頑張りましょう!

☆ayukuma☆

諸外国の規制措置(2012/05/17)

諸外国・地域の規制措置(平成24年5月17日現在

日本の食品全般を輸入停止にしている、場所により検査証明書を要求。

世界の人々は「食べて応援」してくれません。

ぜひお買いものの参考に☆

2012/05/17 気になる食材(放射線量) 神奈川県のお茶を詳しく 

5/17発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第393報)

 北海道 マダラ(流通品)  最大で14.0bq/kg

 岩手県 コシアブラ  150.0bq/kg
     コゴミ  18.0bq/kg
     ぜんまい  260.0bq/kg
     わらび  37.0bq/kg
     牛肉  最大で50.0bq/kg
     タラ(流通品)  18.0bq/kg

 宮城県 原木しいたけ(露地)  190.0bq/kg
     ウグイ  110.0bq/kg
     イワナ  最大で530.0bq/kg
     ヤマメ  110.0bq/kg
     マコガレイ(流通品)  16.0bq/kg
     カワガレイ(流通品)  17.0bq/kg

 福島県 大根と梅干の酢漬  7.8bq/kg
     たけのこ水煮  最大で19.0bq/kg
     エゴマ油  3.7bq/kg
     エゴマ粉末  最大で45.0bq/kg
     とちもち  最大で31.0bq/kg
     梅干(流通品)  53.0bq/kg
     たけのこ(流通品)  48.0bq/kg

 栃木県 さんしょう  270.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で6.5bq/kg

 千葉県 モツゴ(流通品)  24.0bq/kg
     スジエビ(流通品)  26.0bq/kg
     ホウボウ(流通品)  14.0bq/kg
     ショウサイフグ(流通品)  6.7bq/kg
     スズキ(流通品)  5.5bq/kg

 東京都 原木しいたけ(施設)  30.0bq/kg

 神奈川県 茶(飲用)  最大で4.7bq/kg(後ほど詳しく書きます)
      マサバ(流通品)  17.0bq/kg

 茨城県 さつまいも(流通品)  4.4bq/kg


<重箱の隅>

茨城県の原乳はND。(Cs(134+137)が1.7bq/kg以下)

群馬県・千葉県・埼玉県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

群馬県の原乳はND。(Cs(134+137)が2bq/kg以下)

静岡県の茶(飲用)はND。(Cs(134+137)が1.8bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の野菜類・牛肉はND。(Cs(134+137)が17bq/kg以下)

****************

神奈川県のお茶(飲用)について、産地市町村別に最大値を書き出します。
 相模原市 2.7bq/kg
 厚木市 3.9bq/kg
 愛川町 3.0bq/kg
 清川村 4.7bq/kg
 伊勢原市 2.3bq/kg
 中井町 最大で0.9bq/kg
 松田町 最大で2.1bq/kg
 大井町 0.8bq/kg
・・・でした。

学校給食の「しいたけ」

2012/05/16付の「気になる食材」をご覧ください。
http://atsugichild.blog.fc2.com/blog-entry-376.html

偶然、岩手県・新潟県のしいたけの結果が出ていました。厚木市の学校給食で使用しているのが、この2県のしいたけです。

岩手県(原木)では最大で800bq/kgの、新潟県(菌床)では最大で21bq/kgのセシウムが検出されています。給食からどうしてもキノコ類を省くことができないようで(理由は全く分かりません)、この組み合わせで使用を続けています。2300bq/kgのセシウムが検出された月も、「うちの給食で使うキノコは大丈夫かな?」と言う疑問を持っていただけなかったのが非常に残念です。

せっかく市でベクレルモニターを購入してくださいましたが、しいたけを計測してくださったことが一度もありません。検査できる数が限られているのは存じております。でも、佐賀県産のタマネギは2度も測定してくださいました。保護者の心配がどこにあるかと言えば、一番先に思いつくものが、この「しいたけ」ではないでしょうか。

食材の測定、本当にありがたいことと感謝しています。専門の職員さんが・・・居る気配はなく、どなたか職員さんが試行錯誤しながら計測しているのではないかと想像しています。Atomtexを使用している測定室や、個人で測定されている方も大勢いらっしゃるわけですが、皆さん、すっっっごくお勉強されています。同じ機器を使用する者同士がネット上で情報を共有し、正確に測定をするために、多大な努力をしている姿には頭が下がります。それが何を意味するのかと言えば、それだけ真剣に勉強しなければ、きちんと測定できないと言うことです。

子どもたちの未来は、今の大人たちの手にあるのです。こんなに酷い状況の中で成長しなければならない子どもたちには、心から申し訳なく思います。その申し訳ない思いを、少しでも減らすことができるとしたら、それは「今できる最善のことをする」以外に無いと思うのです。

2012/05/16 気になる食材(放射線量) お魚のデータがたくさんございます 

5/16発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第392報)

 青森県 マダラ  最大で23.0bq/kg

 岩手県 ミズナ  130.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で800.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で55.0bq/kg

 宮城県 たけのこ  最大で90.0bq/kg
     ねまがりたけ  88.0bq/kg
     マガレイ  18.0bq/kg
     カナガシラ  19.0bq/kg
     イシガレイ  最大で48.0bq/kg
     ヒラメ  71.0bq/kg
     マコガレイ  28.0bq/kg
     アイナメ  77.0bq/kg
     マアナゴ  9.4bq/kg
     コノシロ  5.1bq/kg
     ケムシカジカ  11.0bq/kg
     ネズミザメ  20.0bq/kg
     ヒガンフグ  最大で37.0bq/kg
     キアンコウ  4.4bq/kg
     クロアナゴ  4.9bq/kg
     スズキ  570.0bq/kg
     ぜんまい  130.0bq/kg
     梅干  12.0bq/kg
     ブルーベリージャム  11.0bq/kg
  
 茨城県 アナゴ  33.0bq/kg
     ウスメバル  90.0bq/kg
     クロソイ  55.0bq/kg
     シログチ  23.0bq/kg
     シロメバル  83.0bq/kg
     ババガレイ  最大で4.8bq/kg
     ヒラメ  11.0bq/kg
     マダラ  23.0bq/kg
     エゾアワビ  3.4bq/kg

 栃木県 わらび  最大で620.0bq/kg
     ウワバミソウ  56.0bq/kg
     モミジガサ  13.0bq/kg
     フキ  3.6bq/kg
     ヤマメ  最大で74.0bq/kg
     ウグイ  最大で110.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で4.2bq/kg

 千葉県 ヒラメ(流通品)  21.0bq/kg
     スズキ(流通品)  6.9bq/kg
     サバ(流通品)  3.8bq/kg

 新潟県 菌床しいたけ(流通品)  21.0bq/kg

 山梨県 原木しいたけ(流通品・露地)  最大で30.0bq/kg
     菌床しいたけ(流通品)  最大で3.7bq/kg
     菌床まいたけ(流通品)  7.5bq/kg

 福島県 わらび  最大で400.0bq/kg
     ぜんまい  最大で37.0bq/kg
     ウワバミソウ  最大で4.7bq/kg
     タラノメ  最大で41.0bq/kg
     クサソテツ  最大で6.8bq/kg
     コシアブラ  最大で1800.0bq/kg
     コウナゴ  7.2bq/kg
     アカシタビラメ  140.0bq/kg
     アイナメ  最大で1300.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  最大で570.0bq/kg
     カナガシラ  31.0bq/kg
     キアンコウ  35.0bq/kg
     クロウシノシタ  170.0bq/kg
     クロソイ  100.0bq/kg
     ケムシカジカ  最大で36.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で680.0bq/kg
     サブロウ  480.0bq/kg
     シログチ  53.0bq/kg
     シロメバル  最大で290.0bq/kg
     ソウハチ  24.0bq/kg
     ババガレイ  最大で1100.0bq/kg
     ヒラメ  最大で150.0bq/kg
     ホンガレイ  70.0bq/kg
     マアナゴ  最大で230.0bq/kg
     マガレイ  最大で46.0bq/kg
     マコガレイ  最大で190.0bq/kg
     マゴチ  310.0bq/kg
     マダイ  38.0bq/kg
     マダラ  最大で120.0bq/kg
     ムシガレイ  59.0bq/kg
     ユメカサゴ  20.0bq/kg
     ホッキガイ  24.0bq/kg
     アワビ  7.5bq/kg
     キタムラサキウニ  270.0bq/kg
     アカガレイ  最大で24.0bq/kg
     イシガレイ  最大で100.0bq/kg
     ウスメバル  270.0bq/kg
     ギス  9.5bq/kg
     スケトウダラ  最大で55.0bq/kg
     スズキ  最大で89.0bq/kg
     ハツメ  8.6bq/kg
     メイタガレイ  32.0bq/kg
     イワナ  最大で190.0bq/kg
     ヤマメ  最大で110.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Sc134が15、137が10bq/kg以下)

宮城県の野菜類はND。(Cs(134+137)が11bq/kg以下)

宮城県の牛乳(流通品)はND。(Cs(134+137)が7.3bq/kg以下)

宮城県のヨーグルト(流通品)はND。(Cs(134+137)が14bq/kg以下)

山形県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

栃木県のはちみつ(流通品)はND。(Cs(134+137)が13bq/kg以下)

群馬県の野菜類はND。(Cs(134+137)が11bq/kg以下)

佐賀県・鹿児島県・京都府・三重県・長野県・宮崎県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が19bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(Cs(134+137)が7bq/kg以下)

*****************

お魚のデータがたくさん出ました。野菜もお肉もそうでしょうが、お魚のデータと言うのも、データの向こう側に見える汚染状況を知るのに大変役に立ちます。

セシウムの含有量には個体差が大きく、また県内でも漁場によって差があるようで、「○○県産」と言う表示を元に安心して買い物を。。。と言う気持ちには至らないのですが、信じられないほど海が汚染されてしまったことだけが明確に分かります。

ありがとうございます★

厚木市ホームページに、プール測定のことをUPしてくださいました★

先生たちの意識が無駄な被ばくを防ぐということに手をかけてくださることは

本当に安心できてうれしくなってしまいます。。。

ATOMTEX製AT1302Aでプールのお水を計測してくださりました。。

厚木市ホームページより・・・。

検出下限値を10ベクレル/キログラムと定め測定しております。
放射能濃度が10ベクレル/キログラム未満の場合は「不検出」と表示しています。
(参考)水道法による水道水中の放射性物質の管理目標値: 放射性セシウム10ベクレル/キログラム
文部科学省ホームページ「福島県内の学校の屋外プールの利用について(平成24年4月10日)」

小学校プール測定

情報を公開してくださるのは保護者にとってすごくすごく
安心できる材料になります。

土壌検査をすることは、やはり安心につながりますので

要望だけ聞いてもらえるかお願いしてみようと思います。

事故から、一年二か月。。。線量ではなく土壌検査で、安心が得られると住んでてみなさん

安心するのではないでしょうか♪本当にありがとうございます★

みんなで子どもたちを守りたいですね★

原点に戻る・・・。

昨日は、お忙しい中、若いママさんたちにも来ていただいて
本当にありがとうございました★

もっと心配ごととか共有できたらよかったです。もっと次回は動画を見る会とかにも
つなげていきたいと思います。

またぜひぜひいらしてくださいね★

最近、おちびちゃんたちが走り回るのを見てると
ぷくぷくしたお手手や、まあるいあんよ・・・。

かわいくてかわいくて。。。

見てるだけで泣けてきちゃうのです。年とったかなぁ。。

とある学校で子どもたちの写真集動画を見せていただいたとき

「私。。。。このかわいい子どもたちの笑顔を守りたいだけなんだよなぁ。。。」

たったそれだけなのに・・・ってフィルム見ながら、号泣したことがあります。

「どうしてこんなに辛い思いをしなくてはいけなくなったんだろう。。。

原子力事故がなければ、こんな思いをしなくてすんだのに・・・・・」




NHKより、子どもを守るお母さんとして取材を受けたぴーちです。。。。

テーマは広域瓦礫処理でした。どんな風にとらえてもらえるのかはわかりませんが、

心配するお母さんを代表する声を出せたらいいと思っています。

広域瓦礫処理。。。現地の声が聞こえてきません。

原子力災害がなかったら、きっといろんなことが復興していたと思います。

人と人との絆を奪うのが、原子力災害です。

今は、現地の方と、瓦礫を受け入れないと心配する住民との絆を裂いている気がしています。

「汚染されていないのに、なぜ引き受けられないのか・・・」

「汚染されていないのに、なぜ食べて応援しないのか?。。。。」

「風評被害だ!!」

汚染されました。。。。

東日本は汚染されたのです。輸出規制もかかっています。

農業に携わる方、漁業の携わる方。。。生産者さん。。。。

そして、お母さんのおっぱいを飲む小さな赤ちゃんから、お年寄りまでの消費者さん。。。

誰も悪くありません。

人間の作り出したものが自然の脅威に勝てず、原子力災害を引き起こしたからです。

img_301026_7528480_0.jpg


だけど、作り出したものに脅威を振るわれた今は・・・・

大人の責任だと思います。小さな子どもたちには何の罪もありません。

私たちは本気で、郷土を守る必要があるのです。

日本人の遺伝子を残さなくてはいけない責任があるのです。

なぜならば、原子力事故で放出した核種は、大変危険だからです。




月曜日のNHKの番組では、四月からの食品の新基準値について

消費者が安心なようにちゃんと流通段階で検査してあるのかという内容でした。

一年と二か月たった今でも、生産者さんにまかせっきりで負担の多い検査となっていました。

そして負担が多いあまりにちゃんと検査されず出回っていることを

ハッキリ取材されていました。

本当は安心な食べ物を提供したい生産者さん。。。

疑いが多くやはり手が出せない子育て中の私たち、お母さん。

もちろん、完璧ではありません!0ベクレルに近い値なんてきっと無理な社会になったから。

それでも少しでも、自然放射線以外の事故後の放射線含有しない食材を食べさせたい・・・・。



お母さんが子を守る。。。たったそれだけ・・・。

私の受けた取材は、国民の反感をかい、すごい勢いで叩かれるでしょう・・・



だけどこれだけは言いたい・・・「世界中が敵になっても、私は子どもたちを守る!」




私たちのやっていることは、先生を困らせることでもなく

教育委員会を困らせることでもなく

市政を困らせることでもなく

誰かと戦うことでもなく、現実を理解して、この社会で生きていく術を見つけていくための

無関心な人への種まきです。

そういう意識で生活しています。「自分の子どものことしか考えないくせに

何が防災だ!」だと思いますが、この種まきが、いつか人の心を動かし、

いつか大きな花を咲かせてくれることを

信じて・・・。



熊本の詩人 「葉 祥明」



母親というものは

母親というものは
無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれることを
心の底から願います
どんな高価な贈り物より
我が子の優しいひと言で
十分すぎるほど幸せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから
母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです
詩・葉祥明

熊本小野出来田内科医院 小野先生ブログより


小野先生ブログ

2012/05/15 気になる食材(放射線量) どうしても気になるお茶とキノコ 

5/15発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第391報)

 岩手県 ぜんまい  最大で320.0bq/kg
      たけのこ  85.0bq/kg
      わらび  260.0bq/kg

 茨城県 れんこん(流通品)  5.0bq/kg
      茶(飲用)  最大で9.3bq/kg
      原木しいたけ(施設)  最大で41.0bq/kg

 群馬県 なめこ(施設)  15.0bq/kg
      たけのこ  最大で54.0bq/kg
      コゴミ  42.0bq/kg
      タラノメ  64.0bq/kg
      コシアブラ  39.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で4.3bq/kg

 千葉県 しいたけ(施設)  最大で220.0bq/kg

 新潟県 菌床なめこ  39.6bq/kg


<重箱の隅>

秋田県・山形県・群馬県・茨城県・北海道の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

宮崎県・岡山県・長野県・兵庫県・熊本県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

*****************

どうしてもお茶が気になります。水分は「量」を摂りますので。

全国の自治体で行っている学校給食の測定で「○○ベクレルのセシウムが検出されましたが、実際に提供した量は○○gなので、わずか○○ベクレルとなり、また内部被曝は○○μSv/時シーベルトなので、直ちに影響はございません、キリッ!」と言うことが日常茶飯事であると言う、大変悲しい今の日本。

1リットル当たり9.3ベクレル、水分摂取量を考えれば、ワタクシはこれを「高濃度」だと思うのであります。

「飲用」の検査に切り替えたために、「今年はもう大丈夫アピール」の激しいお茶でございますが、十分に産地を選ぶなり、測定済みの茶葉を探すなりして、安心して美味しくいただきたいと存じます。

☆ayukuma☆

☆☆☆☆座談会のお知らせ☆☆☆☆

    ☆☆☆ 第四回 座談会のお知らせ ☆☆☆



川根先生の講演会のあと、座談会を企画したいと思っていたのですが、

ゴールデンウィークや、新学期でバタバタで、企画が遅くなりすみません

少し、新しい生活に慣れてきたころでしょうか?

AAKとして、もっともっとたくさんの新しい情報を得て、前進したいと思っています。

どうぞ、お気軽にお越しください♪   できるときに、できることを♪・・・・

「新学期や、新入学などで

放射能について、話をしてみたいけど、なかなか言えなくて辛かった。」

「AAKでは何をしてるの?」

「みんなどういう風に過ごしているんだろう。」

「幼稚園や、保育園の生活、みんなどうしてるの?」

「修学旅行アクションって今は、どうなってる?」

※ AAK代表の出席している、神奈川代表会議で何を話してるかや、お勉強会などのご報告など♪



みんな、子どもたちの笑顔を守りたい!ただそれだけ。

気持ちは一つです♪





気軽にきてくださいね★お子さん連れ大歓迎です♪

たくさんの方とお話したいです♪ご参加お待ちしてます♪


日時:5月15日(火曜日) AM 10時~12時

場所:睦合西公民館  二階 和室  団体名:厚木チャイルド
睦合西公民館

〒243-0212 厚木市及川667番地
■電話
  (046)243-5355

■駐車場
  51台可(うち軽自動車用6台・車椅子用2台)
【駐車台数に限りがありますので、団体で利用される場合はなるべく乗合でお越しください。】
■交通案内 
  バス路線
厚木バスセンター1番線のりば:松蓮寺行き「松蓮寺バス停」下車 徒歩約10分



ご参加くださる方は、コメント欄に、ハンドルネームをお書きください♪

給食食材放射能濃度の測定結果@厚木市on2012/05/10 

厚木市の学校給食用食材の検査について、市からのお知らせを、さらにお知らせしてみます。
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html

5/10の検査では、茨城県の大根、佐賀県のタマネギ、埼玉県のキュウリを測定してくださって、結果は不検出でした。検出限界が10bq/kgなので、9.999bq/kgでも不検出です。

あら?佐賀県のタマネギは5/8にも計測してくださっています。これはどうしたことでしょう? 検査できる食材の数が限られている中、佐賀県のタマネギを2度も・・・ 何か汚染肥料情報でもありましたか? もしくは、産地偽装のかほりがするとか・・・ 

一度、保護者にアンケートを取ってみる、と言うのはいかがですか? 使用予定食材産地一覧の下に切り取り部分をつけて、「測ってほしい食材を3つ書いてください」などとして、投票数の多いものから順番に測定しませんか? 

え?その票を取りまとめるのが大変??? AAKも喜んでお手伝いさせていただきます! いつでもご連絡お待ちしております。

☆ayukuma☆

2012/05/14 気になる食材(放射線量)

5/14発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第390報)

 岩手県 たけのこ  83.0bq/kg
     コシアブラ  310.0bq/kg
     牛乳(流通品)  最大で1.6bq/kg
     梅干  36.0bq/kg

 茨城県 茶(飲用)  最大で2.9bq/kg

 栃木県 ニジマス  18.0bq/kg
     ヒメマス  23.0bq/kg
     カワマス  最大で64.0bq/kg
     ホンマス  20.0bq/kg
     ヤマメ  最大で16.0bq/kg
     ウグイ  9.1bq/kg
     フキ  最大で10.0bq/kg
     たけのこ  44.0bq/kg
     コシアブラ  890.0bq/kg
     わさび(葉)  最大で51.0bq/kg

 千葉県 ヒラメ  最大で22.0bq/kg

 新潟県 クマ肉  130.0bq/kg


<重箱の隅>

青森県・新潟県・宮城県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

茨城県・群馬県・静岡県・北海道・栃木県・福島県・埼玉県・山形県・千葉県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

千葉県の原乳はND。(Cs(134+137)が2.1bq/kg以下)
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。