はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/29 気になる食材(放射線量)

4/29発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第379報)

 栃木県 たらのめ(野生)  最大で160.0bq/kg
     コシアブラ(野生)  最大で28000.bq/kg
     ぜんまい(野生)  4400.bq/kg
     たけのこ  350.0bq/kg

 埼玉県 原木しいたけ(露地)  最大で59.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で48.0bq/kg
     菌床しいたけ  最大で11.0bq/kg
     たけのこ  最大で16.0bq/kg
     乾しいたけ  5.7bq/kg
     コイ  32.0bq/kg
     ウグイ  35.0bq/kg
     
 福島県 牛肉  88.0bq/kg


<重箱の隅>

秋田県と山形県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

**************

やはり連休中は検査が少ないのでしょうか。
食べることには休みもゴールデンウィークも無いのですが。
スポンサーサイト

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果についてon 2012/04/24・26 @厚木市

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について on 2012/04/24・26

神奈川県産の小松菜、熊本県産のニンジン、瀬戸内海のちりめんじゃこ、神奈川県産のオレンジ、静岡県・千葉県産の豚肉、神奈川県産のキャベツ、すべて不検出でした。検出限界が10bq/kgなので、9.9bq/kgでも不検出です。

川崎市でフルーツポンチに使うミカン(神奈川県産)から9.2bq/kg(9.1?)のセシウムが検出され、それが学校によって通知された・されないで大騒ぎになったことは記憶に新しいことと存じます。

厚木市の場合、9.2bq/kgだと「不検出」としか表記されませんので、問題になることはございません。もし、9.2bq/kgの検出があった場合、その被害者は子供たちです。

熊本県産のニンジンを測定する前に、もっと優先して測定していただきたい食材はたくさんございます。また、9.9bq/kgが「不検出」では、保護者の不安はまったく取り除けません。

子供に安全な給食を食べさせたいだけなのです。育ち盛りの子供たち、食べ物が体を作っているのです。大人では考えられないほどの細胞分裂を繰り返し成長しているのです。

どうしたらこの声が届きますか? (∩゚Д゚) アーアー キコエナーイってしていませんか?

一度、担当部署さまとじっくりお話ができるといいなと思っています。

☆ayukuma☆

2012/04/27 気になる食材(放射線量) むむ?静岡県?

4/27発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第378報)

 岩手県 原乳  最大で6.0bq/kg

 宮城県 スケトウダラ  6.4bq/kg
     ヒガンフグ  最大で680.bq/kg
     アカガレイ  3.1bq/kg
     スズキ  65.0bq/kg
     ボラ  48.0bq/kg
     ヌマガレイ  23.0bq/kg
     イシガワシラウオ  3.7bq/kg
     トラフグ  5.0bq/kg
     マダラ  9.2bq/kg
     フナ  44.0bq/kg
     イワナ  最大で210.0bq/kg
     ヤマメ  100.0bq/kg
     ウグイ  170.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で93.0bq/kg
     原乳  最大で0.6bq/kg
     たけのこ  160.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ  最大で6.2bq/kg
     アイナメ  16.0bq/kg
     カナガシラ  17.0bq/kg
     シログチ  47.0bq/kg
     ヒラメ  最大で35.0bq/kg
     ホブオウ  25.0bq/kg
     マコガレイ  5.9bq/kg
     マトウダイ  25.0bq/kg
     ムシガレイ  12.0bq/kg
     アメリカナマズ  120.0bq/kg
     ウナギ  72.0bq/kg
     ギンブナ  51.0bq/kg

 栃木県 たけのこ  最大で77.0bq/kg
     クサソテツ  最大で460.0bq/kg
     カワマス  最大で200.0bq/kg
     ホンマス  37.0bq/kg
     ニジマス  54.0bq/kg
     ヒメマス  24.0bq/kg
     わらび(野生)  最大で55.0bq/kg
     タラノメ(野生)  最大で550.bq/kg
     原木しいたけ(露地)  42.0bq/kg

 千葉県 モツゴ  18.0bq/kg
     スジエビ  16.0bq/kg
     ギンブナ  35.0bq/kg
     わらび  最大で4.3bq/kg
     マサバ(流通品)  3.3bq/kg
 
 神奈川県 たけのこ(流通品)  最大で38.0bq/kg(@横浜市)

 静岡県 原乳  最大で2.8bq/kg
     日向夏  3.0bq/kg
     きぬさや  3.1bq/kg

 福島県 タラノメ  最大で590.0bq/kg
     ウルイ(施設)  5.1bq/kg
     クサソテツ  最大で700.0bq/kg
     ゼンマイ  最大で1100.0bq/kg
     フキノトウ  最大で10.0bq/kg
     わらび  最大で110.0bq/kg
     たけのこ  最大で250.0bq/kg
     牛肉  最大で8.1bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  16.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で44.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、Cs137が10bq/kg以下)

山形県・千葉県・群馬県・神奈川県・青森県・栃木県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

長野県・愛媛県・鹿児島県・宮崎県・北海道・岡山県・佐賀県・香川県・京都府・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

****************

静岡県の検査データですが、「<」の数字を足してしまっている部分があり、足し算の合わないものは書き出していません。もしかして書き出したものも間違っている可能性があります。

2012/04/26に行われた再稼働住民説明会@大飯町 文字起こし(長い)

2012/04/26、福井県の大飯町にて、大飯原発3・4号機再稼働に関する住民説明会が行われました。

録画の配信を見ながら、Wordでパチパチ打ち込みましたが、聴きとれない部分、ワタクシが勘違いしている部分、聴き間違っている部分などあるかと思います。それらのミスがあることをご容赦いただきながらの掲載となります。宜しくお願い致します。


続きを読む

2012/04/26 気になる食材(放射線量) アゲハ蝶が心配

4/26発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第377報)

 宮城県 マダラ  130.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で280.0bq/kg
     クサソテツ(野生)  120.0bq/kg
     ヤーコン茶(流通品)  11.0bq/kg

 栃木県 ぜんまい(野生)  34.0bq/kg
     わらび(野生)  6.0bq/kg
     葉わさび  最大で83.0bq/kg
     さんしょう(野生)  31.0bq/kg
     たけのこ  最大で39.0bq/kg
     菌床なめこ  84.0bq/kg
     たらのめ(野生)  210.0bq/kg
     コシアブラ(野生)  510.0bq/kg

 千葉県 ツバス(流通品)  6.1bq/kg

 東京都 たけのこ  最大で5.0bq/kg
     スズキ  12.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  49.0bq/kg

 福島県 フキ  最大で15.0bq/kg
     アイスプラント(施設)  13.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

千葉県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

茨城県のほうれん草はND。(Cs(134+137)が23bq/kg以下)

茨城県の原乳はND。(Cs(134+137)が1.4bq/kg以下)

茨城県の鶏卵はND.(Cs(134+137)が17bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜はND。(Cs(134+137)が12bq/kg以下)

***********

ワタクシゴトですみませんが、虫が大好きなのです。

さんしょうから31bq/kgのセシウム。。。アゲハ蝶が心配です。それはつまり、どの動植物も心配であると言うことです。

人に対してもそうですが、この国に生きているすべての生物に甚大な被害を与えてしまった、その事実があまりにも重たいと感じる雨の朝です。

☆ayukuma☆

2012/04/25 気になる食材(放射線量) お魚のデータいっぱい

4/25発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第376報)

 宮城県 小松菜  7.0bq/kg
     スズキ  最大で77.0bq/kg
     ネズミザメ  最大で13.0bq/kg
     サヨリ  9.8bq/kg
     ヌマガレイ  最大で19.0bq/kg
     ヒガンフグ  71.0bq/kg
     マガレイ  最大で23.0bq/kg
     マダラ  最大で71.0bq/kg
     マコガレイ  12.0bq/kg
     アカガレイ  最大で4.3bq/kg
     イシガレイ  16.0bq/kg
     マガジキ  5.5bq/kg
     マアナゴ  15.0bq/kg
     ヒレグロ  3.7bq/kg
     ヒラメ  最大で400.0bq/kg
     葉わさび  73.0bq/kg
     たけのこ  最大で120.0bq/kg

 山形県 クマ肉  最大で58.0bq/kg

 茨城県 たけのこ  最大で330.0bq/kg
     菌床しいたけ  最大で31.0bq/kg
     タラノメ(野生)  最大で120.0bq/kg
     わらび(野生)  69.0bq/kg

 栃木県 牛乳(流通品)  最大で9.0bq/kg
     クサソテツ  最大で8.0bq/kg
     タラノメ  最大で220.0bq/kg
     ぜんまい  28.0bq/kg
     たけのこ  最大で84.0bq/kg
     ヤマメ  最大で63.0bq/kg
     ウグイ  最大で420.0bq/kg
     フナ  13.0bq/kg

 千葉県 わらび  最大で5.5bq/kg
     ふき  最大で15.0bq/kg
     コゴミ  20.0bq/kg
     マサバ(流通品)  4.0bq/kg
     ギンブナ(流通品)  110.0bq/kg
     イナダ(流通品)  7.6bq/kg
     さつまいも(流通品)  4.9bq/kg
     サバ(流通品)  6.8bq/kg

 新潟県 菌床なめこ(流通品)  6.2bq/kg

 福島県 コウナゴ  最大で8.7bq/kg
     アイナメ  最大で300.0bq/kg
     アカガレイ  27.0bq/kg
     アカシタビラメ  最大で180.0bq/kg
     イシガレイ  最大で160.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  25.0bq/kg
     カナガシラ  最大で38.0bq/kg
     クロウシノシタ  270.0bq/kg
     クロソイ  62.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で630.0bq/kg
     サブロウ  690.0bq/kg
     シロメバル  最大で97.0bq/kg
     スズキ  最大で170.0bq/kg
     ニベ  130.0bq/kg
     ババガレイ  最大で260.0bq/kg
     ヒラメ  最大で220.0bq/kg
     ホウボウ  31.0bq/kg
     マアナゴ  41.0bq/kg
     マガレイ  最大で46.0bq/kg
     マコガレイ  最大で230.0bq/kg
     マゴチ  96.0bq/kg
     マダラ  最大で180.0bq/kg
     イシガレイ  最大で320.0bq/kg
     ムシガレイ  最大で540.0bq/kg
     ムラソイ  170.0bq/kg
     メイタガレイ  150.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で27.0bq/kg
     イカナゴ  最大で48.0bq/kg
     イシカワシラウオ  23.0bq/kg
     キツネメバル  74.0bq/kg
     ケムシカジカ  26.0bq/kg
     イワナ  最大で84.0bq/kg
     ウグイ  最大で420.0bq/kg
     コイ  190.0bq/kg
     ヒメマス  170.0bq/kg
     ギンブナ  260.0bq/kg
     ヤマメ  最大で64.0bq/kg
     ヤマメ(養殖)  最大で24.0bq/kg
     野菜みそ漬け(流通品)  27.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

秋田県・山形県・群馬県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

群馬県の野菜類はND。(Cs(134+137)が9.7bq/kg以下)

群馬県の原乳はND。(Cs(134+137)が1.9bq/kg以下)

座間の市民測定所(ラ・リチェッタ)さん

おひさしぶりです。かぼ 山村です。

ずっとずっとご紹介したかった場所があります。

座間の市民測定所(ラ・リチェッタ)さんです。

こちらでは、気になる食材の測定を行って下さっています。
AAKでも、苺・サトイモ・小松菜などを測定させていただき、どれも NDでした。

こちらは、美味しいイタリアンレストランでもありますので、お食事を楽しむにも最適です。
食材はしっかりと測定されていますので・・・
小さなお子様にも 安心して食べていただけるようになっています。

お勧めは・・・デザート♪ 本当にいつもいつも 美味しいデザートです。
しかも測定済みの食材で作ってくださいますので、 ママにも安心♪

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei

ゴールデンウィーク明けに、AAKでは測定に行くつもりにしております。
気になる食材等あるかたは、どうぞ メッセージを入れて下さいね。
一緒に行きましょう♪


市民測定所



以下座間の市民測定所の情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ATOMTEX AT1320A NaIシンチレーターによるスクリーニング検査です。

【新基準における厚生労働省 「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」 対応】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000021b3t-att/2r98520000021b8j.pdf

※本機種は、厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正について」の発出を受けた、
社団法人日本アイソトープ協会の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法に対応可能な機種(NaI(Tl)シンチレーション検出器)」に掲載されております。

○ヨウ素131、セシウム137、セシウム134を測定します。

○予約:電話にて予約していただきます。(046-251-3730 担当:稲垣)

○料金:1検体3000円(30分~1時間) お一人様1回2検体までとなります。
長時間測定5000円(3~10時間) お一人様1回1検体までとなります。 

お待ちいただくスペースもございます。(レストランの一角です)
食事やお茶もできますのでご活用ください。(料金別途)

検出限界値は検体密度や時間によって変わります
定量下限(数字で出せる値)はセシウム合算で10Bq/kg前後とお考えください(30分~1時間)
長時間測定ですと セシウム合算で 定量6Bq/kg程度、参考値としてなら2~3Bq/kg までは確認可能です。

測定時間は約30分~1時間です。精度を求めるために当方で測定時間を延長する場合もございますが
その場合の料金は発生いたしません。

結果はスペクトル図をいれた測定結果をプリントしてお渡しします。

○測定結果は証明書となるものではありません。(検査報告書ということになります)
○測定主所有の土地の土壌や、作物などのデータの扱いはお任せします。
○第三者が関わる食品や土壌、作物の産地を特定したデータのインターネットなどでの拡散はお控えください。
○放射能測定に絶対値はありません。確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
○時間延長の場合はFAXもしくはEメールにてお送りいたします。
○さらに微細な測定をお求めになる場合は検出限界1Bq/kgのゲルマニウム半導体検出器での測定をおすすめします。
○放射性薬剤投薬中、ガンマカメラなど用の造影剤を注射された方の入室はご遠慮いただきます。
(まともに測定できません)

【測定料金とは別に運営費をカンパいただいた当測定室への賛同者は】

○過去のデータも閲覧できるようになります。
○ガイガーカウンターを無料にて貸し出しいたします。
〇持ち込みの際の食品の前処理をお手伝いします。
○安全な食材や食品に関してのアドバイスをいたします。(調理師資格あります)
(まだまだ設備に必要なものがございますので活用させていただきます)

尚、学校関係者(栄養士、給食納入農家)の方への測定は無料とさせていただきます

相模原市こどもまもりたい
綾瀬市の子供を放射能汚染から守ろう!
厚木市の子どもたちを放射能を守りたい
放射能からえびなっ子を守る会
大和っ子を放射能から守る会
Relationship座間

上記賛同団体(順不同)の関係者の測定室ご利用は当面投げ銭スタイルとさせていただきます。
(講習後にセルフ式のグループもしくは個人の測定となります)
1コイン(500円)以上ほどいただければありがたいです。

併設のレストラン ラ・リチェッタご利用のお客様もご利用5000円以上にて1検体を半額にて測定いたします。(レシートをお持ちください)

2012/04/24 気になる食材(放射線量) いつも何度でも

4/24発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第375報)

 岩手県 原木しいたけ(露地)  最大で2300.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で29.0bq/kg

 宮城県 クサソテツ(野生)  最大で240.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で140.0bq/kg

 山形県 ウグイ  40.0bq/kg
     クマ肉  最大で110.0bq/kg 

 茨城県 マアジ  8.0bq/kg
     アナゴ  14.0bq/kg
     アンコウ  最大で9.0bq/kg
     イシガレイ  最大で18.0bq/kg
     ウマズラハギ  24.0bq/kg
     カナガシラ  最大で61.0bq/kg
     スズキ  150.0bq/kg
     ニベ  最大で130.0bq/kg
     ヒガンフグ  69.0bq/kg
     ヒラメ  最大で78.0bq/kg
     マコガレイ  33.0bq/kg
     マダラ  35.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で15.0bq/kg

 栃木県 コイ  36.0bq/kg
     カワマス  最大で75.0bq/kg
     ニジマス  最大で61.0bq/kg
     ホンマス  12.0bq/kg
     ヒメマス  最大で38.0bq/kg
     クサソテツ(野生)  140.0bq/kg
     干し柿  260.0bq/kg

 群馬県 乾しいたけ水戻し  59.0bq/kg
     まいたけ(施設)  26.0bq/kg
     ふきのとう(野生)  76.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  59.0bq/kg
     
 千葉県 スズキ(流通品)  50.0bq/kg
     マサバ(流通品)  6.0bq/kg

 神奈川県 たけのこ  21.0bq/kg(@横浜市)

 福島県 春菊(流通品)  51.0bq/kg
     リンゴジュース(流通品)  28.0bq/kg
     うどん(乾燥)  7.0bq/kg
     にんじん  11.0bq/kg


<重箱の隅>

北海道・千葉県・福島県・青森県・新潟県・神奈川県・島根県・鹿児島県・秋田県・静岡県・岩手県・山形県・群馬県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜類はND。(Cs(134+137)が12bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(Cs(134+137)が6.3bq/kg以下)

**************

誠にしつこくてすみませんが、岩手県産の生しいたけについてお知らせします。

原木露地栽培の生しいたけは、44件の検査が行われました。最大値は上記の通り、2300bq/kgですが、それ以下のものを、検出濃度の濃い順に並べます。

1400、1200、1100、1100、920、840、780、、760、620、590、570、550、490、450、420、410、150、130、120、100、100、100、100、91、84、72、69、29、9.5、<20

昨日、教育委員会の定例会を傍聴させていただきました。AAKサイトに載せる報告はありませんが、会議の中に何度も「生徒の安全を最優先して」と言う言葉が出てきました。これは主に、登下校時と災害時のことです。

生徒・児童・園児の安全を最優先する強い意志を、どうか「食」においても貫いてください。

4月分の学校給食用食材産地一覧(予定)には、「しいたけ:岩手・新潟」と書かれていました。来月になると、使用食材の産地一覧(実績)をお知らせいただけることと思います。その中に、「しいたけ」と言う文字が消えているか、あるいは西日本のものを使ってくださっていることを、心から願っています。

何度でも書きます。

原発事故後に子どもに食べさせてはいけない食材、その最たるものがキノコ類です。

昨夜のニュースも貼っておきます。

**************

しいたけ2300ベクレル検出

原木を使って露地栽培している県内の生しいたけのうち一関市で1キログラムあたり最大で2300ベクレルの放射性セシウムが検出されるなど6つの市や町で国の基準を超えたことから、県はこれらの市や町に出荷の自粛を要請しました。

岩手県が県内で露地栽培している原木生しいたけについて検査を行ったところ、一関市、奥州市、釜石市、大船渡市平泉町、大槌町の6つの市や町のあわせて30戸の農家で今月13日から17日にかけて収獲された原木生しいたけから国の基準を超える放射性セシウムが検出されました。

このうち一関市では最大で1キログラムあたり2300ベクレルが検出されるなど一関市と平泉町の6つの農家では1000ベクレルを上回る数値が検出されました。原木生しいたけは、しいたけが原木から養分を吸い上げて成長することから原発事故の際に屋外で保管されていた原木に放射性物質が多く含まれているとしいたけから検出される数値が高くなる傾向があります。

県内では大船渡市と陸前高田市、それに住田町の原木生しいたけについてすでに出荷が制限されているほか奥州市、大槌町、山田町には県が出荷の自粛を要請しています。

今回の検査結果を受けて県はあらたに一関市と平泉町、釜石市にも出荷を自粛するよう要請しました。

04月24日 18時11分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6044674691.html

災害対策の違いとは?

厚木市防災対策見直し検討委員会にしばらく携わっていたため

最近、他の県や、地区の2011年3.11以降の見直しがどのように

進んでいるか、調べていました。

医師として、命を守る人として尊敬して止まない、長野県

松本市長さん「菅谷 昭さん」をTOPとする松本市。。。

平成23年 9月16日 松本市緊急連絡会議 指針の素案について協議
 平成23年 9月21日 松本市防災会議 指針(案)について協議
 平成23年10月6日  市議会総務委員協議会 指針(案)について協議
 平成23年10月12日 パブリックコメントを実施
     ~11月11日



その後、本当に素晴らしい対策をなさっています。





松本市放射性物質事故災害対策指針



忘れもしない、3月12日より、原子力災害が次々に報道されていったあの恐怖の日々。

津波で奪われた命に涙し、不安と停電、余震と未来への不安で情報が錯綜し、

重要な、原子力災害への対応は福島だけでなく、こちら関東でも全く行われませんでした。

日本始まって以来の、事故に東電も、首相も、国のTOPたちもすべて錯綜されていたことを

こないだのように、思い出します。

4月に、AAKの初の講演会に来ていただいた、埼玉県公立中学校の川根先生は、

「2011年、3月15日」次々にトラブルを引き起こし、爆発していく原子炉をネットで情報を得て

理科の授業で使用する予定だった

放射線測定器で空間線量を計り続け、外の空間が1μシーベルトを超えたとき

校長先生に、直談判し、部活動する子どもたちを屋内退避させたそうです。

ちょうど、3月は、卒業式のシーズンでした。

東京の友達の幼稚園の先生も、卒業で自らお辞めになられるとき

子どもたちと両親に向けて、「これから牛乳が汚染されます。注意してください」と

残して、去られたと聞きます。

その後、次々にお茶から放射線セシウムが出たとき、関東の人々も被ばくしたことを

知りました。過去を振り返っても仕方がありません。

未来のためにやらなければならないことがたくさんあるからです。


こんなに情報が出てきてもまだ、

事故をなかったようにスルーしてしまう人たちが多いのに

驚いてしまいます。


ただ不安でおびえているだけでは、何も先に進まないのです。

お母さんが心配する声を出せないというのは

本当におかしいことだからです。



私は、防災見直し検討の中で「3月11日以降の、防災体制を作るため、原子力災害にも

力をいれてほしい。市民分のヨウ素剤の用意をしてほしい。

これから、東海地震と騒いでいるのだから、浜岡原発が事故を起こしたときの想定を加えてほしい」

とお願いをしましたが、原子力災害については市の判断では動けないので

神奈川県の意向に沿うことになると遮られてしまいました。


短い間の、会議でしたので、それ以上言うことはできませんでしたが

その後出来た指針には、あまりはっきりしたことが記載されていませんでしたので

これからも、機会があれば、問題提起をしていきたいとは思っています。

市政が、やみくもに放射線について

隠ぺいすることは、かえって市民の不安を煽ることになるからです。

何も勉強していないから、へたなことはできない。。。では

あまりにも市の代表としてお仕事をされているので、無責任だと私は思うのです。





松本市のPDFを見ていただければわかるように、

これから先の起こりうる、周囲の原子力災害をも想定して、
市民11万人分のヨウ素剤の備蓄が用意されています。

ヨウ素剤の管理方法、服用対象者への注意。

原子力防災体制や、原子力災害に関する住民への知識の普及と啓発。

放射線に関する住民相談窓口の設置。


そしてすでに2011年夏に3回も行われたすべての学校の校庭の土壌検査。(線量だけではありません)


ここまでやって初めて、住民が不用意な心配や被ばくを防ぐことになるのです。


今、福島では、1ワットも電気を出してない状態で命がけの廃炉が行われています。
事故は収束したわけではありません。燃料もどこにいったか、手探りで
冷却し、40年~100年?人類、未知の事故に立ち向かわなくてはいけないのです。
明日、あさって解決できたら、どんなに良かったか。。。

一喜一憂しながら、それでも前を向いて歩いていかなければならないのです。

これからでも遅くないのです。市政と私たち市民は手をつないで

よりよい防災を考えていく、いい時間だと思っています。


ぴーち  命の叫び

420746_353644398014168_200996369945639_1139939_1995399751_n.jpg

2012/04/23 気になる食材(放射線量)

4/23発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第374報)

 岩手県 セリ(野生)  82.0bq/kg
     牛肉  最大で13.0bq/kg

 宮城県 ヒラメ  400.0bq/kg

 茨城県 牛肉  最大で22.0bq/kg
     アナゴ  14.0bq/kg
     アンコウ  最大で9.3bq/kg
     イシガレイ  18.0bq/kg
     ウマズラハギ  24.0bq/kg
     カナガシラ  最大で61.0bq/kg
     スズキ  150.0bq/kg
     ニベ  最大で130.0bq/kg
     ヒガンフグ  69.0bq/kg
     ヒラメ  最大で78.0bq/kg
     マコガレイ  33.0bq/kg
     マダラ  35.0bq/kg
     ミギガレイ  最大で6.7bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で15.0bq/kg
     コイ  36.0bq/kg

 栃木県 たけのこ  最大で60.0bq/kg

 福島県 菌床なめこ(流通品)  23.0bq/kg
     キウイフルーツ(流通品)  62.0bq/kg
     豚肉  最大で6.3bq/kg


<重箱の隅>

北海道の牛肉はND。(Cs134が30、137が20bq/kg以下)

山形県・島根県・栃木県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(Cs(134+137)が6.4bq/kg以下)

福島県の鶏肉はND。(Cs(134+137)が12bq/kg以下)

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果についてon 2012/04/17・19 @厚木市

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について on 2012/04/17・19


埼玉県産きゅうり、香川県産セロリ、千葉県産ダイコン、北海道産たまねぎ、北海道産じゃがいも、高知県産しょうが、秋田県産干ししいたけ、すべて不検出でした。(10bq/kg未満を不検出と呼びますので、9.9bq/kgでも不検出。)

ようやく念願の「秋田県産干ししいたけ」を測定してくださいました、誠にありがとうございます、感謝です。私たちの声が届いた・・・ような気がして、大変嬉しいです。願わくば「一度検査したのでおしまい」ではなくて、キノコ類はジャンジャンバリバリ検査をお願いします。次は岩手県産生しいたけあたりをバッチリ測定してくださいませ。

干ししいたけの使用頻度が高いので大いに心配しておりましたが、10bq/kg未満であることが分かりました。目の前にたくさんの壁が立ちはだかる中、ひとまず一番手前にある壁がクリアできた気分です。

なぜ「一番手前にある壁のみ」なのかと言えば、それはやはり検出限界値が10bq/kgだからであります。国の基準はセシウム134・137だけでなく、ストロンチウムもプルトニウムもすべて含めて100bq/kgでございまして(厚生労働省のサイトに書いてあります)、実際のところ、ストロンチウムもプルトニウムも測定していませんし、先日こちらに書いたように「100bq/kgが安全なのか?」と言われると、まったくもって安全ではなく、ドラム缶に入れて厳重管理するほどの放射線量なのです。もしかすると、放射性廃棄物を子どもに食べさせてしまうかもしれないのです。

そろそろ保護者と自治体が手を取り合って、子どもを守る体制を本気で整えませんか?私たちはいつでも両手を広げて、教育関係者の皆さまが「一緒に子どもを守ろう!」と声をかけてくださるのを待っています。

2012/04/21 気になる食材(放射線量) 休日ですから

4/21発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第373報)

 茨城県 乾しいたけ  最大で2200.0bq/kg

 福島県 牛肉  最大で9.6bq/kg

***************

さすが休日、検査がとっても少ないですね。

食べることには休みがないのですけどね。

放射線教育を考えるネットワーク・スタートの集いに参加して・・・

先週末、青島正晴先生(横浜市立小学校教員)による
「放射線教育を考えるネットワーク・スタートの集い」にAAKで、参加してきました。

本当は、子どものために、伝えたい。。。けど公務員である以上

この問題にはっきり取り組むことなどできない。。。

そう思っていた先生方が、やはり子どものためにと。

各地で教職員による子どもを守る会も立ち上がっています。

今回のテーマは、放射線副読本を・・・考える。というテーマでした。

私も、最初にネットで、文部科学省が出した

「放射線副読本」小学生用、中学生用、教師用を全部目を通したとき。。

思わず、心の底から怖くなり、怖さに、笑いが出るほどでした。

洗脳という言葉が、オウム事件のとき有名になりましたが

まさに。洗脳。教師用の副読本もすべて洗脳です。



放射線 副読本 中学生用



心ある、先生だったら。。。これを教えること自体に恐怖を感じることでしょう。



恐るべき核種を放出した、原子力発電所の事故を受けてまで
まだ、このように自然放射線と比較しなくてはならないのでしょうか。

興味のない人は、「こんなのたいしたことないんでしょう?
タバコとか、普段の不摂生が、癌の原因でしょう?」

などといいますが、

幼児はタバコを吸いませんし、放射線の影響はとにかく

「癌だけじゃない!!!!」ということなのです。


事故をなかったようにする専門家たちは、口々に言います。

死の原因は日常生活にあると。死の確率の話ばかり。ですがそういう人が
公共の講演会に来ます。みんなは熱心に聞きます。
「ああ。。。良かった。それじゃ安心して生活できるのね。。。」と。

笑っていれば、放射線障害を防げるという教授もいますが。。。


私は、そういう先生の講義を聞くと、事故はなかったのですか?

あなたに心はありますか?今がよければいいから、
再稼働を望むから子どもたちの未来はいいのですか?と

言いたくなってしまいます。



遺伝子崩壊による、胎児の障害も。。。笑っていれば防げるというのでしょうか。。。。?

同じ人間なのに、心はあるのだろうかと思ってしまいます。

この集会に集った先生たちは、子どもたちのために

未来のために、国の存続のために立ち上がった先生たちです。


① 原子力災害以降の副読本の見直し検討。(現在の副読本の廃止)

② 子どもたちが自分の命を守れるような放射線教育を。。。。

先生たちは、文科省と交渉もしてくれています。

この安全神話ばかり語る副読本のために、授業を受けた学校で 

マスクをもういらない!と外したり、

内部被ばくを避ける子どもたちへのいじめなどに発展していることが
一番衝撃的な内容でした。

子どもたちが命を守るという趣旨と違う  「放射線副読本。」

各地域の判断にゆだねられ、強制ではないということですが。。。


ここで、心ある先生と、洗脳する先生とに分かれて授業が進むのかと

思ったら本当に情けない現実につきつけられます。

子どもって、先生のいうことは、絶対!

なのです。

だけど、以前ふとしたことで、息子に聞きました。

「大変なことが起こってるから」と、お母さんが迎えに来たら

誰を信じる?お母さん?先生?」


その返事は、「お母さん」でした。

勉強は教えられないけど、命の重さについて語っている私のいうことは

非常時は聞いてくれそうなので安心しました。


たとえ、副読本が配布されたとしても、私は私の言葉で命を守る話・・・・

していきたいと思います。


そして、副読本について少しでも心ある先生なら、

その通りに読まず、子どもたちが、自分で、自分の道を開けるような「防災の基本。。。自分の命は自分で守る」

教えをしていただきたいと。。。望んでしまうのです。


ぴーち 命の叫び

o0580038711796953343.jpg





100ベクレルの意味

放射性物質:民間も国基準で…農水省 食品業界などに通知
毎日新聞 2012年04月21日 11時37分(最終更新 04月21日 13時23分)

食品の放射性物質への対応を巡り、農林水産省はスーパーや食品メーカー、外食産業など、270の業界団体に対し、国の設けた基準値を守るよう求める通知を出した。食品業界などでは、国よりも厳しい独自基準を設けている場合もあり、同省は「国の基準は十分に安全。異なる基準では混乱を招く」としている。

食品に含まれる放射性セシウムについては、4月から一般食品で1キロあたり100ベクレル、牛乳や乳児の食品で同50ベクレルなどの新基準値が設けられた。今回の通知では、この基準が国際的にも厳しいものであるとし、過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため、自主検査においても基準値に基づいて判断することを求めている。

また、企業の自主検査でも科学的に信頼できる分析が必要だとして厚生労働省に登録された機関を利用することを勧めている。


http://mainichi.jp/select/news/20120421k0000e040185000c.htmlより抜粋

**************

農水省が、つまり日本政府が「独自基準を設定するな」と言っています。消費者のニーズにこたえて独自基準を設定してきたメーカーや企業に「それをやめろ」と言っているわけです。あまりに酷い話。

現在の基準値である100bq/kgが安全である証拠など、どこにも無いのです。専門家と言われる人たちが自分たちの専門を武器に、難しい数式を使って国民に「我慢しなさい」と割り出した数値が現在の基準値だと思っている国民は大勢居ます。

国が安全だと言っているのに、どうして信用できないんだ? ・・・とお思いの方々にコチラのニュースを。

**************

「100ベクレル以下」でも厳重管理
2012年04月20日

東京電力は19日、柏崎刈羽原発内で出た低レベル放射性廃棄物の管理方法を公開した。同原発では再利用が認められている1キロあたりの放射性セシウムが100ベクレル以下のゴミもドラム缶に入れて厳重に管理し、搬出後もコンクリートや土で外に漏れ出さないようにしている。長岡や新潟など県内5市は同100ベクレル以下の震災がれきを受け入れる考えだが、その焼却灰をどう管理するのか、より分かりやすい住民への説明が求められそうだ。

http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001204200005より抜粋

**************

これは瓦礫関連のニュースの書き出しです。リンク先の写真を見れば分かるとおり、「100bq/kg以下の放射性廃棄物」が入っているドラム缶が並んでいます。

100bq/kg以下でも「厳重管理」される「放射性廃棄物」なのです。今の食品の基準値と同じ100bq/kgです。一方では「厳重管理」、一方では「食べても大丈夫」、これをどう考えたら良いのでしょうか?

私は放射性廃棄物は食べたくありませんし、子供に食べさせることは言語道断、毒を食べさせることと同じだと考えています。

全国のスーパー・食品メーカーさんには、ぜひ厳しい「独自基準」を守って欲しいと願います。
そして、全国の自治体にも、子供を守るための独自基準を作り、活用して欲しいと願います。

☆ayukuma☆

2012/04/20 気になる食材(放射線量) サクランボはどうなのか?

4/20発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第372報)

 宮城県 原乳  最大で1.1bq/kg
     スズキ  最大で160.0bq/kg
     ヒガンフグ  最大で150.0bq/kg
     アイナメ  最大で11.0bq/kg
     ヒラメ  最大で24.0bq/kg
     ソウハチ  12.0bq/kg
     アカガレイ  3.2bq/kg
     ケムシカジカ  4.0bq/kg
     トラフグ  19.0bq/kg
     乾燥ヤーコン葉  55.0bq/kg

 茨城県 さつまいも(流通品)  5.8bq/kg
     アイナメ  26.0bq/kg
     アオメエソ  8.2bq/kg
     アンコウ  10.0bq/kg
     カナガシラ  25.0bq/kg
     ヒラメ  最大で27.0bq/kg
     ホウボウ  最大で40.0bq/kg
     マコガレイ  最大で17.0bq/kg
     マダラ  最大で52.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  210.bq/kg
     アメリカナマズ(天然)  210.0bq/kg
     ギンブナ(天然)  130.0bq/kg
     シラウオ(天然)  35.0bq/kg

 栃木県 わさび(根茎)  最大で25.0bq/kg
     たけのこ  最大で38.0bq/kg
     わらび(野生)  110.0bq/kg
     イワナ  42.0bq/kg
     ニジマス  1500.bq/kg
     ヒメマス  1700.bq/kg
     ブラウントラウト  1600.bq/kg
     ウグイ  68.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  86.0bq/kg

 群馬県 ヤマメ  最大で260.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  60.0bq/kg
 
 埼玉県 原木しいたけ(露地)  最大で88.0bq/kg
     たけのこ  最大で180.bq/kg
     コイ(切り身)  最大で13.0bq/kg
     フナ  最大で16.0bq/kg
     ウグイ  最大で16.0bq/kg

 千葉県 キンメダイ(流通品)  5.6bq/kg
     フキ  4.4bq/kg
     たけのこ  最大で88.0bq/kg

 神奈川県 たけのこ  35.0bq/kg(@相模原市)

 静岡県 乾しいたけ水戻し  最大で64.0bq/kg

 福島県 クキタチナ  26.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で34.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で34.0bq/kg 
     たけのこ  1300.0bq/kg
     コーヒー牛乳  1.9bq/kg
     たけのこ塩漬け  17.0bq/kg
     梅漬け  最大で34.0bq/kg
     凍み大根  最大で85.0bq/kg
     リンゴジュース  最大で8.2bq/kg
     黒豆納豆  27.0bq/kg
     青豆納豆  14.0bq/kg
     干し柿  8.0bq/kg
     切干大根  最大で18.0bq/kg
     クチボソから揚げ  130.0bq/kg
     梅干  38.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

山形県・群馬県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

山形県のさくらんぼはND。(Cs(134+137)が11.4bq/kg以下)

埼玉県の原乳はND。(Cs(134+137)が0.65bq/kg以下、丁寧に検査してくださってありがとうございます☆)

京都府・北海道・鹿児島県・長野県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が20bq/kg以下)

福島県の、上記以外の野菜類はND。(Cs(134+137)が9.3bq/kg以下)

福島県の、上記以外の加工食品はND。(Cs(134+137)が29.0bq/kg以下)

***************

サクランボと言えば山形県の特産品でございますので、ぜひ、限界値を厳しく設定して、ジャンジャンバリバリ検査してくださいませ。

今の検査ですと、食べて良いのか良くないのか、分からないのでございます。

厳しく検査して、安心・安全を全国にお届けすることで、特産物のブランド力がぐーんとアップします。山形県さんに限らず、特産品をお持ちの都道府県・自治体の皆さまへayukumaからのオススメです☆

2012/04/19 気になる食材(放射線量) 厚木市の皆さまへ

4/19発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第371報)

 岩手県 葉わさび  72.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で450.0bq/kg
     スケトウダラ(流通品)  3.0bq/kg

 宮城県 イワナ(天然)  最大で410.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で680.0bq/kg
     ふきのとう  75.0bq/kg

 山形県 クマ肉  38.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ  3.0bq/kg
     ウスメバル  74.0bq/kg
     シログチ  最大で29.0bq/kg
     スズキ  74.0bq/kg
     チダイ  最大で20.0bq/kg
     ヒラメ  最大で35.0bq/kg
     ホウボウ  26.0bq/kg
     マガレイ  14.0bq/kg
     マダイ  17.0bq/kg
     ムシガレイ  21.0bq/kg
     アメリカナマズ(天然)  150.0bq/kg
     ウナギ(天然)  87.0bq/kg
     ギンブナ(天然)  85.0bq/kg
     シラウオ(淡水)  21.0bq/kg
     テナガエビ  24.0bq/kg
     ヤマメ(天然)  66.0bq/kg
     ワカサギ  24.0bq/kg

 群馬県 ヤマメ(養殖)  5.0bq/kg

 千葉県 タラノメ  11.bq/kg

 東京都 原木しいたけ(露地)  最大で35.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で14.0bq/kg

 神奈川県 たけのこ  20.0bq/kg(@清川村)

 栃木県 ウド(流通品)  6.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

秋田県・山形県・群馬県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

茨城県の鶏卵はND。(Cs(134+137)が19bq/kg以下)

京都府・和歌山県・兵庫県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の野菜類はND。(Cs(134+137)が13bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が18bq/kg以下)

***************

厚木市の学校給食用食材産地について(予定)4月分を見てみると、しいたけは岩手県と新潟県です。

今日の検査データを見ると、岩手県のしいたけは4回の検査が行われていて、上に書き出したものは最大値です。その他3つは310、140、58で、いずれも高濃度で検出されているのが分かります。

「予定を変更します!」と言ってくださらなくて結構ですから、こっそりと、しいたけの使用を見合わせてくださると嬉しいです。

また、お隣である清川村のたけのこが20bq/kgですので、幼稚園・保育園・小学校などでたけのこ狩りの企画がある場合、大変残念ではありますが、別の企画に変更してくださいませ。

2012/04/18 気になる食材(放射線量) 比較しやすい配列

4/18発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第370報)

 岩手県 牛肉  最大で43.0bq/kg

 宮城県 ヒガンフグ  最大で63.0bq/kg
     イシガレイ  3.9bq/kg
     マダラ  最大で80.0bq/kg
     マガレイ  最大で37.0bq/kg
     ケムシカジカ  最大で24.0bq/kg
     ソウハチ  23.0bq/kg
     イシガレイ  46.0bq/kg
     アカガレイ  最大で5.4bq/kg
     スズキ  59.0bq/kg
     ネズミザメ  13.0bq/kg
     ヒラメ  最大で14.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  4.6bq/kg
     ヒレグロ  3.5bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で190.0bq/kg
     葉わさび(野生)  83.0bq/kg

 山形県 クマ肉  最大で54.0bq/kg

 茨城県 原木しいたけ(露地)  最大で100.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で41.0bq/kg
     菌床しいたけ  最大で33.0bq/kg
     たけのこ  最大で260.0bq/kg
     わらび(野生)  12.0bq/kg

 千葉県 スズキ(流通品)  7.2bq/kg
     ブリ(流通品)  6.6bq/kg
     たけのこ  最大で29.0bq/kg
     しいたけ(流通品)  10.0bq/kg


 福島県 コウナゴ  最大で8.3bq/kg
     アイナメ  最大で200.0bq/kg
     イシガレイ  最大で220.0bq/kg
     イカナガシラ  最大で52.0bq/kg
     クロソイ  59.0bq/kg
     ケムシカジカ  最大で510.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で160.0bq/kg
     シログチ  13.0bq/kg
     シロメバル  530.0bq/kg
     スズキ  最大で240.0bq/kg
     ババガレイ  最大で260.0bq/kg
     ヒラメ  最大で210.0bq/kg
     マアナゴ  60.0bq/kg
     マガレイ  最大で150.0bq/kg
     マコガレイ  最大で220.0bq/kg
     マダラ  最大で51.0bq/kg
     ムシガレイ  160.0bq/kg
     メイタガレイ  21.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  23.0bq/kg
     ホッキガイ  15.0bq/kg
     アワビ  最大で14.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で270.0bq/kg
     ウスメバル  570.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  460.0bq/kg
     キツネメバル  7.8bq/kg
     マゴチ  61.0bq/kg
     イワナ  最大で150.0bq/kg
     ウグイ  最大で250.0bq/kg
     ギンブナ  200.0bq/kg
     ヒメマス  200.0bq/kg
     ヤマメ  最大で1400.0bq/kg
     ヒトエグサ(養殖)  8.2bq/kg
     牛肉  最大で35.0bq/kg

 製造所:福島県 はちみつ  27.0bq/kg


<重箱の隅>

宮城県・京都府・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

山形県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

****************

ちょうど茨城県のしいたけが、栽培方法別に並んでいます。

原木露地・原木施設・菌床、いずれにしても、しいたけはセシウムを溜め易い食品であることに、何がどうであれ気づかないわけがないと思うのであります。

2012/04/17 気になる食材(放射線量) 

4/17発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第369報)

 茨城県 イカナゴ  7.0bq/kg
     ブリ  8.0bq/kg
     アイナメ  最大で69.0bq/kg
     スズキ  60.0bq/kg
     ホウボウ  最大で43.0bq/kg
     マダイ  21.0bq/kg
     マダラ  65.0bq/kg
     ムシガレイ  12.0bq/kg
     アメリカナマズ(天然)  160.0bq/kg
     ウナギ(天然)  180.0bq/kg
     ワカサギ  41.0bq/kg
     マハゼ  22.0bq/kg
     コウナゴ煮干し  16.0bq/kg
     レンコン(流通品)  20.0bq/kg

 栃木県 たけのこ  最大で63.0bq/kg

 千葉県 イナダ(流通品)  8.0bq/kg
     たけのこ  最大で110.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で190.0bq/kg
     タラノメ  7.0bq/kg
     ツバス(流通品)  15.0bq/kg

 新潟県 菌床しいたけ(流通品)  9.0bq/kg

 福島県 ブロッコリー  最大で14.0bq/kg
     はつか大根  7.0bq/kg
     からし菜  4.9bq/kg
     つぼみ菜  4.1bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、Cs137が10bq/kg以下)

山形県・群馬県・茨城県・静岡県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜はND。(Cs(134+137)が11bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(Cs(134+137)が6.2bq/kg以下)

学校給食用食材の放射能濃度の検査結果について@厚木市(2012/04/12検査分)

学校給食用食材の放射能濃度の検査結果について@厚木市(2012/04/12検査分)

千葉県産の大根・長野県産のエノキタケ・神奈川県産の小松菜は、いずれも不検出でした。
(10bq/kg未満を不検出と呼びます。なので、9.9bq/kgでも不検出です。)

長野県のエノキは、自治体や民間検査機関の検出限界が高いことが多く、参考になる結果が少なかったのですが、この度10bq/kgを限界として測定してくださったので、10bq/kg未満であることは分かりました。ありがとうございます。

キノコの中でも、エノキやシメジの菌床・施設栽培されたものは、放射能濃度はそう高くないので、ぜひ「しいたけ」と「干ししいたけ」、また「レンコン」や「神奈川県産の柑橘類」の測定を、宜しくお願い致します。

そして、どうか時間をじっくりかけて、検出限界3bq/kgにしていただきたいと心から思うのです。「政府の基準値以下で安心!」ではなくて、せっかくの測定器なので、長所を最大限に生かして、しっかりと検査しませんか? 

子どもを守りたいだけの、ただそれだけの親の気持ちに、少し近づいてくださると嬉しいです。

☆ayukuma☆

2012/04/14・16 気になる食材(放射線量) 柑橘類!

4/14・16発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第367報)

 北海道 マダラ  3.3bq/kg
  
 宮城県 ヤーコン茶(粉末)(流通品)  最大で20000.0bq/kg
     乾燥ヤーコン葉(流通品)  18.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ  最大で3.7bq/kg
     サヨリ  最大で6.1bq/kg
     イシカワシラウオ  7.0bq/kg
     マサバ  7.2bq/kg
     アイナメ  24.0bq/kg
     アカエイ  51.0bq/kg
     アカガレイ  26.0bq/kg
     アナゴ  27.0bq/kg
     アンコウ  27.0bq/kg
     イシガレイ  最大で38.0bq/kg
     ウスメバル  65.0bq/kg
     ウマズラハギ  16.0bq/kg
     カナガシラ  最大で220.bq/kg
     クロメバル  51.0bq/kg
     キツネメバル  57.0bq/kg
     コノシロ  10.0bq/kg
     コモンカスベ  28.0bq/kg
     コモンフグ  44.0bq/kg
     サメガレイ  最大で4.7bq/kg
     ショウサイフグ  17.0bq/kg
     シロメバル  97.0bq/kg
     スズキ  120.0bq/kg
     ソウハチ  24.0bq/kg
     ニベ  最大で1100.bq/kg
     ババガレイ  最大で46.0bq/kg
     ヒラメ  最大で160.0bq/kg
     ヒレグロ  6.0bq/kg
     マガレイ  4.9bq/kg
     マコガレイ  最大で31.0bq/kg
     マダラ  最大で50.0bq/kg
     ミギガレイ  最大で7.5bq/kg
     ムシガレイ  16.0bq/kg
     メイタガレイ  9.8bq/kg
     ヤナギムシガレイ  最大で16.0bq/kg
     アメリカナマズ(天然)  最大で180.0bq/kg
     ギンブナ(天然)  最大で130.0bq/kg
     ゲンゴロウブナ(天然)  53.0bq/kg
     シラウオ(淡水)  最大で17.0bq/kg
     テナガエビ  最大で29.0bq/kg
     ワカサギ  最大で53.0bq/kg

 埼玉県 原木しいたけ(露地)  69.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  39.0bq/kg
     たけのこ  最大で43.0bq/kg

 千葉県 イナダ  13.0bq/kg



厚生省のデータ(第368報)

 栃木県 わさび(葉)  5.0bq/kg
     わさび(葉柄)  最大で4.5bq/kg
     たけのこ  19.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  15.0bq/kg
     乾しいたけ水戻し  38.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  36.0bq/kg

 千葉県 たけのこ  11.0bq/kg
     ブリ(流通品)  3.0bq/kg
     モツゴ  22.0bq/kg
     スジエビ  9.0bq/kg
     甘夏  14.0bq/kg
     夏みかん  76.0bq/kg
     クロウシノシタ  4.0bq/kg
     シマガツオ  3.0bq/kg
     スズキ  8.0bq/kg

 福島県 ほうれん草  最大で99.0bq/kg

****************

すみません、今日は重箱の隅ナシで、ごめんなさい。

2012/04/13 気になる食材(放射線量) 目を開いてしっかり見る

4/13発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第366報)

 青森県 マダラ  13.0bq/kg
     ヒラメ  5.0bq/kg

 岩手県 マラダ  70.bq/kg
     牛肉  最大で21.0bq/kg

 宮城県 イワナ  50.0bq/kg
     ヤマメ  850.bq/kg
     スズキ  最大で250.0bq/kg
     コモンカスベ  5.0bq/kg
     マガレイ  40.bq/kg
     ヒラメ  11.0bq/kg
     ソウハチ  9.0bq/kg
     アイナメ  4.0bq/kg
     ネズミザメ  5.0bq/kg
     マダラ  最大で69.0bq/kg
     ババガレイ  33.0bq/kg
     マコガレイ  54.0bq/kg

 茨城県 コゴミ(露地)  最大で110.0bq/kg

 栃木県 たけのこ  39.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で460.0bq/kg

 神奈川県 たけのこ  21.0bq/kg(横浜市)
      生しいたけ(原木・露地)  最大で28.0bq/kg(相模原市)

 千葉県 ツバス(流通品)  8.0bq/kg

 福島県 牛肉  最大で15.0bq/kg
     小松菜  4.7bq/kg
     からし菜  10.0bq/kg
     花ワサビ  1500.0bq/kg
     フキノトウ  最大で490.0bq/kg
     たけのこ  最大で400.0bq/kg


<重箱の隅>

山形県・栃木県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

京都府・兵庫県・長野県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

福島県の鶏卵はND。(Cs(134+137)が14.9bq/kg以下)

***************

キノコ・タケノコ・葉物・春野菜には注意どころか、警戒が必要なレベルではないかと。

四季があり、それぞれの季節の野菜を楽しむことのできる美しい国は、もう戻って来ません。

放射能と向き合うこと以外には、子供を守る方法は無いのです。

大人の皆さま、現実逃避はそろそろやめませんか?

愛のある給食を。。。

新学期が始まり、子どもたちは少し、新生活に慣れてきたことでしょうか。。。

お弁当生活も再度始まりましたが、少しずつこちらも慣れてきました。

食材選び大変ですが、仕方ないです。

まさか、誰も放射線を調べて、給食や食材を提出する時代になるなんて。。。

去年の3月10日まで、思いもしなかった話です。

0-157や、牛乳毒物事件なんかのときは
大騒ぎした世の中でしたが、

放射線だけは、もう。。。国も人もだんまりです。

「ただちに影響がない」とアナウンスした枝野さんが国会で
ただちに影響がないと言ったのは、
全部で7回でございます。そのうちの5回は食べ物、飲み物の話でございまして、
一般論としてただちに影響がないと申し上げたのではなくて、
放射性物質が検出された牛乳が1年間飲み続ければ
健康に被害を与えると定められた基準値がありまして、
万が一そういったものを一度か二度摂取しても、
ただちに問題ないとくり返し申し上げたものです」

と有名になりました・・・


最近新基準値となり、セシウム検出のニュースが
毎日流れるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
愛知県岡崎市の幼稚園児ら528人が給食で食べた茨城県出荷の乾燥シイタケから、
改定前の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、
愛知県豊橋市は11日、同じ流通ルートから購入した乾燥シイタケを、
市内にある三つの保育園の園児と職員計約400人が食べていたと発表した。

 豊橋市によると、3保育園が計約3・7キロを購入。
2~4月に10~15回、給食でうどんの具やまぜご飯として提供された。
市は「1人当たりの消費量を計算すると最大5・25ベクレルで、人体への影響はほとんどない」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あゆくまちゃんが、毎日毎日あげてくれるニュースの中に

きのこ、きのこ、きのこ。。。。たけのこ、たけのこ、たけのこ。。。


かなり、椎茸と筍の汚染がひどいのがもうわかってきています。

チェルノブイリでも、牛乳や、きのこ、ベリー類が汚染されやすいのは
有名な話です。

人間にとって一番大事な食はとてもデリケートな問題を含みます。

そろそろ給食を扱う栄養士さんや、食材を扱うお仕事につかれた方も

善意を出してきてもいいころではないでしょうか?

汚染されてしまったことを認めてください。

日本は深刻な問題の中、生きていかなければならないことを認めなくてはいけないのです。

誰のせいでもなく。。。とにかく子どもたちのために、未来のために。


最近、レストランがピリピリしています。「◎◎産のお米を扱ってます!

安心してください」

食を扱う店にとって、信用は、大打撃だからです。


hihi.jpg

もう何を食べていいか、わからない時代ですが、

もし少しでも注意できるものであるなら、給食を扱う栄養士の先生たちが
本気になってくれるまでお弁当で頑張ります。

本当は、他の子たちと違うことするなんて心の底から嫌なのです。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもの行く学校で、「給食・牛乳の辞退届け」

のお手紙が全戸配布されました。

厚木市で初めてではないでしょうか・・・

あまりにも感動して、しばらく眺めました。

健康上の理由で、牛乳を飲めない、給食を食べないという保護者からの
申し出がある場合は、手続きができるので、ご提出くださいという内容で、

牛乳を飲まない、給食を食べないに◎をつけるようになっていました。

何?これ?ってびっくりされた保護者もいると思います。

もともと、お弁当にさせていただいて私にとって、

これは最高の種まきだと感じ、理由のところに、内部被ばくの勉強を

していますと書きました。

まだまだ、理解のない県や市の学校では、お弁当は禁止というところも
あると聞きました。ひどい言葉で罵られるということも起きているようです。

それは、

汚染されたことを国民が認めないからです。

汚染された大地で、少しでも長く生きて、そしてかわいい赤ちゃんに会うために。。

できるかぎりのことは、していきたいと思っています。

厚木市にはお弁当は自由だという、雰囲気があり、本当にありがたいです。

先生方へは本当に感謝申し上げます。

そしてかわいい子どもたちが頬張る給食を想像し

生産者様も、給食を作る栄養士さんたちも、事故をなかったことにせず、

汚染された大地で生きる覚悟を

決めていただけたら。。。。と思っています。




そして、
今、私が一番嫌いな言葉・・・・


「正しく怖がる!」

です。


放射線は怖いものです。小さい子どもに気を使い、

妊婦に気を使い、放射線管理区域で仕事してきた私は違和感を感じます。

この曖昧な言葉で

子どもを心配する声を、再稼働のため両手で口を塞ぐ国家が後ろに見えるからです。。。

(すみません、今夜は毒を吐かせてください。命第一   ぴーち命の叫び)









現在、四号機が不安定な状態です。

速報 福島4号機の冷却不能について(16時回復、19時地震あり)


この記事を書いた後、4月13日16時に冷却は復旧しましたが、その後、すぐ地震がありました。気をつけてウオッチします。

福島原発4号機の冷却が不能になっています。読者の方が電話でお聞きになったデータを知ることができました。それによると、
  • 4月12日11時 プールの温度28℃
  • 4月13日11時 プールの温度40℃

発熱量と水の量は変わっていないと考えられますので、温度の上昇は24時間で12℃のペースで進むと思います。100℃を超えると沸騰し始め、数時間から数10時間以内に燃料棒の頭部が空気中に出ると考えられます。

私は4号機の燃料は使用済み燃料で、すでに崩壊熱が運転中に対して500分の1ぐらいになっていると思いますが、あまり正確な報道がないのでご心配の方のために避難のタイミングを示します。
  • 4月14日11時 予想されるプールの温度 52℃
  • 4月15日11時 予想されるプールの温度 64℃
  • 4月16日11時 予想されるプールの温度 76℃
  • 4月17日11時 予想されるプールの温度 88℃
  • 4月18日11時 予想されるプールの温度 96℃

従って、4月17日まで様子を見て、そのときの温度が90℃付近に達していたら、4号機が危ないと考えている方は逃げる準備も必要となります。

私は第一に「データと情報、考え方を提供し、個人個人が具体的にどうするかは、個人が考える」としています。私自身は4号機のプールが沸騰し初めても直ちに危険は来ないと思っています。
しかし、危険を感じている人については、データの提供をします。また、逃げるかどうか迷っている人や判断が難しい人は、「4月17日頃、再度、ブログをだして、私の見解を示します。それに注意してください」と言うことしか今はわかりません。

(平成24年4月13日)武田邦彦



かぼ@山村

私たちは、日光の修学旅行の問題の時に、東電事故現場は今だ収束していないのに、地震が来たり、悪い方に動いたときに、私たちの子どもたちは、無事に親の手元に帰ってくるのか?と 何度も言いました。

現在、4号機がこの有様です。

厚木市・愛川町・清川村の 教育委員会の皆さん、行政の皆さん、市議さん、市長さん

現在のこの状況でも、日光は安全ですか?
現在のこの状況でも、東電事故現場はもう大丈夫だと言い切れますか?

私たちは 最悪を考え、 あなた方は、国が言ってる事を信じる・・・。

私たちは、本当は自分達の考えは 外れて欲しいと思っています。

でも、危惧していた事がどんどん現実として 私たちにつきつけられます。

福島のほうれんそう 520ベクレル/㎏ 流通消費済

これは、あなた方が 流通してるものは安全ですと言った・・・後の事実。


流通しているものが 全て安全ではない。 私たちはそう思っています。

今日の安全が明日の安全ではないとも思っています。

危険と隣り合わせ 死と隣り合わせで生きている、関東の子どもたち 東北の子どもたち・・・
私たち大人が 本気で守らなくて

誰が 守るんでしょうか???

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について 2012/04/10検査分

厚木市のWebサイトより。

4/10検査分の測定結果はコチラ

愛知県産のキャベツ
北海道産のタマネギ
徳島県産のニンジン

いずれも10bq/kg以下でした。これを「不検出」と呼びます。

学校から配布された「使用予定食材一覧4月分」をご覧ください。もっと優先して測って欲しいもの、ありませんか?

検査する食材を選んでいる方、どのように決めているのデショウカ? あみだくじか何かデスカ?

もし、何を測定するか迷うようなことがあれば、いつでもワタクシどもに尋ねていただけると嬉しいです。いくらでも協力させていただきます!

追伸:過去分の検査データが見られるようになりました。

0212/04/12 気になる食材(放射線量) キノコ!葉物!

4/12発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第365報)

 北海道 マダラ  6.5bq/kg

 岩手県 原木しいたけ(露地)  最大で300.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で42.0bq/kg

 茨城県 原木しいたけ(露地)  最大で910.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で30.0bq/kg
     たけのこ  最大で200.0bq/kg

 栃木県 わさび(根茎)  6.4bq/kg
     わさび(葉)  7.3bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で240.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で88.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で54.0bq/kg
     菌床まいたけ(施設)  最大で23.0bq/kg
     たけのこ  最大で16.0bq/kg

 群馬県 ふきのとう  最大で23.0bq/kg
     しいたけ(流通品)  130.bq/kg

 千葉県 サワラ(流通品)  21.0bq/kg
     スズキ(流通品)  8.0bq/kg
     イナダ(流通品)  最大で6.0bq/kg

 東京都 原木しいたけ(露地)  最大で61.0bq/kg

 福島県 ブロッコリー  5.3bq/kg
     ほうれん草  44.0bq/kg
     ちぢみ菜  8.7bq/kg
     かきな  18.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134・137のそれぞれが10bq/kg以下)

群馬県の豆腐はND。(Cs(134+137)が10bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜はND。(Cs(134+137)が12bq/kg以下)

福島県の豚肉・牛肉はND。(Cs(134+137)が19bq/kg以下)

清川村の給食は測定されていません

昨年10月に住民懇談会において、村長が
給食を測定する機器を購入するという話を
して下さいました。
記事はこちらhttp://ameblo.jp/kodomomamorukiyo/entry-11064528361.html

それから、測定値の発表がないまま今に
至りますが、何人かに測っているはずだという
お話を聞きました。
測っているなら発表してないのはなぜだろう?
そう思い、教育委員会に電話で問い合せました。
以下のようなお答えでした。

清川村で購入した測定器は精度が良くないようだ。
東海大学で測定を頼んでいるが、そこの測定器と
値を比べると全然違う。
(高く出たり低く出たりする)
今の測定器の値を公表すると混乱するのでしていない。
現在は測定していない。

5月末の神奈川県で精度のいい物を5台購入して、
そのうち2台を市町村で使えるようにする話があり、
1台は横浜市、もう1台は厚木市合同庁舎に設置する。
清川村としては毎日測るつもりはあるが、厚木の合同庁舎
に検査申し込みをした市町村は20あるのでたまにしか
検査ができず、数検体ではなく、単品1検体しか検査できない。

給食に関しては、高い数値が出た場合、食べさせられない
ということになるが、その代わりになる食べ物をどうするか
という問題もあり、難しい。

市場に出回っているのは安全だという認識。

清川村で購入した測定器は使い方が悪いか、機械自体に
問題があるのか調べている所である。
測定器の担当は産業観光課なので測定器の名称は不明。

というお話をされていました。とても丁寧に対応して下さり
ありがとうございました。
早くから測定器の購入を決めていた清川村でした。
ところが今、測っていないということなので残念です。

給食の献立表に先月使用した食材の産地が載っています。
実は産地では安心できないのです。

1Bqというのは、1秒間に1本放射線が出ることです。
「1kgあたり」1Bqなら1kg食べなければ大丈夫ですが、
子どもは小学生、中学生になると1日1kgくらい食べませんか?

そして4月から低くなったという国の基準値ですが
100Bq/kgですね。
もし、基準値ぎりぎり99Bqの物を一日1kg食べたとしたら
身体の中で1秒間に99回放射線が出ます。
99本×60秒=1分間に5940本、
5940本×60分=1時間に356400本、
356400本×24時間=1日に8553600本の放射線が出ます。

500gしか食べないとしたら半分の1日4276800本の放射線が
出ますが、それは少ないから安全でしょうか?

原子核が小さいから通り抜けるとの事ですが、
850万本出て当たらないと言い切れるか・・・

やはり値は少ないほうがいいと思います。

子どものことを色々考えてくださる清川村です。
子どもの命のもとになる食べ物についても
早い対応をお願いします。

2012/04/11 気になる食材(放射線量) そのほうれん草は・・・

4/11発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第364報)

 宮城県 カキナ  5.1bq/kg
     ヒガンフグ  最大で91.0bq/kg
     スズキ  最大で97.0bq/kg
     マコガレイ  5.3bq/kg
     アイナメ  3.7bq/kg
     アカガレイ  最大で4.6bq/kg
     ソウハチ  7.0bq/kg
     ヒラメ  4.9bq/kg
     ネズミザメ  最大で20.0bq/kg
     マダラ  25.0bq/kg
     ババガレイ  3.4bq/kg
     エゾイソアイナメ  3.2bq/kg
     アオザメ  9.8bq/kg
     ヌマガレイ  34.0bq/kg
     クロソイ  31.0bq/kg
     コモンカスベ  24.0bq/kg
     コタマガイ  17.0bq/kg
     ふきのとう  75.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  150.0bq/kg

 栃木県 原木しいたけ(施設)  最大で390.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で630.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  7.4bq/kg
     菌床まいたけ(施設)  15.0bq/kg
     菌床ヒラタケ(施設)  4.5bq/kg

 千葉県 スズキ(流通品)  最大で5.3bq/kg
     たけのこ  最大で110.0bq/kg

 静岡県 生しいたけ(露地)  最大で53.0bq/kg

 製造所:千葉県 アジ煮干  17.0bq/kg

 製造所:茨城県 カタクチイワシ煮干  11.0bq/kg
         ニベ煮干  15.0bq/kg

 福島県 アイナメ  最大で1150.0bq/kg
     イシカワシラウオ  最大で34.0bq/kg
     クロソイ  最大で160.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で630.0bq/kg
     サメガレイ  28.0bq/kg
     シロメバル  最大で550.0bq/kg
     スズキ  最大で540.0bq/kg
     ババガレイ  最大で190.0bq/kg
     ヒラメ  最大で170.0bq/kg
     ホシガレイ  41.0bq/kg
     マガレイ  最大で66.0bq/kg
     マコガレイ  最大で240.0bq/kg
     ムシガレイ  最大で50.0bq/kg
     メイタガレイ  140.0bq/kg
     ホッキガイ  28.0bq/kg
     アワビ  最大で10.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で87.0bq/kg
     アカガレイ  最大で29.0bq/kg
     イシガレイ  110.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  最大で120.0bq/kg
     カナガシラ  最大で34.0bq/kg
     キツネメバル  最大で410.0bq/kg
     ケムシカジカ  最大で110.0bq/kg
     サクラマス  130.0bq/kg
     シログチ  最大で22.0bq/kg
     スケトウダラ  最大で23.0bq/kg
     ナガレメイタガレイ  28.0bq/kg
     マアナゴ  360.0bq/kg
     マダラ  最大で100.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  16.0bq/kg
     イワナ  最大で170.0bq/kg
     ほうれん草  520.0bq/kg


<重箱の隅>

秋田県・山形県・群馬県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

福島県の豚肉・馬肉はND。(Cs134・137のそれぞれが25bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

****************

福島県のほうれん草520bq/kgは、下記のニュースのような原因だそうですが、これから、こういった資材や肥料など、日本の物流パワーを見せられるかと思うと、食材選びにはますます慎重にならざるを得ません。


汚染資材再利用が原因か=ホウレンソウで基準値超え-福島

福島県は11日、福島市の農家が生産したホウレンソウから、食品に含まれる放射性セシウムの新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える520ベクレルが検出されたと発表した。再度、この農家の他のホウレンソウを調べたところ22ベクレルだったが、県は同市の全農家にホウレンソウの出荷自粛を要請した。他市町村の生産者については全戸検査を行う。

県農林水産部によると、この農家は放射能汚染が広がった昨年3月に畑で利用していたトンネル型のポリフィルム製被覆資材を再利用。資材からは1キロ当たり31万ベクレルの放射性セシウムが検出された。県は再利用が原因とみている。(2012/04/11-21:11)


http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012041100959

2012/04/10 気になる食材(放射線量) やはりキノコは・・・

4/10発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第363報)

 岩手県 ヤマメ  45.0bq/kg

 宮城県 スズキ  140.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で210.0bq/kg

 栃木県 ヤマメ  最大で69.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で1000.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で86.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で21.0bq/kg
     菌床ぶなじめじ  7.2bq/kg
     菌床エリンギ  49.0bq/kg
     菌床ヒラタケ  9.4bq/kg
     たけのこ  14.0bq/kg

 群馬県 牛肉  最大で110.0bq/kg

 千葉県 銀杏  48.0bq/kg
     たけのこ  最大で170.0bq/kg

 福島県 ほうれん草  最大で14.0bq/kg
     ブロッコリー  最大で6.9bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134・137のそれぞれが25bq/kg以下)

山形県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(Cs(134+137)が9.7bq/kg以下)

*************

だからキノコは・・・

無関心な人々への種まきを・・・

2011年3.11以降、運命のように出会った子どもの未来を考える
AAKの初めての講演会は、
子どもの教育に関わる、川根先生で良かったです!川根先生の命がけで
子どもを救ったその瞬間が目に見えるような講演会でした。。。

先生の、子どもたちの、命を守る熱い思いはみんなに届いたことでしょう・・・

もっともっと先生たちも変わってくれたらいいのに。。。

本当のことを言って何も悪いことしてないのに。。。



私たちのやっている活動も、川根先生の届ける命の声も
すべて、大変エネルギーのいることです!

そして、もしかしたら体も酷使しているのです!

だけど、無関心な人々へ
わかってもらえないと、
高濃度の、汚染地域で暮らす子どもたちをも
救うことができないと考えます。

事故現場からちょっとだけ離れている関東へも
まんべんなく、放射線は降り注ぎ、
そこに落ちた放射能は山から、道へ、道から川へ。。。
そして、川から海へ。。。

そこにある限り、人体を貫いてしまう。

いえ、放射線が足元にある。
横浜の学校の貯水の汚泥の中にある。。
そこにあることがおかしい。
事故は起こってしまったから。


忘れないでください・・・・

事故はまだ終わってないのです。


-23d570f1af767772.jpg


でも汚染されたことを

みんなが認めないと、もう終わったことになってしまいます。

市政も変わらないし、市民運動で、国を変えないと

結局めんどくさい。。。その一言で終わらせられてしまいます。

当たり前のことが当たり前でなくなり、人と人の絆を奪います。

心が折れてしまいそうなときも何度もあります。

だんまりを決め込む、教育委員会。

なるべくなら、公務員だから関わりたくないと。。。

人として、保護者として、無視されることの悲しみを母として何度も味わいました。

逃げ出したくなることもありました。放棄して遠くへ、逃げてしまえば

こんなに悲しい思いをすることはないのに。。。。と。

子どもを守る会の人たちは、本当に心を傷つけられ、人権侵害をされていると

私はそう思うのです。

子どもを守りたい。孫が無事に生まれてきてほしい。。。

たったそれだけなのに。

今、もっと汚染された大地でマスクもせずに走り回る、修学旅行先の子どもたちも

福島の汚染地域の子どもたちも、そして保護者も本当に

深い心の傷と悩みをもっていることと思います。


私、ぴーちは、過激な脱原発派ではありませんでした。

例えば、小さいことで、先生方へ、クレームを言いにいったこともありませんでした。

本部にいたころは多少うるさくしたかもしれません。でもそれは内容は、

命を守るためのことでした。

でも、命を守る者として、今回の事故には・・・・

動かずにはいられないのです。忘れないでほしいのです。

市政にもっと協力してほしいのです。

近隣の子どもを守ること=神奈川の子どもを守ること=福島や汚染地域の子どもを守ること


未来をまもること

につながっていくのです。




9・19 さようなら原発5万人集会での、ハイロアクション福島・武藤類子さんのスピーチをご紹介します。


この方の泣き声で震える言葉を一つ一つを噛みしめると

はっと原点にたたされます。まだ終わっていません。みんな必死で、戦ってるのです!

無関心な人々への種まきはずっと続けていこうと思います。


ぴーち命の叫び






学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について@厚木市

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について@厚木市
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html

4/3に検査してくださった「調理後の給食(3/15~3/19調理分:南部学校給食センター)」は、不検出でした。(10bq/kgまでを不検出と言います、つまり9.9bq/kgは不検出です)

なお、牛乳は含まれていないと思われます。

検査体制は、月~金、9:00~15:00までだそうです。Atomtex-AT1320aを所有・使用している方によると、壊れるようなものではないので、どんどん使っても大丈夫!とのことです。検出限界10bq/kgの検査にかかる時間は30分ですので、これから検査される食品はどんどん増えることでしょう。春休みも終わり、いよいよ学校給食が再開されましたので、これから検査に携わる皆さまもお忙しくなることと存じます。また、こうして市のWebサイトに報告していただく件数も一気に増えることと存じます。体調に気を付けながら、子供たちの将来のために宜しくお願いいたします。

しかし、保護者の不安に寄り添ってくださった結果が測定器の購入であれば、セシウムを蓄積しやすい食品を率先して、時間をかけて限界値を厳しく設定して検査していただけませんか? 難しいですか?

以前、メールでそのお願いをしましたら、「国の基準値を下回っているので、検出限界10bq/kgでOK!」と言う内容のお返事をいただきました。一度、給食に関わるお仕事をされている皆さま、「1日10bq/kgの食事がもたらすもの」と言うグラフをググってくださいませ。

Atomtex-AT1320aは、もっと「できる子」なのです。能力を目いっぱい発揮させて差し上げてください。

あ、それから、過去の検査結果はリンク先が削除されているようですので、直してくださいませ。

☆ayukuma☆
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。