はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線量の測定結果について(11月21~22日測定分)

放射線量の測定結果について(11月21~22日測定分)@厚木市
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/information/d017844.html

測定機器を変えただけで、かなり低くなりましたね。魔法みたい♪

☆ayukuma☆
スポンサーサイト

セシウム137による汚染状況を見積もった世界ではじめての日本地図

元サイト オレンジさん

セシウム137汚染

地図の見方
※数値はセシウム137のみ。実際にはセシウム134も同じぐらい降り注いでいるので倍というところでしょうか



↑ ということは、これの倍ってことで考えたらいいんですね・・・
厚木市・愛川町・清川村の汚染も恐ろしいのですが、管理人K的に 痛いと思ったのは
北海道 そして、安全だと思っていた地域が汚染されてしまっている事です。

管理人Kはお弁当で、野菜は九州や近畿地方から取り寄せていました。でも・・・じゃがいもは北海道でした。
今後はこれを見て、九州、和歌山あたりの野菜を取り寄せたいと思います。
また、九州にも原発があり、佐賀の玄海発電所は、先日、人為ミスで緊急停止を余儀なくされました。
また、その後、多くの方の反対を聞かず、深夜にこっそりと、その炉を再稼動しちゃってます。

恐ろしい事です。

そう考えると・・・九州でも安全な地域とそうではない地域が存在するかもしれません。
あとは自己責任で・・・おのおのが考えて、食材を購入するしかないって部分も・・・悩ましいのですが
子どもを守る為には、私たち保護者が、少しでも安全な食材を入手することしか 今はなさそうです。

頑張りましょう!!!




低線量被曝の健康への影響検討

低線量被曝の健康への影響検討 内閣府に有識者会議

野田政権は9日、低い放射線量を長い期間浴びた場合の健康への影響を調べるため、内閣府に有識者会議を設け、初会合を開いた。年内に報告書をまとめ、細野豪志原発相に提言する。

会議は「低線量被曝(ひばく)のリスク管理に関するワーキンググループ」(共同主査=前川和彦・東大名誉教授、長瀧重信・長崎大名誉教授)。この日の会合で、細野氏は「子供や妊婦にどういった配慮が必要なのか。政府として判断しなければいけないので見解を示してほしい」と要請した。

低い放射線量を長期間浴びた場合の発がんの危険性は、生活習慣や遺伝といったほかの要因も考える必要があり、専門家の間でも評価が定まっていない。このため、政権が避難区域を設定する目安にしている年間20ミリシーベルト程度の被曝線量の影響などを中心に議論する。

http://www.asahi.com/politics/update/1109/TKY201111090539.html

***************

有識者をネットによる国民投票で選んでみる新しい試みとか、いかがですか?

☆ayukuma☆

焼却灰セシウムマップ

郡大の早川先生による、焼却灰セシウムマップです。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=210951801243060233597.0004b11da4f6fe01476c4&msa=0&ll=37.282795,140.075684&spn=10.080829,14.128418

色々と見えてきます・・・ 念のために、HPに残しておきます。役に立つかもしれません。

311以前の自然放射線量

311以前の自然放射線量
こちらの図は、東電原発事故以前の数値が示されているものです。
かなり低いですね・・・(涙)

311以前の自然放射線量が紹介されていたページ
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。