はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基準値ってこういう事 それでも何も感じませんか?

282322_393266587411685_1516617083_n_20121029073736.jpg

ね、基準値ってこういうこと。
こども達を内部被ばくさせない為には親が気をつけるしかない。
更に、全量検査なんて出来てないから、まさにロシアンルーレット…
だから産地で選ぶしかない。
もしくは検査済みのものを選ぶ。
親の責任は重大です。
ちょっと調べれば情報があるこの時代、知らなかったじゃ済まない。




▲ FBにて、見つけたイラストと、文章です。



これでも、気にしないし、国の基準値なら大丈夫だし・・・って思えますか?
山村にはぜんぜん思えません。やっぱり思えません。

ある方が、どんなに気にしない親の子でも、給食だけはノンベクレルにしてあげれば、内部被曝を少しでも減らすことが出来る。と言っていました。
全くその通りだと思います。

しかし、厚木市の給食は食材を測定すると言っても週に二回3品づつの 一週間に合計6品
しかも、食材でセシウムが含まれることがわかっても、「国の基準値以下だから」とそれを給食に出してしまいます。
それでは十分に内部被曝対策をしてくれるとも言えませんし、
また検査も・・・・十分だとは思えません。
そもそも、何の為に検査をしているのか? 誰の為に検査をしているのか・・・・微妙です・・・・。(涙)

清川村では 国の基準値の半分 50Bq/Kgまで出すとの教育長が言いました。
これもまた・・・微妙・・・


被曝は蓄積です。

呼気による内部被曝は、放射線量の高い場所には行かない!(日光市への修学旅行はこれに反する)
基本的には、この考え方でコントロールする事が出来ます。

そして
食事による内部被曝は、放射能を含んでるかもしれないものは避ける!という考え方でコントロールが可能です。

しっかり国が基準値を儲けて測ってるんだから大丈夫でしょ?
食べても、子どもの場合は早く排出されるんでしょ?
給食だって測ってくれているじゃない・・・・
今、うちの子はなんともないから・・・これからはセシウムも減ってくるから大丈夫だよ・・・

私が内部被曝の話をするときに よく耳にする言葉です。
本当にそれで大丈夫ですか?
国の基準値って どのくらいのダメージを子どもたちに与えるのかご存じですか?

今年の4月には 主たる食材では100Bq/Kgってなりましたね・・・
では震災後はどうだったでしょうか?500Bq/Kgでした。
その基準値だから大丈夫・・・として 市場に出回っていましたし、給食でも使ってました。

テレビでおなじみの武田先生がこのような記事を書いて下さっています。
どうぞ、目を通して見て下さい。


放射線の人体への影響と専門家の倫理

秋の夜長に、すこしだけ、放射能の影響や、チェルノブイリ事故のこと・・・・また気になる食材は結局はどうなのだ?などなど、インターネットで調べてみるのもおススメです。

最後に我が子を守るのは、保護者です。

国や、県や、市や、町や、村・・・・の動きは、「たぶん大丈夫だろーーーー」くらいの感覚です。
たぶんは、たぶん
現実は現実・・・ 

気のせい、全てを当てはめるな、ストレスだ!との声もありますが
すこしづつ、体調を崩す人は増えています。
すこしづつ、放射能の影響かな・・・とう事例は増えています。 それが現実です。







スポンサーサイト

諸外国の規制措置(2012/05/17)

諸外国・地域の規制措置(平成24年5月17日現在

日本の食品全般を輸入停止にしている、場所により検査証明書を要求。

世界の人々は「食べて応援」してくれません。

ぜひお買いものの参考に☆

座間の市民測定所(ラ・リチェッタ)さん

おひさしぶりです。かぼ 山村です。

ずっとずっとご紹介したかった場所があります。

座間の市民測定所(ラ・リチェッタ)さんです。

こちらでは、気になる食材の測定を行って下さっています。
AAKでも、苺・サトイモ・小松菜などを測定させていただき、どれも NDでした。

こちらは、美味しいイタリアンレストランでもありますので、お食事を楽しむにも最適です。
食材はしっかりと測定されていますので・・・
小さなお子様にも 安心して食べていただけるようになっています。

お勧めは・・・デザート♪ 本当にいつもいつも 美味しいデザートです。
しかも測定済みの食材で作ってくださいますので、 ママにも安心♪

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei

ゴールデンウィーク明けに、AAKでは測定に行くつもりにしております。
気になる食材等あるかたは、どうぞ メッセージを入れて下さいね。
一緒に行きましょう♪


市民測定所



以下座間の市民測定所の情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ATOMTEX AT1320A NaIシンチレーターによるスクリーニング検査です。

【新基準における厚生労働省 「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」 対応】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000021b3t-att/2r98520000021b8j.pdf

※本機種は、厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正について」の発出を受けた、
社団法人日本アイソトープ協会の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法に対応可能な機種(NaI(Tl)シンチレーション検出器)」に掲載されております。

○ヨウ素131、セシウム137、セシウム134を測定します。

○予約:電話にて予約していただきます。(046-251-3730 担当:稲垣)

○料金:1検体3000円(30分~1時間) お一人様1回2検体までとなります。
長時間測定5000円(3~10時間) お一人様1回1検体までとなります。 

お待ちいただくスペースもございます。(レストランの一角です)
食事やお茶もできますのでご活用ください。(料金別途)

検出限界値は検体密度や時間によって変わります
定量下限(数字で出せる値)はセシウム合算で10Bq/kg前後とお考えください(30分~1時間)
長時間測定ですと セシウム合算で 定量6Bq/kg程度、参考値としてなら2~3Bq/kg までは確認可能です。

測定時間は約30分~1時間です。精度を求めるために当方で測定時間を延長する場合もございますが
その場合の料金は発生いたしません。

結果はスペクトル図をいれた測定結果をプリントしてお渡しします。

○測定結果は証明書となるものではありません。(検査報告書ということになります)
○測定主所有の土地の土壌や、作物などのデータの扱いはお任せします。
○第三者が関わる食品や土壌、作物の産地を特定したデータのインターネットなどでの拡散はお控えください。
○放射能測定に絶対値はありません。確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
○時間延長の場合はFAXもしくはEメールにてお送りいたします。
○さらに微細な測定をお求めになる場合は検出限界1Bq/kgのゲルマニウム半導体検出器での測定をおすすめします。
○放射性薬剤投薬中、ガンマカメラなど用の造影剤を注射された方の入室はご遠慮いただきます。
(まともに測定できません)

【測定料金とは別に運営費をカンパいただいた当測定室への賛同者は】

○過去のデータも閲覧できるようになります。
○ガイガーカウンターを無料にて貸し出しいたします。
〇持ち込みの際の食品の前処理をお手伝いします。
○安全な食材や食品に関してのアドバイスをいたします。(調理師資格あります)
(まだまだ設備に必要なものがございますので活用させていただきます)

尚、学校関係者(栄養士、給食納入農家)の方への測定は無料とさせていただきます

相模原市こどもまもりたい
綾瀬市の子供を放射能汚染から守ろう!
厚木市の子どもたちを放射能を守りたい
放射能からえびなっ子を守る会
大和っ子を放射能から守る会
Relationship座間

上記賛同団体(順不同)の関係者の測定室ご利用は当面投げ銭スタイルとさせていただきます。
(講習後にセルフ式のグループもしくは個人の測定となります)
1コイン(500円)以上ほどいただければありがたいです。

併設のレストラン ラ・リチェッタご利用のお客様もご利用5000円以上にて1検体を半額にて測定いたします。(レシートをお持ちください)

【神奈川】 放射線物質の市民測定広がる!

放射性物質の市民測定広がる、食料品店やマンション/神奈川

カナロコ新聞さんです。 私 こないだまで カナコロだと思ってました 申しわけありません。


 食品に含まれる放射性物質の測定を市民が自ら行おうという動きが県内で広がっている。ひとたび芽生えた目に見えない汚染への不安は根強く、食料品店やレストラン、市民グループが自前で測定機器を購入し、「市民測定室」を立ち上げようと準備が進む。食卓の安全を守るだけでなく、食品汚染の問題を身近に感じてほしいという思いも込められている。

 先駆けになったのは、相模原市南区東林間の有機野菜や自然食品の店「チャンプール」。店主の高岡章夫さん(55)は昨夏、100万円を借金してドイツ製の測定器「ベクレルモニターLB200」を購入した。

 これまで測った農作物や加工食品は300を超える。静岡産の茶葉からは1キログラム当たり419ベクレルが検出された。群馬の酪農業者の牛乳からは9ベクレルが出た。国の暫定基準値の500ベクレルを下回っていたが、取引を中止した。「孫に食べさせられないものを売るわけにいかなかった」。昨年5月に生まれたばかりの初孫を膝に抱き、そう話す。

 1検体1050円で計測を請け負ってもきた。昨年12月に明治の粉ミルクが問題になると、同じ商品を持ち込んだ母親もいた。

 「放射性物質は健康にマイナス要因でしかない。汚染の実態を把握した上で、どこまで許容し、どう行動するか。消費者、生産者がともに考える必要がある」と高岡さん。厚生労働省は出荷前の農畜水産物のサンプル検査を都道府県に求めており、県は691検体の結果を公表しているが、時期や産地ごとの汚染状況をより細かく追う必要性を高岡さんは感じている。

 座間市相武台のイタリア料理店「ラ・リチェッタ」のオーナーシェフ、稲垣圭介さん(42)はベラルーシ製の「AT1320A」を約150万円で注文した。食材の検査だけでなく、2月下旬からは、ランチタイム後に店のスペースを開放し、「座間市民測定室」として利用してもらう考えだ。

 無農薬の野菜を使い、食の安全にこだわってきた稲垣さんは「来店をきっかけに関心を持ってもらい、消費者が食品の監視を続けることで、外食産業全体の啓発につながれば」という。

 横浜市磯子区でもマンションの一室で「横浜市民測定所」の準備が進む。小さい子どもを持つ親たちが会員を募り、集まった会費でAT1320Aを購入した。

 横浜の立ち上げを手伝う高岡さんは「汚染がどのような動きをするのかが見えず、息の長い取り組みになる。市民が費用を負担することで『自分たちの測定器』という意識が根付けば」と話す。自身の店にも27日、同じ機種が届いた。精度を高めるため、同じ検体を測って数値を照らし合わせるなど、相模原、座間、横浜の3施設で協力態勢をつくっていくという。



管理人Kの戯言

土曜日に、県央地区の様々な「子どもを守る会」の皆さんと ラ・リチェッタさんにお邪魔してきました。
とっても美味しかったです。
また、オーナーのケイスケさんの食に対する想いを知っているだけに安心して食べる事が出来ました。
厚木市からはそう遠くないのも魅力です。愛川町も、清川村も同じくです!

さて、この市民測定所・・・羨ましい限りです。
厚木市市長が、昨年度の12月の議会終了後に、給食を検査する測定器を二台厚木市独自で導入すると言ってくれました。
とても嬉しい事です。

願わくば! 子ども達が食べる前に・・・こまやかに測定していただきたい。
願わくば! 検出限界値を10ベクレル以下に設定していただきたい。 


私、Kは 厚木市にもぜひぜひ市民測定所が出来て、
市民が気軽に 食の安全を確認できるようになればいいと心から思っています。

最近では、西の野菜も危ないのではないか?という記事も目にします。
産地ではなく、汚染度・・・それが本当は望ましいのです。
原発被災地(私たちの神奈川も含む)であっても、汚染されてない野菜はたくさんあると思います。

でも・・・ベクレルが解らないから・・・どうしても産地で選ぶしかなくなっているのが現状です。
私たちが安心して、産地で選ぶのではなく、汚染度で選べる社会になればいいなと心から願います。

諸外国の規制措置(1/27現在)

諸外国・地域の規制措置(日本の食品その他に対する)1/27現在
http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kensa_0127.pdf

*********

諸外国では、自国の国民を守るために厳しい規制を敷いています。誰も「食べて応援」してくれません。

それでも給食を拒否してお弁当を持たせる親に「科学的には必要のない過剰な反応」だとか「給食は教育活動の一環である」などと書いている新聞社があります。

記事を書く方は、ぜひ、日本の食品に対して規制措置をしている諸外国についても、大々的に記事にしてくださいませ。

何度も裏切らないで下さい。

福島で規制値超えもち米=昨年11月までに販売

福島県は27日、同県伊達市の農家が生産したもち米から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。濃度は1110ベクレル。
県によると、この農家のもち米のうち57.5キロが昨年11月上旬までに市内の直売所で販売された。直売所は回収を呼び掛けている。(2012/01/27-21:50)


管理人Kの戯言
何度、何度、何度、安全宣言をし、風評被害だと 消費者を責め続ける 福島県の知事さんに一言、言わせてください。
風評被害と言われる 現実として汚染されているけれども 風評被害ということにしておきましょう作戦を信じ、
復興支援・食べて応援の言葉を信じ
小さい子にも、食べさせた方が たくさん日本にはいます。

貴方のやってることは

何度も、汚染された食品を流通させ、そのたびに 軽く謝罪をし
大々的に安全ですと高らかに宣言する事で
将来、健康を害するかもしれない方を 増やしている。

貴方の言動が、貴方の福島県の 信頼失墜として貴方の大切な県民に帰ってきています。

どうか、本当に・・・どうかお願いします。
しっかり、検査してください。
ばれなきゃいいはずがありません。

本当に、しっかりしてください。

福島産米、偽装し販売=最大85トン、給食用も流用-仙台

福島産米、偽装し販売


は・・・・


最初からこうなるって思ってました。(性格悪くてすみません)
食の偽装はあると思ってました。



記事内容です。

仙台市は16日、福島県産米を宮城県産と偽って販売したなどとして、宮城県のコメ卸大手「協同組合ケンベイミヤギ」(仙台市)に対し、31日までに原因究明と是正措置を取るよう指示した。市によると同組合は、2010年11月から11年7月までの間、産地の適正表示を義務付ける日本農林規格(JAS)法に違反するコメを最大で85トン販売した。
 学校給食向けとするはずの宮城産ひとめぼれ1等米の一部も、一般向けに流用していた。ただ精米記録がないため、流用量や期間は不明という。
 市などの立ち入り検査に対し、同組合は「仕入れが滞ったため、倉庫にあった在庫を使った」と、組織ぐるみで不正を行ったことを認めた。宮城県も16日、米トレーサビリティー法に基づき再発防止策を行うよう指導した。(2012/01/16-16:32)


福島のお米では売れないからって理由でしょうか?
このような業者が 消費者ン信頼を失墜させていることに 早く気が付いてください。
再発防止を指導じゃないですよ
今回の場合には「味」だけではなく「命」も関係するやもしれません。

厳しい処分が望まれます。

処分されるからやらない・・・じゃ 話にならないけど・・・

日本の食に対する感覚は あまりにも ズサンすぎます。
基準値もそうです。
基準値以内だったら 大丈夫・・・という風潮があるようですが

たとえば まだ現在の基準値でいうならば
米に関しては ND~499まで 安全って事になります。

一キロのお米を食べるって そうそうないと思われるかもしれませんが
うちの家でいうなら
10キロのお米を家族三人で食べるのに 約20日間です。
各家庭で食べる量は違うとは思いますが・・・

子どもの放射能からうける影響は、大人よりもはるかに大きいことは
安全ですよっていう学者さんも認めるところです。


お米、きっとその他の食材も・・・
懸命に 少しでも被曝のないものをと探してる消費者にとっては

業者さんの誠意を信じるしかないんですよ。 そこ 守って頂けませんか? 守らせてください>国

日本が世界からどう見られているか!

諸外国・地域の規制措置(1月13日現在)PDF

これは、日本が諸外国からどのような規制を受けているかの国の公式発表です。

日本政府は言うべきでしょう。風評被害だと! 日本国民はみんな食べていると! 学校給食でも東北応援はしてるし、きのこだって「秋の風物詩」として積極的に食べさせている。
また、牛乳にいたってはセシウムが検出されても子どもたちには毎日飲ませていると!

なぜ言えないんですか?
なぜ諸外国は 私たちの愛する日本の食材を風評被害で食べないって言っているんですか???

教えて下さい。


そんな気持ちになるほど、海外からはシビアな目冷静な目で見られてる今回の原発事故後の日本の食材汚染。

私たちにも証明書を出してください。
各食材に、証明書をしっかり添付してください。
給食を食べる前に、証明書を子どもたちに見せて確認してください。


そんな気持ちになります。
過激かもしれません・・・・無理難題かもしれません・・・・・

でも、私たちも そして子ども達も 生きているんです。これからも生きなくてはいけないんです。

理解してくださいますか??? 国のえらい方。

諸外国の規制措置

諸外国・地域の規制措置

11/17現在のものです。
○○県の△△は大丈夫だと思う?・・・と誰かに聞きたくなったとき、ちょっと参考にしてみませんか?

皆さまの「自分基準値作り」の参考になりますように。

☆ayukuma☆

冬のお魚調査、第2弾!

緑豆さまによる、第2回・冬のお魚調査の結果です。

第2回、冬のお魚調査結果

お買い物の参考に、ぜひ。

食品の検査、簡易機器で拡大へ 放射性セシウム

2011年11月10日 19時20分

厚生労働省は10日、食品中の放射性セシウムの検査を効率化するため、飲料水と乳製品を除く食品全般で簡易機器を使った検査を認める方針を決め、都道府県に通知した。これまでは検査件数が多い牛肉とコメ、ムギに限定していた。

簡易機器は、精密な検査機器に比べて検査時間が短いなどの利点がある。ただ誤差が大きいため、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)の2分の1に当たる同250ベクレルを上回った場合、精密な機器を使った再検査を求める。飲料水と乳製品は暫定基準値(同200ベクレル)が、ほかの食品と異なることなどから簡易機器の使用対象外とする。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011111001000772.html

***************

簡易機器で計測して、「はい、検出限界以下です、OK」って言うのは、どうかおやめください。

放射能を取り込みにくい食べ物・取り込みやすい食べ物


資料元 イラストレーター 本谷あかりさんより


2011年10月30日現在、各地の給食納入牛乳からセシウムが検出され、給食における牛乳の利用を休止している自治体があります。


厚木市の給食で利用されてる牛乳は「メグミルク」海老名工場です。


現在、メグミルクのほうでは、放射能汚染物質の検査はしていないそうです。

是非とも、検査をしていただき、厚木市の子どもたちが【安心して大好きな牛乳】を飲めるようにしていただきたいですね。


参照サイト 放射能汚染食品情報

世界も驚く暫定基準



この絵は有名な赤いつぶつぶの絵です。この絵の赤いつぶつぶは放射能を意味しています。
これが、現在の日本の暫定基準です。
今、政府は暫定基準を見直すと言ってくれています。
どうぞ・・・どうぞ・・・・311以前の基準値に戻していただきたい。

イラスト
柚木ミサトさん
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。