はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清川村の修学旅行

清川村には小学校が2校あり、
1校は人数が少ないために修学旅行は
アンケートをとり、行き先を決め
2年に1度行くようになっています。

もう1校はいつも日光に行っています。

日光は厚木市、清川村の除染基準
0.19μSv/hを越えている場所が
多く、そのような場所に修学旅行で
行くことについて、笹原議員は村議会で
何度か問いかけて下さっています。

9月1日に清川村の広報誌と共に配布された
「きよかわ議会 第153号」の6月定例会
一般質問から・・

6月一般質問


農産物、給食の検査等に対して「前回の質問から
3ヶ月、機器会社の対応が5月末ということは
、村のその姿勢に緩みがあるのでは」との
笹原議員の質問に対し、村長の「厚木市、
県と協力しながらの対応で苦慮していることを
ご理解願いたい。県下で学校給食の放射性物質の
独自検査を実施しているのは12市3町」の回答。

その後の笹原議員の言葉・・・

「全県中何市何市町という話は我が清川村の場合
には当てはまらないと考えます。なぜなら放射線
値が高いのは、県内でも一部の地域であり、そこに
村は含まれているというのが一般の理解です
。であるなら、そこに住む住民の安心と安全を守り、
住民の不安は取り除くことを第一義に考えて頂きたい。
そしてそれが風評被害を根絶する方法であると考える。」

 住民の不安な気持ちを代弁して下さっています。

その後村長「県も本格的な検査体制を構築しつつあり、
村も新たな検査機器の購入を含め、対応したいと思います。」

 新たな検査機器の購入!!!さすが大矢村長!!
 ありがとうございます!

その後笹原議員「この問題、見えないが故に、その
危機感を十分に認識しない住民も多いと思います。
それでも将来の『住民の暮らしは我々が守るのだ』
という気概を持って行政が取り組むべきと考えます。」
 
 国まかせや県まかせではなく、村は村独自の検査基準を決めて
 やっていただき、ベクレルフリーの農産物、観光地
 を目指していけたら観光客も安心して来てくれること
 でしょう。村が子どもが安心して暮らせる村を目指して
 いることがわかれば移住者も増えるのではないかな、と
 思います。

大矢村長は子どものことを考えてくださる村長です。

「親、大人の安心より 子どもの安全」を考える清川村。
そうなってほしいと思っています。

清川ねぇさん


スポンサーサイト

清川村の給食は測定されていません

昨年10月に住民懇談会において、村長が
給食を測定する機器を購入するという話を
して下さいました。
記事はこちらhttp://ameblo.jp/kodomomamorukiyo/entry-11064528361.html

それから、測定値の発表がないまま今に
至りますが、何人かに測っているはずだという
お話を聞きました。
測っているなら発表してないのはなぜだろう?
そう思い、教育委員会に電話で問い合せました。
以下のようなお答えでした。

清川村で購入した測定器は精度が良くないようだ。
東海大学で測定を頼んでいるが、そこの測定器と
値を比べると全然違う。
(高く出たり低く出たりする)
今の測定器の値を公表すると混乱するのでしていない。
現在は測定していない。

5月末の神奈川県で精度のいい物を5台購入して、
そのうち2台を市町村で使えるようにする話があり、
1台は横浜市、もう1台は厚木市合同庁舎に設置する。
清川村としては毎日測るつもりはあるが、厚木の合同庁舎
に検査申し込みをした市町村は20あるのでたまにしか
検査ができず、数検体ではなく、単品1検体しか検査できない。

給食に関しては、高い数値が出た場合、食べさせられない
ということになるが、その代わりになる食べ物をどうするか
という問題もあり、難しい。

市場に出回っているのは安全だという認識。

清川村で購入した測定器は使い方が悪いか、機械自体に
問題があるのか調べている所である。
測定器の担当は産業観光課なので測定器の名称は不明。

というお話をされていました。とても丁寧に対応して下さり
ありがとうございました。
早くから測定器の購入を決めていた清川村でした。
ところが今、測っていないということなので残念です。

給食の献立表に先月使用した食材の産地が載っています。
実は産地では安心できないのです。

1Bqというのは、1秒間に1本放射線が出ることです。
「1kgあたり」1Bqなら1kg食べなければ大丈夫ですが、
子どもは小学生、中学生になると1日1kgくらい食べませんか?

そして4月から低くなったという国の基準値ですが
100Bq/kgですね。
もし、基準値ぎりぎり99Bqの物を一日1kg食べたとしたら
身体の中で1秒間に99回放射線が出ます。
99本×60秒=1分間に5940本、
5940本×60分=1時間に356400本、
356400本×24時間=1日に8553600本の放射線が出ます。

500gしか食べないとしたら半分の1日4276800本の放射線が
出ますが、それは少ないから安全でしょうか?

原子核が小さいから通り抜けるとの事ですが、
850万本出て当たらないと言い切れるか・・・

やはり値は少ないほうがいいと思います。

子どものことを色々考えてくださる清川村です。
子どもの命のもとになる食べ物についても
早い対応をお願いします。

清川村の柚子からセシウム

清川村の柚子からセシウムが検出されました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t63v-att/2r9852000001t67o.pdf

私たちの愛する清川村は、美しい自然が魅力的な素敵な場所。
今は、東電原発事故の放射能の影響をうけています。
でも、きっと、きっと、清川村は以前のように、野菜の美味しい、緑豊かな場所になると
私たちは信じています。

清川村の放射能汚染が最初にテレビで放映されたのは、お茶からのセシウム検出のニュースでした。
その後、村では、他地域に比べてしっかりと検査をしている姿勢があり、私はやっぱり清川村を愛さずにいられません。

消費者の健康の為に、しっかり検査をしているから、結果がでる。
検査をせずに流通をしている地域もある中で、清川村はえらいと思います。

早く、清川村の柚子ワインが飲みたい。

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。