はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットスポットファインダー購入へのカンパのお願い

HSF-KANPA.jpg


ホットスポットファインダーというものがあります。

ホットスポットファインダー製品カタログ ポニー工業さん


これは ポニー工業さんという、放射線(線量測定器)の校正事業として認定されてる会社さんがつくったもので、かなりの高性能な測定器です。

今更 空間線量?と 思われる方もいらっしゃるかもしれません。
自分は自分の測定器で自分の周りを測ってるから大丈夫って方もいらっしゃるかもしれませんが
ホットスポットファインダーでは
より正しい数値に近い空間線量を知ることができます。
また、スペクトル等で確認することも可能です。
その他にも 様々な形で可視化できるのも魅力です。

一般に、私たちが持っている 空間線量計(ガイガーカウンターと呼ばれてるもの)は
機種によってさまざまですが、137Csからの放射線だけを受けた時に正確に値を表示するように校正されていても、エネルギー補償のされていない機器では実際の環境では高めに出ることが多いのだそうです。

一般の空間線量計では、検出部の感度の低さが(ばらつきに繋がる)との事
このばらつきを、個々の機種の特性で 校正カバーしてるのだそうです。


詳しい方に教えてもらいました!↓

誤差には偶然誤差と系統誤差の2種類があります。
偶然誤差は本当の値のまわりに測定値がばらつく形で表れます。
これを減らすには感度の高い検出器を使うか、測定時間を長くとる必要があります。

HSF-1の方は、カタログに137Cs0.01μSv/hにおいて400cpm以上となっていますが、これはメジャーなガイガーカウンター(GM管式サーベイメータ)のざっと250倍ぐらいの感度になります。
そのため、同じ精度を出すのに必要な時間が約1/250になります。(凄い!)

短時間での測定が可能になるので、移動しながらの測定が可能になることにつながります。
また、同じ時間を測定にかければ、1/250の平方根をとって誤差を約1/16に減らすことができます。

ここまでが検出器の違いによる偶然誤差への影響の話です。

また、系統誤差というのはある測定条件下で常に一定の傾向を示す誤差です。
ある条件でいつでも高め(or低め)に値が出ることが分かっていればその分逆に補正をかけてやれば正確さを高められます。
ここは校正によりカバーします.HSFは校正を10点で行っていることをウリにしているようです。

このように,ばらつきの話(検出器の大きさ,種類,感度の問題)と,値の正確さ(校正の問題)は別にわけて考える必要があります。


山村の文章がこの二点を混同して書いてしまっており、正しい表記になっていませんでした。
本当に皆様申し訳ありません。
また、ご指摘、ご指南下さった方には心から感謝申し上げます。

わかったつもり・・・聞いた話・・・ではいけませんね・・・
ちゃんと勉強をしなくては!
そして要点はしっかり 理解して文章を書かなくては!と心から思いました。


原発事故直後に聞いたお話ですが
アメリカ軍が公式に使っている線量計は 兵士の体への負担を考えて
少し高めに値がでるように設定されていると聞きました。
それは、放射能が体に悪いから 理由はそれだけです。


こちらの文章については、間違っておりました。
各国の検査規格は細かい点に差異はあるものの,基本的な部分は共通ですし,相互認証制度というものもあります.各国で長さの単位が統一されているのと同様,アメリカ(あるいはアメリカ軍)だけが放射線測定器を別の基準で機器を校正するというのはまずないと思われます.
とのご指摘を受けました。
山村が噂話をうのみにしておりました。修正させていただきます。

厚木市や、他都市が公式測定をしている ラディでも ホットスポットファインダーと比べると、少し高めの数値が出ています。

放射能を気にしているんだから 高め数値でいいんだ!そっちのほうが都合が良い。ではなく
より正確な数値
それを私たちは求め、知ることから始めたいと考えています。

このプロジェクトは、東林間放射能測定室の高岡さんが中心となり、座間放射能測定室、厚木市民測定所も
一緒に、カンパを募り ホットスポットファインダーを購入し、
神奈川県を出来るだけ 網羅できるように・・・・と考えています。

座間放射能測定室 室長稲垣シェフのだらりん日記

現在、高岡さんの個人でのカンパ、稲垣さんの個人カンパ そして個人カンパを含めて
第一回目の目標額の7割まで カンパが集まっておりますが
まだまだ 購入資金には達しておりません。
もちろん、山村個人も現在、仕事しているデザイン費の全額をカンパします!(安いのですけどね私の仕事)

座間放射能測定室 室長 稲垣さんはご自分の愛機をオークションに出してくださっています。

また 神奈川県全域をカバーするとするなら、一台ではなく、二台、三台と・・・台数を増やして行きたい
そう思っています。

ホットスポットファインダーでは 瞬時に測定したものがマッピングできます。
また、その性能は 車走行であっても 1秒ごとに記録ができるので
これまでになく 詳しく正しい 空間線量を測定できます。

その測定の中で、ホットスポットだとわかれば 土壌の測定も合わせて行うことで
見えない放射能を 可視化することが出来、
その結果をもって、行政への除染をお願いできるようにもなります。

また、放射能は移動しますので、定期的に記録を取ることで、
これからの 放射能の動きをとらえる事も可能となっていきます。

学校の校庭の 幼稚園の園庭の どこが ホットスポットなのかも明らかにすることが出来ます。
一般住宅の中もお仕事の場所も どこが ホットスポットなのかを明らかにすることが出来ます。

明らかにすれば、対策ができますから、除染などが可能となります。

でも、一台だけでは、まずは 道路上の汚染を知ることだけでも、大変な作業となってしまいます。
なので、私たちは より効果的に子どもたちの環境を守りたいとの思いをもって
カンパを募らせていただきたく、また二台、三台とホットスポットファインダーを所持することで
きめ細かい測定が可能になっていくと考えています。

空間線量 + 土壌線量  そして、単発的ではなく 継続的に・・・・測定を行う事
これは、決して容易な事ではありません。
ですが、神奈川県には多くの市民測定室があり、またその繋がりも密です
その「パワー」を駆使して、
行政がやってくれないと嘆く事から、行政も巻き込んでの、活動を行って行けたらなーって思っています。

AAKではこれまで カンパを募ったことは一度もありません。
これまでは、全て 個人負担で行ってまいりました。

今回のプロジェクトは、どうぞ AAKのほうからも カンパを募らせて下さい。
どうぞ よろしくお願いします。

ホットスポットファインダー こどもみらい測定所さんの記事

こどもみらい測定所さんのHSFプロジェクト(こちらにもみなさんご協力下さい)

子どもを放射能から守る会in千葉さんのHSF記事


ホットスポットファインダー ママレポさんの記事

どうぞみなさん、ご協力 そして カンパ下さい!


追記
文章中に、私の不勉強から来る箇所がありました。
ご指摘ご教授くださる方の出現で、文章表現を変えさせていただいております。
深く感謝いたします。

また その方から、以下のご説明も受けました。

HSFの優れている点は人体への影響を安全側(高めに)推定する1cm周辺線量当量という数値(電離放射線障害防止規則でもそれで管理をすることになっています)に対して,137Csでの校正がされていること(これは他の線量計でも基本は同じ),
1cm周辺線量当量に対応したエネルギー特性となるように補正をかけていること(一般に「エネルギー補償」と呼ばれます)―これは一定以上の高機能なものでしか行われていません-と言う点だと思われます.
他に,HSF-1の方は基本感度が高いことも・・・


とても勉強になりました。

http://togetter.com/li/505483も合わせて もう一度おさらいさせていただきます。
スポンサーサイト

厚木市教育委員会とAAKの話し合い(座談会?)

今日は、やっと、AAKの一員として
というよりも
一市民として、教育委員会さんと 給食の事で話し合い 第一回目の話し合いを行うことが出来ました。

教育委員会さんの努力の部分、公になっていない部分で
保護者の声を受け止めているという事も確認させていただきました。
ありがとうございます。

さて、今回は自己紹介やお互いの考え方の確認などを行いながらの たっぷり2時間の話し合いでした。
といっても
AAK側が一方的に「測定をした結果として 数字(セシウムの汚染)があるものは 使わないという選択肢はないのですか?}という事をお願いしてるような感覚もありましたが・・・
教育委員会側さんにもいろいろと 事情がある事
また その事情を出来るだけ解決しようと努力されてる事も知り
今日、いきなりの結論は出ませんでしたが・・・・
これからも、この点で お互いの理解を深めながら、継続してお話をしていただける事になりました。

感謝でございます。

厚木市の学校給食に置いては
公のアナウンスはされてないけれども、文章の表現方法が読み取りずらい形のものもあるけれど
ひとつづつ
少しずつ
一歩ずつ
出来るだけ、子どもたちのリスクは軽減してあげたいという気持ちをもって対峙してくださってる事も多いようです。

その件についても
保護者として、もっとわかりやすくアナウンスをしていただきたい・・・とお願いをしてまいりました。

これからも、教育委員会とAAKの話し合いは続けて下さるそうです。


感謝


AAK 山村

牛山先生のベラルーシ報告会に参加してまいりました。

4月に入り、ベラルーシに行かれたAAKとも縁の深い先生がたの報告会が行われました。

横浜市で行われた 川根先生の報告会には、名切議員・ぴーち・清川ねーさんが参加してくれました。
東林間で行われた 牛山先生の報告会には、ぴーち と かぼが参加しました。

この時期は かぼが書いております。

まず、ベラルーシという国がどのような国なのかを 知っていただきたいと思い。以下の動画をご紹介します。



そして、私がいろいろと書くよりも、しっかり伝えて下さってる方のまとめをリンクさせていただきます。

牛山先生のベラルーシ報告会

資料もございますので目を通してくださいませ。

私のipadの中にも、講演会の動画がはいってるんですが 一番前に座っていたので かなりななめなんですね・・・・公開はできないなーって感じです。


また 今日は、FBのほうで、衝撃のデータを目にしました。
チェルノブイリと東電原発は違うという方もいらっしゃいますが・・・・このデータは衝撃的です。
本当に、私たちは ただちに影響もなく、また いつも通りの生活をしていればいいのでしょうか?

315347_458705674204406_876734179_n.jpg


このような中で、子どもを守りたいって考える事、声を上げる事、それすらヒステリックな人たちと片付けられてしまう事に私は深い悲しみを抱いています。

低線量被曝でも白血病

低線量被曝でも白血病 米追跡調査、チェルノブイリの作業員11万人対象
2012.11.8 14:22

チェルノブイリ原発事故で溶けた核燃料やコンクリート、鋼鉄が混じり合った「象の足」と呼ばれる塊(右)の近くで放射線測定をする作業員=1996年4月(ロイター)

 チェルノブイリ原発事故の収束作業などに関わって低線量の放射線を浴びた作業員約11万人を20年間にわたって追跡調査した結果、血液がんの一種である白血病の発症リスクが高まることを確かめたと、米国立がん研究所や米カリフォルニア大サンフランシスコ校の研究チームが米専門誌に8日発表した。

 実際の発症者の多くは進行が緩やかな慢性リンパ性白血病だったが、中には急性白血病の人もいた。調査対象者の被曝(ひばく)線量は積算で100ミリシーベルト未満の人がほとんど。高い放射線量で急性白血病のリスクが高まることは知られていたが、低線量による影響が無視できないことを示した形だ。

 チームは1986年に起きたチェルノブイリ事故で作業した約11万人の健康状態を2006年まで追跡調査。137人が白血病になり、うち79人が慢性リンパ性白血病だった。チームは白血病の発症は16%が被曝による影響と考えられると結論付けた。(共同)

産経ニュースより


このニュースを見て、まさか!って思われた方も、いまさら!って思われた方もいらっしゃると思います。
私、山村にとっては いまさら・・・・でした。

政府やトンデモ学者や、保安院・・・そして 安全廚のマスメディアの方、加えて、行政の方がた
そして、私たちが内部被曝は危ない!といっても、日光市への修学旅行は今はいかなくてもいいんでは?といっても・・・国が安全と言っているのだからなんて態度の議員様方

どうですか?

本当に、福島の子ども達は安全です。関東圏は安全です。東北の人たちは安全です。って言い来ちゃっていいんですか?

このように 権威のある方が結論づけなくとも
チェルノブイリの現状を見れば、低線量被曝であっても、内部被曝も含めて「安心も安全もない」というのが
普通の感覚なのだと思うのですが・・・

心配する人は一部だから そんなことにやっきにならなくてもいいんだ・・・・なんて考えがあるとしたら
それは大きな間違いです。

原発事故は公害ですし、また原発事故は風評被害なんて言葉で片付けられるものじゃありません。

shinbun.jpg


2012年11月8日発行日刊ゲンダイ『さいたま市と同じ線量~ウクライナで健康な子供は6%』


健康な子どもは6%。
昨年4月にウクライナ政府が発表した衝撃の事実。
被爆者から生まれた子どものうち、健康なのは、チェルノブイリ事故から6年後の92年で22%だった。
それが08年には6%に激減。
一方で、慢性疾患のある子どもが20%から、78%に急増したという。
恐ろしい結果だが、他人事ではない。
ウクライナの放射能汚染レベルはさいたま市と同じなのだ。
9/24日から10/4日にかけて、ウクライナで現地調査を行ったNPO法人「商品と暮らしの安全基金」代表の小若順一氏がこう言う。
3地域の学校を調査したところ、一番線量の憎かったコバリン村学校は0.03~0.10µ㏜/h。
さいたま市と同じ水準なのです。
残りの二つ、ピシャニッツア村学校は0.09、モジャリ村学校は0.12でした

小若氏らが子どもたちの調査を進めると、新たな問題も発見したという。
コバリン村学校仁尾生徒の7割が足の痛み、2割が頭痛を訴えた。
ピシャニッツア学校では、足の痛みが6割、頭痛は5割に。モジャリ村学校では、7割が足の痛みを、8割が頭痛があると答えている。
小若氏は、「これらの健康障害は食品摂取による内部被曝しか考えられない」と言う。
食品の検査で、モジャリ村のキノコは200~400Bq/Kgでした。
ウクライナの田舎では、森でキノコやベリー類をとって食べる。
キノコは肉の代わりとして使われ、食事の5%を占めるのです。どれくらいで健康被害を起こしているのかを調べると、彼らは平均して10ベクレルの食品を摂取していた。

10ベクレルは日本の基準の10分の1。


訪れた地域の縁量はうちの事務室と大体同じでしたが、その地域でとれたライ麦を検査に出したら、昨年のさいたま市の小麦より低い線量でした。
さいたま市でとれる食物がどれくらい汚染している分かりませんが、汚染度が高い地域ほど危ないのは間違いない。政府は責任を持って調査をすべきです


放射線量が落ち着いているからと言っても安心はできない。

放っておけば、子どもたちは内部被曝でジワジワとやられてしまう。
国は真剣に対策を急ぐべきだ。


誤字脱字がありましたら 申し訳ありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・

厚木市・愛川町・清川村も大丈夫とは思えないのですが・・・・・。
国の対策を待っていても日が暮れてしまいますので、各自治体が独自で、しっかりと対応して下さるのが一番だと思います。

遠い国の話ではなく レベル7の原発事故を起こした 我が国だからこそ真剣に考える事だと思います。

震災後・・・・

http://yamakifarm.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html

座間ヤマキファームさんのブログより

チップを堆肥にすると とても良い堆肥が出来る
私も以前 4tトラックのロング・高あおりで 6~7台分のチップで堆肥を作った

とても良い物が出来た・・・


測定依頼があり 神奈川・県央地区の剪定チップ堆肥を測ってみた
200~300ベクレル

国の基準値(400ベクレル)以下ではあるが まだまだ 高い数値が出る
依頼者は 3t位 使おうと思っていたが この数値を見て諦めました

もし この 300ベクレルの剪定チップを 3t 畑に撒いたら・・・
900000ベクレル 90万ベクレルの汚染を畑に入れる事になる・・・
これを もし 私の畑に入れたら・・・  計算してみた(1反・300坪あたり)・・・

畑の土壌 1kgあたり       8.6ベクレル 汚染が増える・・・

私の畑 現在 平均で 約45ベクレル/kg程 それが 1度 堆肥を入れただけで約53.6ベクレル/kgに なってしまう

これを 何度も繰り返したら・・・


何も考えないで 堆肥や肥料を 使うと 後で 取り返しがつかなくなる・・・
今は 作物に移行していない畑でも 今後・・・

ちゃんと考えて これ以上 畑の汚染を増やさない 努力をしようよ!


ブログでは測定結果や写真も乗せて下さっています。
厚木市・愛川町・清川村で農業をされている方、こちらのヤマキファームの大木さんの
最後の

ちゃんと考えて これ以上 畑の汚染を増やさない 努力をしようよ!

この言葉、重く受け止めていただけませんでしょうか?

これは、学校でも同じことです。
小学校で腐葉土をつくりませんか?
幼稚園で焼き芋をやりませんか?

目には見えない汚染・・・目には見えない放射能。

本当に大丈夫ですか? 本当に本当に 貴方の子ども、孫、貴方自身 大丈夫ですか?

そして、このお話しの流れは、行政もご存じのはずです。
野焼き・・・厚木市でもふつーに行われてますね。もくもく・・・煙が出ています。
その煙大丈夫ですか?ってことで・・・

このようなサイトを見つけました。
http://hope-japan.tv/archives/523



【放射性物質で汚染された植物の野焼き行為による灰について】

・除染ひまわりなどを野焼きすることでの煙による汚染の拡大はほとんどありません。
これは、野焼きの燃焼温度が低温であること(セシウムの沸点より低い)ので、セシウムは燃焼残渣(灰など)にほぼすべて残るというデータから導き出しました。(※データ参照)

・野焼き後の灰は減容化による単純な濃縮の原理でBq/kgが上がります。しかし、この灰を埋設するなどして適切に処理すれば、セシウムの汚染拡大という二次被害は抑えられます。
灰の再飛散はCs移動マスとしては小規模(県外などには飛ばない)なので、緊急性があるとはいえませんが、新たな風評被害を招く恐れがあります。
よって、野焼き後の灰は早急に処理した方が賢明です。

・改正廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令)を見る限り、農家の小規模な野焼き行為は、同法の例外にあたり、罰則対象ではありません。

以上を考慮すると、HOPE-Japanの見解としては

「野焼き行為による灰については、燃焼中および燃焼後の灰についての試験をおこなった結果、灰の飛散を抑える事(土に埋めたり回収すること)で飛散による二次被曝などの危険性は軽減されることがわかりました。
また、灰の飛散距離はせいぜい数百メートルで大規模なものではありませんし、仮に飛散したとしても、福島県から南の三県まで拡散すると希釈され、ほぼ検知できない濃度となります。
しかし、誤解による風評被害の恐れがあるため、野焼き行為はお控えください。」

となります。

【データ】
枯れたひまわり4本(根を除く) 243Bq/kg (総重量681g) 含まれる総Bq=165.5
燃やした灰 4411Bq/kg (総重量45g) 含まれるBq=198.5
枯れたひまわりを燃やすと元の 7%の重量になります。
燃やす前と燃やした後のBq数は微増しましたが、誤差の範囲です。
よって、燃やしても放射性物質は灰にほとんど残ります。


このような事を書いて 次のQ&Aには

Q.じゃあその灰は実際危険なの?燃やした後に掃いたりする時に吸い込んでも大丈夫なの?(というか何ベクレルぐらいだったら大丈夫で何ベクレルくらいだったら良くないって基準みたいなものはあるの?)

A.灰を吸ってしまうと内部被曝の原因となる可能性があります。灰を片付ける時に吸い込む可能性はあります。毎年の作業と同様にして大丈夫ですが、マスクなどをつけたほうがいいと思います。(現実的には、灰の処分などをしている人以外、灰を直接吸う環境下にはありません。)
環境省(http://www.env.go.jp/jishin/)から出される指示に従ってください。

Q.回収とか土に埋めたりって書いてるけど、誰に回収してもらったらいいの?土に埋めるのはそのまま埋めちゃっていいの?

A.自分で回収し、そのまま自分の土地に自分で土に埋めてください。
燃えるゴミとして出すことも可能ですが、焼却炉の事を考えるとあまりおすすめできません。
現在、焼却炉の灰の線量が上がってしまっていて、灰の処分地に困っています。どこにも持っていけないとなると、焼却炉事態が使用禁止になる可能性もあります。
http://www.env.go.jp/jishin/attach/osenhaiki-shori20110829.pdf


と書いてあります。

では どんと焼きはどうなのだろう?という疑問が出てきましたね。
チェルノブイリ事故では、燃やさない・移動させない・体内に取り込まないが原則でした。

野焼きをしたあとの畑・・・灰は回収されてますか?
灰が回収されぬままに、また農作物を・・・・・を繰り返されてませんか?


本当に大丈夫なのでしょうか?



『セシウム、作物に滞留 雑草野焼き自粛を 登米農改センター』 【8/8 河北新報】
http://scilex.blogspot.jp/2012/08/88.html より

農地で雑草などを野焼きする行為が農産物の放射性物質濃度を高める恐れがあるとして、宮城県登米農業改良普及センターが登米市内の農家らに自粛を呼び掛けている。市や地元農協の協力を仰ぎ、近く野焼きをしないよう求めるチラシを全戸に配布する。

同センターによると、雑草などに含まれる放射性セシウムは燃やすと化学変化を起こし、水に溶けやすくなるという。焼却灰に浸透した雨水が農地にしみ出ると、濃縮された放射性セシウムが作物に吸収される可能性が高い。

登米市内で生産した大豆から昨年11月、1キログラム当たり240ベクレル(当時の国の暫定基準値以下)の放射性セシウムを検出。センターの調査で大豆が採れた農地で4月上旬に、生産者が稲わらを燃やしたことが分かった。

当時、検査対象の大豆は市内7カ所で収穫され、他の6カ所の大豆から検出された放射性セシウムは全て20ベクレル以下だった。

ことし7月、ブルーベリーから基準値を上回る190ベクレルを検出した栗原市の農家でも、収穫前に周辺で野焼きを行った可能性があったという。

県登米農業改良普及センターの佐藤章所長は「断定はできないが、高濃度の放射性物質が検出された原因として、野焼きが影響している可能性が高い」と話す。

みやぎ登米農協によると、市内では3月下旬から4月上旬にかけ、一部農家らが田畑で枯れ草などの野焼きを行っている。夏場に刈り取った雑草は乾燥させ、たい肥などに使う農家がほとんどで、一部の小規模畑作農家が畑で雑草を燃やすケースがあるという。

同農協は通常、刈り取った雑草を農地の外に持ち出すよう指導している。同農協営農企画課は「出荷量が少なくても、高濃度の放射性物質が検出されれば市の農産物全体がダメージを受けるため、自粛に協力してほしい」としている。


ふむーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

チェルノブイリと日本は本当に違うのか?

チェルノブイリと日本は違うと言う人は多い。

何が違うのだろう?
原発事故としては 同じレベルの レベル7 最大級の事故の認定を受けている。
チェルノブイリは過去はソ連で共産圏だった。

旧ソ連人と 日本人 放射能への耐性でも違うのだろうか?


ここに このような記事がある。是非、読んでいただきたい・・・

チェルノブイリ事故の専門家が語った放射能被害の現実(大貫 康雄)

汚染度の低い遠隔の地に移住すること。それが困難で「汚染地域」に住み続けるしかない場合、子どもだけでなく大人も毎年出来るだけ長期間休暇を取り、遠隔地で保養・休養すること。栄養があり汚染度の低い安全な食品を摂るが重要であることなど。日本にとって参考になり、いろいろ示唆に富む指摘をしている。

と書かれている。
また、チェルノブイリでは石棺をつくり、放射能をを閉じ込めた事も書かれている。
日本の原発からは、報道はなされないが 現在でも
毎日1000万ベクレルの放射能が垂れ流されている。

ここで、10月18日に 原発事故現場で奇妙な雲が・・・栃木県方面へ飛んで行ったとう情報がある。
これは、まだ何も事実がわからないので 未確定情報で 
最悪、何か起こった・・・と考えられるけど そうではないかもしれない。

またまた・・・未確定な事をいって 煽ってるね この人は・・・・と思う人もいるだろう
真実が知りたいよ 何だったの?実際のところは・・・・と思う人もいるだろう。
えーーーー原発事故って収束宣言でてんだよ!何言ってんだろうなぁ こいつらは・・・って人もいる。

いろいろな人が存在して、いろいろな考えの元 生活をしているわけですが
考えてみてくださいね
どの人のまわりにも・・・すでに放射能はあり、食卓にも上っている可能性はあるって事。

さて、この記事の中に ベラルーシは国家予算の5分の1を被曝対策に投じた とあります。
1991年に改悪されるまで、ベラルーシでは、国民の健康を守る為に頑張っていました。

ベラルーシの民間機関・ベルラド放射能安全研究所所長のアレクセイ・ネステレンコ氏は、放射線量が毎時0.05μシーヴェルトを超える地域に子どもは住まない方が良いこと、汚染度が高い地域に住み続ける人たちには、大人も含め、出来るだけ夏休みを長くして高い放射線を浴びる量を少なくするとか、年に1~2回は遠くて安全な地域に保養に出かけること、子どもはより頻繁に保養に出した方が良い、と助言していた。

さて、その0.05μSv/hですが、ちょうど厚木市・愛川町・清川村が シンチレーションで測ればそのくらいです。
ガイガーカウンターで測れば・・・もっと数値は上がります。

子どもは住めないと言ってるのか!!!って 思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
それは、ご家族が決める事です。
でも、私たちが汚染が少ないとする0.05μSv/hって数値でも 事故後の健康を見て来た方から見れば、
決して安全って数値じゃありませんよ・・・・ってお話しです。

もうすこし、気を付けた生活をした方が懸命だと思いませんか?

AAKの中に小さいお子さんがいるママがいます。
その人は定期的に子どもと一緒に実家のある愛知へ 帰っています。
それは、一見ナーバスに見える行為に見えるかもしれませんが、私はこの人はとても賢い人だと、
子どもの愛情が深い人だと思って 尊敬しています。

避難や一時疎開・放射能抜きは、自分の生活スタイルの中ではちょっと・・・無理だわって方
そう、私・山村もそうなのですが、それが無理な人は
やっぱり日頃からの生活に気を使って、出来るだけ内部被曝をしないように心がける事がポイントではないかなーと思います。


また わざわざ放射能が高い場所に行かない・・・と言うのも ひとつの被曝対策です。
日光市に厚木市からはどんどん言ってしまいました。
日光市では、確実に子どもたちは追加被曝はしています。これは確実です。
何故なら、日光市は、確実に厚木市よりも放射線量は高く
日光市のあちらこちらでは、除染も行われるほどの土地だからです。
日光市で取れた農作物や・湖の魚からは、高いセシウムが出ています。
そんな中に、厚木市や愛川町・清川村は 安全の旗を振って・・・子どもたちを送り出します。

なんででしょうね? 何がそうさせているんでしょうね? 意味が解りません。

チェルノブイリ事故後26年経っても対策が終わることはない。ネステレンコ氏は、ベラルーシでは今も若い世代から高齢者まで健康被害が減らない。8放射能被害だけが原因ではないかもしれないが)平均寿命が原発事故以降6年ちかく短くなったという。ネステレンコ氏らが進める対策は、日本でも当然参考にすべきであろう。


私たちは来年の3月がくれば、やっと2年・・・・です。

もう大丈夫。事故はそんなに自分の生活に影響を及ぼさなかった。ってのは あまりにも・・・早急な結論じゃないですか?

大人が子どもを守るという意思をもたねば、子どもを守る事は出来ません。

tanomuzo-212x300.jpg

地震備えてますか?

最近、また地震が増えて来たと思いませんか?

311の前もそんな感じで 最近ちょっと揺れてるなー・・・と私は思ってました。
まさか
自分達の人生が変わるような事が起こるとも知らず・・・

みなさん注意をしてください。
注意して、何もなかったーでも 注意せずに何かがあって困ったよりは ずいぶん楽だと思いませんか?

被曝の事も同じように私は考えています。

kanto_map.gif

最近30日間の地震が確認できます。


こうなってくると、やっぱりいろいろ準備をしなくてはいけないのではないか?と考えます。

富士山の噴火や 南海トラフ地震 東京直下型地震  そして
神奈川では

東海地震: マグニチュード8クラス、プレート境界型地震、切迫性あり
南関東地震(大正関東地震の再来型): マグニチュード7.9、プレート境界型地震、時期は100年から200年先
神縄・国府津-松田断層帯の地震: マグニチュード7.5クラス、活断層型地震、切迫性あり
三浦半島断層群の地震: マグニチュード7.2、活断層型地震、切迫性あり
東京湾北部地震: マグニチュード7.3、プレート境界型地震、切迫性あり
神奈川県西部地震: マグニチュード7クラス、内陸型地震、切迫性あり
南関東地域直下の地震: マグニチュード6.7から7.2程度、プレート境界型地震、内陸型地震、切迫性あり

その他にも気になる地震はあるようです。

311前のサイトでこのようなものを見つけました。
3/6 地震の前兆か?

これを見た人が、もしかしたら ちかく地震があるかも・・・って少し考えてくれたら
救えた命はあるんじゃないかなー・・・・って 思ったりしてます。

その時に自分はどこにいるのでしょう? その時に、子どもはどこにいるのでしょう? 家族は?
シュミレーションは細かくやっていたほうがいいと私は思います。

良く言われているのは 家族の集合場所を決める。って事ですね。
何中学校? 何小学校? 何広場・・・・曜日や時間でもまた違ってくるかもしれません。

非常持ち出し品のチェックは大丈夫ですか? 神奈川県非常持ち出し品サイト

災害用伝言サービスについてはご存じですか? 災害用伝言サービスについて

伝言を登録する場合 171+1+被災者の市外局番から始まる電話番号 
伝言を再生する場合 171+2+被災者の市外局番から始まる電話番号


録音は1 再生して安否を確認する時は2です。

携帯電話各社も災害用伝言サービスを準備しています。どうぞご確認ください。 


そして、車で逃げるって時の情報も一度確認しておいてください。
神奈川県警大地震の場合の交通規制


日頃から、地震や災害の時に「生きる残る為」のことを考えておいたほうが よろしいかと思います。


さてさて

ここまで考えていくと、最初に私がいいました。地震と放射能災害は同じって事が思い出されます。

地震はいつおこるかわからない 明日かも今日かも 100年先かもわからない。
放射能災害は 起こってしまいました。でも更なる災害が いつ起こるかはわかりません。

私たちは、原発事故の時に初期被曝をしています。
その被曝量に関しては、どこにいたか?どう過ごしたか?でかなりの違いは出るところですが
その後、どう過ごしてきたか に 加えて、 これからどう過ごしていくのか?って部分を考える必要があります。

現在、幸いにも、厚木市・愛川町・清川村の放射線量はそれほど高くありません。
でも だから安全でも だから安心ではないことを知っておいて欲しいのです。頭の片隅にでも入れて下さい。

・土壌の汚染
・食べ物による内部被曝
・修学旅行による追加被曝(日光へ行った場合)
・無関心による追加被曝
・学校給食 100Bq/Kg以下までは検出されても出しますから来る 内部被曝

考えただけでも、これらによって、私たちや 私たちの子どもたちは 追加被曝をしています。

人間の体というものは いきなり基準値が上がったから そこまでは大丈夫という造りにはなっていません。
たとえば
私の心臓と 貴方の心臓が 同じ被曝をしたから 今日から 体調不良・・・ってものでもありません。
また
大人と子どもで 同じ被曝をしても大丈夫ってことは決してありません。
子どもは、どんなに放射能が安全だよって学者でも 大人よりも2倍は感受性が高いと言います。
そして、放射能は危険だよって学者さんや研究機関からの発表では16倍と言う人もいます。

その2倍から16倍にも意味はあるかもしれませんが、押しなべて、大人よりも子供のほうが、害を受けやすいことは誰でもが認めるところです。


原発事故は公害であると 厚木市の放射能対策に携わってらっしゃる。松蔭大学の瀧口教授はおっしゃいました。
原発事故は災害であることは 誰もが理解する所です。

私たちは地震からも 放射能からも そして 日々の生活の中での 子どもたちの命を脅かすものからも
子どもたちを守っていかなければなりません。

その為には、先に、地震の事を考えて下さいと書いたと同じように、
放射能災害のことも 放射能という公害の事も もう一度考えて欲しいと思っています。

原発事故は過去のものではありません。
原発事故による食品汚染も過去のものではありません。
現在進行形で、私たちの生活に影を落としています。


まだ言ってるの?って 思われるひともいるでしょうけど・・・・
チェルノブイリ事故後26年が経過しても 山井に苦しむ人がいる現実から目を逸らすことはできません。
チェルノブイリは遠くても 放射能は 今もここにあります。
そして、チェルノブイリの放射能よりも、私たちの近くにある放射能の方がより危険なのです。

三号機が爆発しました。あの中に入っていたのは、MOX燃料です。

ウランとプルトニウムを混ぜた燃料(MOX燃料)
プルトニウムの比放射能(単位重量当りの放射能の強さ)が、ウラン燃料比べ約10万倍も強いため、長期間放射能を放出します。体内に取り込むなど、内部被曝をすると非常に危険で「地球史上最強の毒」と言われています。
最悪の事態で、メルトダウン(炉心溶融、炉心融解)後プルトニウムが原子炉圧力容器から屋外へ飛散するような事態になると、より危険で、長期に渡り放射能が出続けるという事態になります。放射性ヨウ素131 セシュウム137 ストロンチウム90などで、セシュウム137 ストロンチウム90は、半減するのに概ね30年、プルトニウム239の半減期は、約2万4000年で、気が遠くなる程アルファ放射体を出し続けるため、長期にわたり被害が出ます。飛散後の土地や海水など、ウラン燃料以上に汚染されてしまいます。


リスクは正しく伝えられているのか?

たった二年やそこらで、原発事故の影響なく生活できるなんてことは 夢のお話しだと私は思います。

これからの時代は 
いつ どこで なにがあっても 自分と家族を守る為に 何をすべきか!を考える時代だと思います。

東京マグニチュード8.0というお話しです。11話あります。その1話をご紹介します。ここに原発倒壊が重なるとと考えると・・・気が重くなります。
私たちには出来る事しかできません。でも出来る事はあるはずです。どうぞ 今一度お考え下さい。





また、チェルノブイリ事故26年たっているウクライナの現状です。


ETV特集シリーズ_チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 投稿者 gomizeromirai






早川マップは、一部200円で発売してくださっています。

AAKの皆さんにも 早川先生から早川マップを頂いております。
前回の座談会の時にも ご説明の上 配布させていただきました。
まだ、AAKの皆さんでお手元に届いてないかたは、次回座談会の時に 受け取ってくださいね。
とても大きな地図です。
紙も立派です!!!!

これは A2版といって A4の用紙4枚分の地図です。
両面になっております。表面も素晴らしく美しいのですが
裏面には、とても有益な情報を伝えてくれています。

是非、欲しい・・・・二枚・・・・・。
でも、
早川先生から頂いた早川マップは おひとり1枚・・・・

壁に貼ってしまっては、裏面を見る事ができない・・・・そんな貴方♪

朗報です。早川マップを一部200円(税抜)で早川先生が販売してくださる事となりました。
是非、入手して、壁いっぱいにディスプレーして下さいませ。

また、「放射能の事なんて気にしてるの? 放射能目に見えないからさぁーーーもう しかたないよ 貴方神経質なのよ・・・・」なんて心無い言葉で傷ついている方には

携帯用として
また
大切な方へ、自分で考えて頂けるためのツールとして・・・・

役だつと思います。

実際、まったく気にしてない方に 地図を見せると、故郷の位置、日光市の位置・・・など
一生懸命に目を皿にして見てらっしゃいました。

みんな、気にしないなんていいながらも 気にしてるんです・・・・。


早川マップについての早川先生の記事 → どうぞご覧ください。


早川マップの購入先は → 早川先生がまとめてくださっています。



守る会の皆様・ブロガーの皆様へ・・・・・


先日、オペレーションコドモタチの 横川さん、
また全国の守る会のリンクサイトを制作運営してくださっているぬかぼこさんたちと、
多くの方に早川マップを手に取って頂く為には何をしたらいいのだろうというお話しを
深夜させていただきました。

私には力ありませんが、仕事柄、バナー等は作る事ができますので
全国の守る会さんや その他個人ブロガーさんのサイトで
告知をしてもらえる為のバナーを制作させていただきました。

サイズがいろいろとあると思いますので、もし このサイズが欲しいって方は 
ツィッター@obakabo までご連絡下さい。

現在作ったバナーをアップします。もし良かったら使って下さい。
後程、まとめてダウンロードできるサイトをつくります。

※・直接リンクはご容赦ください。必ずダウンロードの上ご使用下さい。

ao_hayakawamap.jpg ★ pink_hayakawamap.jpg

横幅260ピクセル

200_125_blue.jpg ★ 200_125_midori.jpg

200_125_pink.jpg ★ 200_125_bk.jpg

横幅200ピクセル

180-50anime1.gif

少し荒くなってしまいましたが 横幅 180ピクセル


どうぞ、ご自由にお使いください。
右クリックで保存が可能です。


 
バナー設置のリンク先は、http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-545.html です。






びくびくします!仰天の川崎市長

bikubiku.jpg



リンゴ 1.6Bq/Kg 冷凍ミカン 9.1Bq/Kgでビクビクするなと川崎市長は言う。
危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だと言う

この発言は どのような思考回路でなされたものだろうか?


私たちの子どもはわざわざセシウムが出た食材を食べて、危険を感じなくてはいけないのか?
セシウムも舐められたもんだ。


こどもを放射能から守る会おきなわ さんより 転載

食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究がほとんどない中、バンダジェフスキー博士は、大学病院で死亡した患者を解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137の量と臓器の細胞組織の変化との環境を調べ、体内のセシウム137による被曝は低線量でも危険との結論に達しました。

以下に要点をまとめます。

【体全体への影響】
* セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になる。
* 大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。
* セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、組織発育が阻害される。
* セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射能症候群(SLIR)といわれる。SLIRは、セシウムが体内に入ったときに現れ、その程度は入った量と時間とに相関する。
* SLIRは、血管、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織的機能変化で明らかになっている。
* SLIRを引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存するが、体内放射能レベルが50Bq/kg以上の子供は機関や系にかなりの病理変化を持っていた。心筋における代謝不調は20Bq/kgで記録された。
* 汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる。

【心臓への影響】
* 生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。心筋のように、細胞増殖が無視できるかまったくない器官や組織は、代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じるため、最大の損傷を受ける
* ミンスクの子供は20Bq/kg以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。
* ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。

【血管系への影響】
* 血管系が侵され、高血圧が幼児期からも見られることがある。
* セシウムは血管壁の抗血栓活性を減退させる。
* 血管系の病理学的変化は、脳、心臓、腎臓、その他の機関の細胞の破壊を導く。
* 体内のセシウム濃度の高い子供の間で、白血球の数の減少が見られた。最初に減ったのがバチルス核好中球と単球であり、同時にリンパ球の数が増大した。
* 動物実験では、絶対的赤血球数と相対的核好中白血球の数の減少が起きた。
* 40キュリー/km2以上の地域から汚染の少ない地域に移住した子供の骨髄球の生理状態が回復したことは注目に値する。

【腎臓への影響】
* セシウムは腎臓機能を破壊し、他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。ゴメリにおける突然死の89%が腎臓破壊を伴っている。
* 腎臓もセシウムの影響を強く受けるが、放射線による腎臓の症状は特徴がある。また病気の進行が早く、悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。2-3年すると、腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、ハイパーニトロゲンミアを進展させる。

【肝臓への影響】
* 肝臓においては、胎児肝臓病や肝硬変のような厳しい病理学的プロセスが導かれる。
* 免疫系の損傷により、汚染地ではウィルス性肝炎が増大し、肝臓の機能不全と肝臓ガンの原因となっている。

【甲状腺への影響】
* セシウムは、甲状腺異常にヨウ素との相乗関係を持って寄与し、自己免疫甲状腺炎や甲状腺ガンの原因となる。

【母体と胎児への影響】
* セシウムは女性の生殖系の内分泌系機能の乱れをもたらし、不妊の重要因子となりえる。また、妊婦と胎児両方でホルモンの不調の原因となる。
* 月経サイクルの不調、子宮筋腫、性器の炎症も見られる。
* 母乳を通じ、母体は汚染が低くなるが、子供にセシウム汚染は移行する。多くの系がこの時期に作られるので、子供の体に悪影響を与える。
* 1998年のゴメリ州での死亡率は14%に達したが、出生率は9%(発育不全と先天的障害者含む)だった。妊娠初期における胎児の死亡率がかなり高かった。
* セシウムは胎児の肝臓病を引き起こし、その場合胎児は肝臓に限らず、前進の代謝の乱れが生じる。

【免疫系への影響】
* 免疫不全により、結核が増加している。
* 免疫系の障害が、体内放射能に起因することは、中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。

【神経系への影響】
* 神経系は体内放射能に真っ先に反応する。脳の各部位、特に大脳半球に影響を及ぼし、さまざまな発育不良に反映される。
* 生命維持に不可欠なアミンや神経に作用するアミノ酸の内部被曝による変動は外部被曝と比べ、顕著である。
* セシウム137の体内量と自律神経系の機能障害は相関する。
* 動物実験で発情期のメスに神経反応の組織障害が起こる。
* ウクライナの学者は、大脳の差半球で辺縁系小胞体組織の異常があると述べている。

【消化器系】
* セシウムが体内に長期間は言っている子供に、慢性胃腸病を引き起こす。

【視覚器官】
* ベトカとスベチロビッチ(15―40キュリー/km2)に住んでいる子供では、子供の視覚器官の変化はそれぞれ93.4%と94.6%だった。
* 白内障発生率とセシウム137の量に明白な正比例関係が見られた。

【相乗作用】
* セシウムの影響は、ニコチン、アルコール、ハイポダイナミアと相乗して憎悪される。

【男女差】
* セシウムは男性により多く取り込まれやすく、女性より男性により強い影響が出ており、より多くのガン、心臓血管不調、寿命の低下が見られる。

【疫学調査】
* 1976年と1995年のベラルーシの比較。悪性の腎臓腫瘍が男4倍以上、女2.8倍以上。悪性膀胱腫瘍が男2倍以上、女1.9倍以上。悪性甲状線腫瘍が男3.4倍以上 女5.6倍以上。悪性結腸腫瘍は男女とも2.1倍以上。
* ゴメリ州では腎臓ガンは男5倍、女3.76倍。甲状線ガンは男5倍、女10倍となった。

【セシウム排出製剤】
* セシウムの排出に、カリエイ土を加えたペクチン製剤のペクトパルは最も将来性がある製剤のひとつだが、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、それを排出したり乱れた代謝を正常にするより容易なことを心に留めるべきである。


以上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんだけの毒性があるんですけど。
本来ならば、我が子にも 我が子のお友達にも 絶対に与えたくない・・・・ですよね。
逆に
どんだけの毒なんだよ!じゃないですか?

これを 入ってると解っているのに わざわざ食べさせて びくびくしない保護者いないでしょう。
だって、
毎日の食事だって バランスやら 農薬やら・・・・・カロリーやら いろいろと気を付けて育ててる。
たとえば
猛毒のヒ素が 微量に入ったくらいで まぁ 数名くらいはヤバいかもしれないけど、やばいもんがあるってわかった上で子どもたちには食べさせていい。 
なんてこと・・・・言わないでしょう。

ヒ素も少しづつ与えられると 大変な事になりますよね・・・セシウムだって同じです。

幼稚園を年少組から入り3年
小学校を6年
中学校を3年 合計 12年間・・・・びくびくしなさんな・・・なのでしょうか?

どんだけ長期計画で被曝すればいいんでしょう? ありえない・・・

今まさに首長によって、自分の生命が子どもの生命が人生が決まろうとする時代なんですね。
日光市しかり
川崎市しかり

首長が現実から目を逸らし、都合の良い解釈により行政をミスリードすれば
確実に放射能被害は拡大します。

自分の子を守れるのは親です。
でも、果たして親だけが 自分の子を守れるのでしょうか?
本当は、地域や社会も一緒になって、大切な未来の担い手を守る・・・この考えが必要なのではないでしょうか?
まずは学校という社会が
そして地域が
そして行政が

ひとつになって、子どもたちを「無駄な被曝」から守る決意をしてもらいたいと心から願います。


最後に

今、被曝対策としてやってる事は 無駄なことかもしれない 間違っているかもしれない・・・
でも世界中のチェルノブイリ事故の経験から学んだ人たちが、
今なお、チェルノブイリ原発事故の後遺症に苦しむ患者の姿を知る人たちが
私たちの道しるべとなっています。チェルノブイリで起こった事を知ってください。


福島における甲状腺の被害においても 実に36%の方が なんらかの甲状腺の被害を受けていると言います。
そして、こっそりとこちらも42倍と修正が行われています。

次々に明らかになる事実・・・それでも まだ 過小に報道されているのかもしれません。

オペレーションコドモタチの横川代表はこう言います。

福島の人だけが被害を受けている?違うと思いますよ
少なくとも、原発事故の初期被曝 あの時に私たちは無防備でした。
原発事故が起こっている間にも 外に出たりしてた人も多かったと思います。
あそこでかなり・・・体はダメージを受けてしまった。
少なくとも関東はそうだと思います。

みなさん病院で検査を受けて欲しい。血液検査を・・・甲状腺の検査を受けて欲しい。
まずは今の段階の自分の体の事を知ってほしい。
それが、のちにデータとなり 貴方の身を守る事に繋がるかもしれない。

知らず生活を送る事が怖い
事実を受け止めて、その後に対策を考える事は出来る。
こんな時代になってしまった。だからこそ自分でいろいろ考えて欲しい。

甲状腺だけの話じゃないですよ・・・様々な病気に繋がって行きます。

せめて・・・・子どもたちは 守って欲しい。守ってあげて欲しい。 と・・・

全くその通りだと思います。
私たちの暮す 厚木市も 愛川町も 清川村も 放射能は確実に存在しています。

原発事故のあったあの日 それから 1か月間・・・・どんな生活をしていましたか?
どんな生活を子どもたちにさせていましたか?

横川氏の話では、福島から初期避難をした人にも 甲状腺障害等が出ているといいます。

あの日、どこにいて 何をしていたか・・・・これはとても大切な事です。
忘れないように どこかに書き留めて居て下さい。
将来、もしかしたら それが大切になるかもしれません。

そして・・・・悲しい事に ビクビクしながら食べなくてはいけないお給食が問題です。(子どもたちにとって)

メグミルク海老名工場は、福島産の元乳を混ぜる事が解っています。
また
厚木市のお給食では 茨城産のれんこんから10Bq/Kgを超すセシウム汚染がわかりました。
厚木市もまた、国の基準値以下のものは 給食に出すと明言しています。

100Bq/Kg以下まで出されてしまいます。

数量が少ないから大丈夫と考えますか?
セシウムは体に入ったら 長く子どもたちの細胞を傷付けます。DNAを攻撃します。
人間には排出機能があるから大丈夫という人もいます。
毎日、微量に内部被曝を続ければ、出ていくといっても体にセシウムは残ります。

また、現在、流通している食材はセシウムだけしか 測ってません(しかも、抜き打ちなので 万全ではありません)
悲しい事に もしかしたら 食材には ストロンチウムやウラン、プルトニウム等に汚染されている可能性は残っています。

馬鹿な事をいうな 煽るな 風評被害だ!って言うのは簡単です。
言わせないように
では 検査をしてください。しっかりと測ってください。


国も行政も 私たち気にしている人間を「一部の過剰な人間」と定義していますが
その一部の過激な人間と言えるうちに・・・・
対策をされたほうがいいのではないですか?

そのうち この 一部の過激な人間たちが 増えていくのは・・・確実だと私は思います。

親が子供を想う気持ちを 止める事はできません。

我が子が 我が子の友達が 大切なお友達の子どもが・・・病に倒れて行った時に・・・・
それを運命だ こんな時代に生まれてしまったから しかたない・・・・なんて人は少ないと私は思います。

放射能は目に見えず そして 即効性を持たない・・・・でも 確実の人間を害する。
即効性がないからといって 大丈夫=安全だ=安心していい とするのは、あまりにも悲しい考え方です。

悲しい(笑)で済むなら 良いですが
悲しい(笑)ではすみませんよ・・・

何度でも言います。沈黙は暗黙の了解と受け取られます。修学旅行問題にしても 給食の問題にしても・・・
沈黙していたら 行政へ 貴方の心配は届きません。

文句を言って下さい。バッシングしてください。ではありません。
不安な事を 尋ねる。
不安に思っている事を 行政に伝える。 それだけでも 十分です。

放射能について 放射能対策のありかたについて 市民が意識を持っている事を伝えなくては
全てが 後手後手です。


昨日までの日々は取り戻せなくとも、今日は自分が作る事が出来る、そして明日へつなげる・・・・そんな考え方をしてみませんか?
気が付いた時から始めることしか人間はできません。

もう遅い とか 今更なんて言葉は捨てて下さい。これからです・・・・これから これから・・・一緒に頑張りましょう。


aakへのメール info★savechild-aak.com ★を@に変えて下さい。



追記:広島原発の4023倍という表記を削除しました。情報の確認をしています。

 

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)


(T-T)「この野菜・・・・大丈夫かな?」


(怒)   「もうそんなこと言ってらんないでしょ?お金も大変だし、国が安全って言ってるから
何でも買うわよ。出てるものは安心だから食べれるんでしょ?
どうせ、放射線なんて言ったって大げさだし、農薬のほうが怖いわよ・・・
タバコで日本人が何人死んでるの?コーラやジャンクフードのほうが怖いわよ。」


(T-T) 「自由に魚が食べられなくなっちゃった・・あ!外国産のお魚発見!
だけど。外国ものってほんとに大丈夫なの???」


(怒)  「ばかみたい・・・気にしてもはじまらないわよ。放射脳ママたちはいつまで
そんなこと言ってるの?福島にも日光にも人が住んでるんだから
安全に決まってるじゃない。だいたい国が安全って言ってるんだから
個人がガタガタ言うんじゃないわよ。風評被害だわ。被災地の人がかわいそうよ。。。
そんな人たちがいるから子どもたちが、自由じゃなくなるのよ・・・。」


3月11日以降。。。犠牲者となったはずの日本人が二つに、分断されてしまった。
原発が四機も爆発を起こしたのに、安全だとうたうことによって・・・・・・・・・・・。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



泣きながら悩みながら線量計を赤ちゃんにつけ、毎日の被ばくを記しながら
生きて行かざるをえない人たちがいます。

そして、故郷を失った家族がいます・・・。両親を置いて、逃げ出すように被災地を離れた人々がいます。

ホットスポット首都圏より、九州方面に逃げた若い夫婦がたくさんいます。

福島県やその周辺の地域は、新緑が美しく、農業にも最適で最高のお米どころでした。

お米も水もおいしくて、美しい水で作る野菜も果実も美しく人々が収穫する楽しみを
たくさん味わいました。安全なお米を食べてほしくて、おいしい牛乳を飲んでほしくて
必死にお金をかけて耕した土地。。。。高いお金をかけておいしい牧草で育てた牛・・・

だけど・・・。

一瞬にして夢も希望も破壊されたのです。

548339_328478343902566_609711181_n.jpg

「原発さえなければと思います。残った酪農家は原発に負けないで頑張ってください。
仕事をする気力を失いました。」

「原発で手足ちぎられ酪農家」「やる気力なくした 6/10 pm1:00」

この報道をおぼえていますか?

福島県相馬市で酪農を営む50代の男性が、「原発さえなければ」などと書き置きを残し、首をつった状態で死亡していたことがわかった。捜査関係者や男性と親しかった複数の人によると、自殺の疑いが強いという。
(朝日新聞より)


彼が最後に見たのは、妻や大事な子どもたちではなく
大事に育てた牛さんだったのだろうな。。。。
どんな気持ちで最後に売れなくなって価値のなくなった牛さんを見つめて旅立ったのだろう・・・


放射線によって二つに分断される国民。

放射線の法律をすべて無視した今の状況。

もし、原発さえなければ、私たちはみんな傷付け合わなくてもよかったのでは?
命を犠牲にしなくて良かったのでは???


記憶から薄れていくけれども再度武田邦彦教授のブログに
当時の記事が・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2011年3月12日に爆発した福島原発。小雪の降る極寒に地震で打撃を受けた福島の人たちに放射性物質が追い打ちをかけた。

2011年3月31日午後2時2分に共同通信から配信された情報によると、警察当局は、原発から10キロメートル以内に震災、凍死、あるいは放射線の打撃で亡くなり収容できないご遺体が数100から数1000あると推定していると報じた。

その頃、上杉さん達の事実を伝えたいというジャーナリストは必死になって現場に入る許可を政府に求めていた。「少しでも情報があれば、まだ救われる人がいる」と叫んだが、政府は許可を与えなかった。

3月27日には福島原発から5キロの大熊町でご遺体から高い放射線を測定した。ご遺体の除染を必要とする基準として警察が定めていた10万cpmの測定器が振り切れて県警がこのご遺体の収容を断念した。

寒風吹きすさぶ福島の地に「汚染されているから」という理由で放置されたご遺体。私は日本人として心が痛み、涙をこらえることができない。ああ、すみません。こんな原発をやって・・・

この地域のご遺体は、地震によって家屋の下敷きになったり、津波で服が濡れ折からの寒風で体温が下がった人が多かった。でも、放射線が強く救援が届かない。餓死、衰弱死、病死でなくなった方が多いとされている。

あのときの寒さは酷かった。寒空の中でこれまで真面目に生きてきた日本人を見殺しにしたのは事故を起こした東電と、救援を拒否した政府だった。

武田先生ブログより。。。。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

放射線で死んだ人は一人もいない・・・だから原発は安全だと。

爆発しても安全だとすごい顔で記者会見してた内部の社員の人は鬼なのでしょうか。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地震で原発が爆発しなければ、酪農家の彼も、津波でかろうじて生き残ってた方々も助け出され
亡くならずにすんだのではないですか?

自分の故郷を一瞬にして奪われる・・・・

それを考えたら一人一人が意見を出すことが必要になります。


私たちの歴代の祖先たちが日本を守るために、命がけで戦ってきたように。。。。

自分じゃない。未来を守る

それが私たち日本人の大人としての責任だと思います。




クリック↓してください・・・。

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)


締切は8月12日(日)午後6時までです。

放射能と関係ないのですが・・・
お子さんとアロマクラフトはいかがでしょう♪


輝き厚木塾 「親子でアロマクラフト」
~工作感覚で石けん、入浴剤、キャンドルを作ってみませんか?~

講師:細野 恵
対象:小学生と保護者の2人1組
会場:睦合西公民館
託児:なし(乳幼児連れOKです)
持ち物:エプロン
受講料:1500円
教材費:4500円(精油、材料、テキスト代)

開講日:7/24(火)好きな形の石けん作り
    7/31(火)シュワシュワバスボム作り
    8/ 7 (火)虫除けキャンドル作り
時間:10:00~12:00

広報あつぎで募集していたのですが、2組の応募があり、
そのうち1組がキャンセルになってしまったという、開催が
危ぶまれる状況になっています。

私は1組でもやるつもりなんですが、多分受講者の方が
引いてしまうのではないかという予感がしています。
そんなわけで・・・
かぼちゃんの了解を得て、こちらで募集させていただきました。

日にちが合わないという方、どこか1日でも出られればあとは
別の日を設けたり、それでも出られない場合には私が材料と
作り方、補足をつけた資料を郵送しますので、お気軽にご参加
いただければと思います。

材料の購入や配送期間があり、20日正午で締め切りますが
夏休みの工作に、自由研究に、いかがでしょうか。

お問い合わせは、090-5795-3593 細野 恵まで

急でごめんなさい!でもお待ちしてます。
細野 清川ねぇさん

大津市のいじめ問題・・・・

大津市のいじめで自殺してしまった子の問題が、連日テレビで報道されています。
偉い方たちが・・・テレビで
けしからん!何をやってるんだ学校は!何をやってるんだ教育委員会は!と言ってます。


保護者としていろいろと考える事はあります。
もし自分の子がいじめられたら・・・・
もし自分の子がいじめる側だったら・・・・

私も、息子とその話をしてみました。

息子は、いじめがそこまでになったら、逃げるしかないと言ってました。

でも、逃げる事が出来なかったら?ママにもパパにも言えなかったら?と聞くと

うーん・・・と考えてしまいました。


おさかな博士のギョギョギョの さかな君のコメントで
こんなコメントがあります。

おさかな君のコメント asahi.comさんより


いじめられている君へ


広い海へ出てみよう   東京海洋大客員助教授・さかなクン

 中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。
 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。
(朝日新聞2006年12月2日掲載)



この記事は、前にも何度も読んだことがある記事でした。 

AAKのブログを読んでくださってる方の中にも、いろいろなご意見があるかと思います。
放射能のお話しではありませんが・・・・

子どもを守るという視点で・・・この問題も大切な問題だと思い、書かせていただきました。

現在、大津のこどもの虐めの問題は、警察による 学校の調査が行われています。
マスコミが騒ぎ、関心が高くなれば、こうやって、事象が動く・・・・・・・・。
でも、失った命は戻ってきません。
それが一番辛いですね・・・・・・。

いじめの問題は 誰にとっても「他人事」ではありません。
自分の子どもが おもわず どちらか側になってしまう・・・・事もあるかと思います。

そうならないように、保護者として大人として 子どもの変化には敏感でありたいと 個人的に思っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、横浜市・関内で マザールさん主催の「放射能対策講座 第二段」が行われ、
AAKもそのスタッフとして四名で参加してまいりました。

その後、横浜市で精力的にこの問題に取り組んでらっしゃる 小学校の先生に 日光への修学旅行を変更する事は可能なのか?と質問をしてみました。

その先生がおっしゃるには

何度でも、たくさんの保護者が、不安を訴えれば、可能。とのお返事でした。

基本的には、学校長判断ってことになっているのだから、その学校の保護者が声をあげれば可能です。との事です。


地震がつづいています・・・・。

確認用WEBサイト

地震 


7/3日にも地震がありました・・・なんか・・・長ーい地震でした。
こんな時に気になるのは、来るぞ 来るぞと言われている・・・関東全域での地震 富士山の爆発 そして、また東北で起こる地震・・・・いやいや 原発が立っている所全部が心配です。

2011年3月11日の地震から、震災への意識は高まった山村ですが、ここに来て・・・その時に購入した食品の賞味期限等のチェックをしなきゃなぁ~と・・・確認してみたら・・・驚くべきことに・・・もう少しで賞味期限が切れるものがたくさんありました・・・。

何が起こるかわからないからこそ・・・ここは ちゃんと補充です。

また、うちの息子の防災ずきんが・・・小さくなってしまっています。
防災に詳しいピーチちゃんに、その事を話すと、防災ずきんで、大丈夫なのかーーー?という不安にあたりました。

先生方は、防災訓練の時にはヘルメットです。子どもだってヘルメットでしょぉぉぉ~って大盛り上がりでした。
学校には防炎の防災ずきんとヘルメットと二つもたせるかなぁ~・・・
訓練の時は みんなと同じでいいけど ほんとうに いざって時は 頭は守らなきゃ・・・・ですよね。

先日、息子が負傷しているので、ちょうど防災訓練の日に、息子の怪我が人とぶつかって悪化してはいけないと
迎えに行きました。
ヘルメットの先生方、布でつくった防災ずきんのこどもたち・・・あの 綿とワタでつくった防災ずきんは
火がついたら・・・どうなるんだろう?と 考えました。
守る事ができるのかな?って

それと、マスクやグーグルっていらないのかな???とも 思いました。
目を守る。呼吸で有毒なガスを吸い込まない・・・・って大切な事だと思うのですが・・・
そこらへんは いいのかな?

私にはよくわかりません。 この 記事の後ろに ピーチちゃんが お返事書いてくれたら 嬉しいです。

原発事故現場がとんでもなく不安定です。地震が来るたびに 耐えてくれ!と願わずにはいられない姿
もし、地震で建屋が崩壊したり・・・冷却装置が冷却不能に陥ったりしたらと思うと・・


これからの防災グッズには やっぱり ゴーグルとマスクですわよ! ママさん・・・と言わずにいられない。
しかも
N95くらいの性能は欲しいものですよーーーーーと言わずにはいられない。

もちろん、私は準備してます。・・・・だって 余計な被曝は嫌なんですもの。

いつ来るかわからないからこそ、出来るだけの事をしていたいと思っています。
みなさんも、もう一度、災害グッズの確認を!!!

ちなみに あの震災後に入手困難になったもの

乾電池!
ガソリン!
お米!
ミネラルウォーター!です
小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では 粉ミルク等の準備をお願いします。

この国でこの土地で生きるって・・・昔と同じ「なんとかなるさ」では通用しなくなってますので、気が付いたときに、震災グッズの確認・補充

あと 家族で「その時」どうするか?の話し合いをしませんか?(しませんか?って言われても―でしょうけど)

..................................................................................]

(^O^)/はいっ かぼちゃん、リクエストにこたえます♪

ぴーちです★

地域の防災に密着して、早8年??

あるいみ趣味ともいえる防災対策ですが、防災指導員は、自助がちゃんとできてないと
ダメです!人を助けることもできません!!!昔からこだわりの我が家の防災対策をお知らせします。


とにかく、「自分だけは死なないと思っている」という日本人の感覚を捨てなくてはなりません。
日本は、地震や津波が多いから、もうこのくらいだったら怖くないよ。。っていう
自分自身の過信を放棄しましょう。

我が家は緊急地震速報、または小さな揺れですぐに家で一番安全な(何も飛んでこないところ)

おトイレへ集合します。

小さいときから、鍛えている子どもたちの反応の素晴らしいこと。。。。!!!
たとえ、空砲でも、震度1でも小さい揺れのときにしか動けないので
大事なゴールデンタイムです。

今は、いい世の中になりました。アラートはとても使えます。。。

そして、問題のヘルメット・・・我が家の玄関には、子ども用自転車のヘルメットならあります。
寝室の足元には、自分で作成した防災ずきんのようなもの。。(ゴムをつけた座布団があります。
あとはスリッパ、ホイッスル、ワンタッチ懐中電灯、白色サイリウム(これ、便利^^)一緒にあります。

寝てるときの地震は怖いですね。。

問題のヘルメットは、素晴らしい、危機管理教育研究所の国崎伸江先生のところをご紹介します。

私の学校では、先生が呼んでいただきPTA講座でお会いし、感動いたしました。
大好きな素晴らしい女性防災の先生です!!!
ヘルメットの重要性を書いてあります。
我が校は先生が防災対策素晴らしいので
すぐに、ヘルメットに切り替わりました★ありがとう♪命を一番に大事にしてもらって・・・

私はこの対応を、後世に語り継ぎたいです。
(大げさではなくほんとです!!それが3.11後の
見直しなのだから・・・・)



危機管理教育研究所


こないだ議会で、防災ずきんには意味があり、頭だけでなく、肩を守るからとありましたが

頭を守らなければ、大きな瓦礫と化した、コンクリが落ちてきたら即死なのです。

肩や足より頭です!!!!!!外を歩いているときは頭に、ランドセルを頭に乗せてもいいです!!


そして、タンスのある部屋で寝ている方へお知らせします。

横向きで寝た場合、タンスの取っ手が側頭部を直撃したら、大人でも即死です。。。

何度も動画で、震災後の防災について考えるの番組で人形を使って実験がありました。。。。

どうぞ、これからでも遅くないので、自助。。。始めてくださいね★

自助とは、災害対策の基本。。。。「自分の身は自分で守る。」

自分が助からなければ、家族も友も助けることはできないのだから。。。

おススメの、防災グッズについては、また次回^^

おススメマスク(原発がまだ安定などしない人類初の綱渡り状態の廃炉中のため)

N95マスク(ちなみに私は箱で20個いりを通販で買いました♪)


8000a.jpg


防災指導員  ぴーちのつぶやき・・・♪

なぜ子供たちが?

提供中止で小田原市議会が決議 「給食に冷凍ミカンを」
2012年6月15日

県内産冷凍ミカンから微量の放射性セシウムが検出されたのを理由に、横浜市と鎌倉市が学校給食で冷凍ミカンの提供を中止している問題で、ミカンの生産量が多い小田原市の市議会は十四日、「農産物に対する風評被害の拡大につながりかねない」と、給食で冷凍ミカンの提供を要望する決議案を賛成多数で可決した。

決議案は七会派のうち六会派の代表が連名で提出。「農産物の生産に励む県内農家の存続を危うくさせる憂慮すべき事態」とも記した。署名を見送った会派の議員は「自治体にも独自の安全基準を設ける権利はある。生産者保護は国などに訴えていく」とした。

県内産冷凍ミカンは、横浜市や鎌倉市などが独自に放射性セシウム濃度を測定。国の新基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を大幅に下回ったが、保護者の要望を重視し、給食での使用を中止している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120615/CK2012061502000117.html

****************

チェルノブイリ原発事故の悲しすぎる歴史を学ぶと、放射性物質を溜め易い食材があることが分かります。そしてそれは主にキノコ類・ベリー類・ミルク・魚介類だと言われています。

不幸にもこの国で、レベル7×4基の恐ろしい事故が起きて、これら溜め易い食材に間違いなく溜まっていることが分かります。そして、他にも溜め易い食材があることも分かりました。柑橘類は「その他の溜め易い食材」の中の1つです。

気候が違えば、注意すべき食材も違うのです。日本でトナカイの肉を心配する声が聞えないように、チェルノブイリでは柑橘類に注意する声はなかったでしょう。

小田原市議会議員さんたちにお聞きしたい。なぜ給食で提供する必要があるのでしょうか?

本来、「風評被害で売れない」のであれば、その補償は東電か国がやらなくてはいけません。

責める相手を大きく間違えていませんか?

どうしても補償が無いのであれば、大人が食べればいい、農家を助けるために、地元の産業を守るために、冷凍みかんを各家庭で消費(ただし大人に限り)する議案や、市役所の食堂で提供する議案を議決すれば良いではないですか。

子供たちに被害の補償をさせないでください。日本の未来を担う子供たちに押し付けるのは断固許せません。

弱い者が更に弱いものを叩いて、子供たちに「いじめはいけません」などと、どんな顔をして言えるのですか?

およそのことに口出しして余計なお世話であることを承知の上で、小田原の議員さんたちも猛勉強しなくてはならないのでは?

☆ayukuma☆

チェルノブイリの真実(写真)

子どもを育てている方で、これから子どもを産む方で、この現実から目をそらさないで下さい。
これはチェルノブイリ事故後の子どもたちの姿です。



チェルノブイリの子どもたち  (チェルノブイリの被害者)

image_chilid.jpg
同、サイトより写真をお借りしております。



煽るな! 不安になるだろうが!って方もいらっしゃるかもしれませんが

煽るのではなく
真実を伝えているだけなのです。合成でも嘘でもありません。
この写真の子どもたちの瞳に何を見ますか?


311後に原発事故が起こりました。
そして 野田政権は、原発終息宣言をだし、原発事故は無かったことにされようとしています。

本日、ニュースでは、福島県の夏の選抜高校野球予選は、グランドの放射能汚染を調べる事はしないとの報道がされています。
福島のグランドは、すでに、子どもたちが砂埃を吸いながら、活動をしていいレベルまで、汚染が軽減されたのでしょうか?

私は少年野球選手の母として このニュースに 怒りと悲しみと・・・大人として申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

日本では「疑わしきは罰せず」という言葉があります。
ですが
事、放射能に関しては、これでは、自分の体も 大切な人の体も 子どもの未来も守る事は出来ません。
「疑わしきは 受け入れず」という枷を自分に課さねば・・・

これって大丈夫? うんきっと大丈夫。だって流通してるものだから 安全だよねきっと・・・・の感覚では
自分も含めて、自分の大切な人を守る事はできません。

特に、子どもたち・・・

子どもたちは、年齢が低ければ低い程、放射能の感受性が高いと言われています。
これは、どんな「放射能おそるる事なかれ」の学者さんも認めている事です。

そう考えて行くと、 かなり・・・・気分が滅入ってしまいますが

最近、厚木市内や、清川村をシンチレーションやガイガーカウンターなどを持って計測をしていると
私たちがAAKを立ち上げた頃の 厚木市も愛川町も清川村だって・・・ひどく汚染されてしまってるのではないか!という考えが

すこしだけ変わりました。

実際に、シンチレーションで測ってみると、0.05マイクロシーベルト~0.10μSv/hシーベルトの場所が多く
大きく汚染されているって場所は 私達AAKはまだ発見する事ができません。

もし、発見したらば、すぐに役所(役場?)に連絡をして・・・除染なり移染なりしていただく
そしてブログにて注意喚起をさせていただくつもりで おりますが・・・空間線量的には・・・現在のところでは
ナーバスに もう引っ越すわ!って感じではないように思えます。

ただ、空間線量と、土壌の汚染はまた違った意味を持ちますので、
今後は、私たちの住む町 厚木市・愛川町・清川村の土壌の調査をしていただきたいと心から願っています。
私達AAKでも、皆さんが望む場所があれば、
座間の市民測定所さんを利用させてもらいながら、土壌の検査を進めて行きたいと思います。

本来ならば、行政側が私たちが口にする前に「市民・町民・村民」の為にやって下さると助かるのですが・・・

手間が惜しいのか? それとも 経費がかかるのか?

どちらにしても、私は行政が行う、原発事故前と同じような行事やお祭りよりも
まずは、市民が安心して暮らせるような街が一番基本だと思います。

まずは、汚染の度合いを知る事です。空間線量は、そんなに心配するほど高くないと分かったからこそ
次のステップに進み そして、 土壌の汚染も 安心だとしてくれるなら

私達は、内部被曝に対して、親として、真剣に向き合うことが出来るのです。

知らず心配するよりも
知って、その不安を取り除く努力。 私は 今後はこのスタンスで行きたいな・・・って思っています。

まずは、行政の方と一緒に、出来るように・・・お願いをしながら
自分自身も やれることから アクションしていきたいと思っています。

私達 AAKの地域が、安全か 安全ではないか?は 私にはわかりません。
ただ、パニックを起こす必要のない・・・・地域に現在はあるのではないかと思っています。

ですが

どこに暮らそうと 内部被曝への対策は必然です。
またスポット的に土壌が汚染された場所があるならば そこには 子どもは近づけたくありません。

心配しすぎだと考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・・

放射能の被害に置いては、 何が真実か・・・・ 何が正解なのかは
数年後には・・・・目に見えてくることです。
その時に、あぁ あの時に・・・・と 後悔するよりも、
一般人として 保護者として、可能な限りのことはやってきた・・・と思いたいのです。

その努力を 笑う方は笑えばいいと思いますし、悪く言う方がいらっしゃるのも 身をもって知っておりますが
正直、
私たち AAKにとっては、そんなことに 気を取られて 悩むよりも
より安全な食材探しで悩む方が・・・・いいな・・・・って気持ちでいっぱいです。

現実から目をそらさず
そして、事実以上を恐れ過ぎず・・・
チェルノブイリで起こった悲劇を教訓にしながら・・・みんな それぞれに 頑張っていきませんか?

出来る事からでもいいと思います。
私じしんも 完璧な防護なんて出来てないと思っています。
でも、やっぱり、すこしでも ひとつでも・・・・親や大人の努力で取り除ける リスクがあるなら

ひとつづつ・・・・やっていきたいな・・・・と思っています。

AAK かぼ 山村




NHK取材で代弁したかったこと。


本日、ぴーちは、
NHK「あさイチ」に出演させていただきました。
ああ…緊​張していてやはり怪しかった。
かなり汚い家で申し訳なかったですが、(いつぞや転勤族なので、古​い賃貸に住んでますっ)

NHK特集


「あなたはどう考える? 被災地のがれき処理」


瓦礫の会の、 かぼちゃんと違って全然勉強にいたらないけども、
そもそものこの​問題は
原子力災害が起こったから、問題が生まれているということ。

そこが根底ですよね。。。

もし原子力災害さえ起こらなかったら、瓦礫問題もなく、復興まっ​しぐらで
子どもを守る会が各地で起こらなかった。

みんなが、市政と、教育者と戦わずして良かった。。。

命の署名で泣いて、傷ついて

無関心なお母さん(だって自然放射線量とかわんないんでしょうっていうお母さんたち)
に傷つくこともなかった。。。

内部被ばく研究が医師や医療者の間で立ち上がらなかったというこ​と。

もう過去のことのようになっているけど原子力災害は現在進行中で​。。。

報道ステーションも、四号機の問題を取り上げてきたので
やはり私はNHKさんにも国に逆らって頑張ってほしいってとこか​な。。。

私たち、子どもを守る会にとって、敵は国でもなく、東電でもなく
原子力災害に、無関心な、人々・・・・

お金を落とすことは、この国を復興させるとは思うんだけど。。。

「おかしいよね。。。事故も終わってないのに、再稼働いってるし
過去のことのように毎日スカイツリーで大騒ぎじゃん!」

九州の母たちから見ても。。。この国は異常だという。

福島にいる人々はお母さんは、妊婦さんは
「逃げようと思えば逃げられるのよ。。だけど、逃げられない状況​があるのよ。。と
涙ながしながら、いつか健康被害が子どもにふりかかるかもしれな​い」とおびえて暮らしている。
そして福島のお母さんたちは、九州​や北海道の食材に頼って生きていることを
忘れてはいけないんだと思う。。。。

食べて応援しようのCM、行って応援しようのCM。。。。

史上最悪の原子力災害が起きたのに、お気楽な日本。

福島お母さんたちは、福島のものは食べれないという。。。せめて
内部被ばくを避けてあげたいから。。。

かたほうでは、自分の子どもさえ守ればそれでいいのか!!!
という同じ主婦目線の私への抗議。。。。
九州の方でしたが。。。

私はあのFAXを送ってきた九州のかたへ。。。直接言いたい。

同じ九州の人として情けないと思う。

あなたたちができることは汚染を広げる恐れのある瓦礫を受け入れ​るのではなく
農協が必死になって汚染地の子どもたちのために
お米を作ってあげてほしい。
そしてたくさんの野菜や牛乳を安い値段で提供してほしい。。。

それが本当の絆・・・・

今、瓦礫処理問題で、海外がどんな風に見てるのか
日本人は知らない。。。

やはり根底に原子力災害が、人の絆をさき、恐ろしいことになると​いうことをまだまだ
知らないんだと思う。。。

私たち、子どもを守る会がなぜ、たちあがったか。。。

それは、その九州のお母さんが「自分の子どもを守ればそれでいいの​か・・・」

という言葉とは真っ向に、たくさんの子どもたちを救いたいから

たちあがっているのではないでしょうか。

本当に子どもだけでよいのであれば悪いけど

そっと過ごします。誰にも種まきせずにね。。。

私たちはそれができないんです。たくさんの子どもたちを見て
罪のない子どもたちを見て涙が出るんです。

大人の責任ってなんだろう。。。そう思うのです。

病気になったらすべて終わるのです。
病気の末期を病床から動けずに

母の手紙だけが頼りで、

そっと夜に泣いている

あの子たちを看てきたから。。。

絶対に私たちは負けたくないんです。

NHKさん。。。今度は子どもを守る会の特集組んでくださいね★

ありがとうございます★

厚木市ホームページに、プール測定のことをUPしてくださいました★

先生たちの意識が無駄な被ばくを防ぐということに手をかけてくださることは

本当に安心できてうれしくなってしまいます。。。

ATOMTEX製AT1302Aでプールのお水を計測してくださりました。。

厚木市ホームページより・・・。

検出下限値を10ベクレル/キログラムと定め測定しております。
放射能濃度が10ベクレル/キログラム未満の場合は「不検出」と表示しています。
(参考)水道法による水道水中の放射性物質の管理目標値: 放射性セシウム10ベクレル/キログラム
文部科学省ホームページ「福島県内の学校の屋外プールの利用について(平成24年4月10日)」

小学校プール測定

情報を公開してくださるのは保護者にとってすごくすごく
安心できる材料になります。

土壌検査をすることは、やはり安心につながりますので

要望だけ聞いてもらえるかお願いしてみようと思います。

事故から、一年二か月。。。線量ではなく土壌検査で、安心が得られると住んでてみなさん

安心するのではないでしょうか♪本当にありがとうございます★

みんなで子どもたちを守りたいですね★

原点に戻る・・・。

昨日は、お忙しい中、若いママさんたちにも来ていただいて
本当にありがとうございました★

もっと心配ごととか共有できたらよかったです。もっと次回は動画を見る会とかにも
つなげていきたいと思います。

またぜひぜひいらしてくださいね★

最近、おちびちゃんたちが走り回るのを見てると
ぷくぷくしたお手手や、まあるいあんよ・・・。

かわいくてかわいくて。。。

見てるだけで泣けてきちゃうのです。年とったかなぁ。。

とある学校で子どもたちの写真集動画を見せていただいたとき

「私。。。。このかわいい子どもたちの笑顔を守りたいだけなんだよなぁ。。。」

たったそれだけなのに・・・ってフィルム見ながら、号泣したことがあります。

「どうしてこんなに辛い思いをしなくてはいけなくなったんだろう。。。

原子力事故がなければ、こんな思いをしなくてすんだのに・・・・・」




NHKより、子どもを守るお母さんとして取材を受けたぴーちです。。。。

テーマは広域瓦礫処理でした。どんな風にとらえてもらえるのかはわかりませんが、

心配するお母さんを代表する声を出せたらいいと思っています。

広域瓦礫処理。。。現地の声が聞こえてきません。

原子力災害がなかったら、きっといろんなことが復興していたと思います。

人と人との絆を奪うのが、原子力災害です。

今は、現地の方と、瓦礫を受け入れないと心配する住民との絆を裂いている気がしています。

「汚染されていないのに、なぜ引き受けられないのか・・・」

「汚染されていないのに、なぜ食べて応援しないのか?。。。。」

「風評被害だ!!」

汚染されました。。。。

東日本は汚染されたのです。輸出規制もかかっています。

農業に携わる方、漁業の携わる方。。。生産者さん。。。。

そして、お母さんのおっぱいを飲む小さな赤ちゃんから、お年寄りまでの消費者さん。。。

誰も悪くありません。

人間の作り出したものが自然の脅威に勝てず、原子力災害を引き起こしたからです。

img_301026_7528480_0.jpg


だけど、作り出したものに脅威を振るわれた今は・・・・

大人の責任だと思います。小さな子どもたちには何の罪もありません。

私たちは本気で、郷土を守る必要があるのです。

日本人の遺伝子を残さなくてはいけない責任があるのです。

なぜならば、原子力事故で放出した核種は、大変危険だからです。




月曜日のNHKの番組では、四月からの食品の新基準値について

消費者が安心なようにちゃんと流通段階で検査してあるのかという内容でした。

一年と二か月たった今でも、生産者さんにまかせっきりで負担の多い検査となっていました。

そして負担が多いあまりにちゃんと検査されず出回っていることを

ハッキリ取材されていました。

本当は安心な食べ物を提供したい生産者さん。。。

疑いが多くやはり手が出せない子育て中の私たち、お母さん。

もちろん、完璧ではありません!0ベクレルに近い値なんてきっと無理な社会になったから。

それでも少しでも、自然放射線以外の事故後の放射線含有しない食材を食べさせたい・・・・。



お母さんが子を守る。。。たったそれだけ・・・。

私の受けた取材は、国民の反感をかい、すごい勢いで叩かれるでしょう・・・



だけどこれだけは言いたい・・・「世界中が敵になっても、私は子どもたちを守る!」




私たちのやっていることは、先生を困らせることでもなく

教育委員会を困らせることでもなく

市政を困らせることでもなく

誰かと戦うことでもなく、現実を理解して、この社会で生きていく術を見つけていくための

無関心な人への種まきです。

そういう意識で生活しています。「自分の子どものことしか考えないくせに

何が防災だ!」だと思いますが、この種まきが、いつか人の心を動かし、

いつか大きな花を咲かせてくれることを

信じて・・・。



熊本の詩人 「葉 祥明」



母親というものは

母親というものは
無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれることを
心の底から願います
どんな高価な贈り物より
我が子の優しいひと言で
十分すぎるほど幸せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから
母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです
詩・葉祥明

熊本小野出来田内科医院 小野先生ブログより


小野先生ブログ

副読本の話

放射線副読本 独自に 福島大や富大で取り組み

文科省版 事故記述わずか
 文部科学省が作成した放射線教育の新しい副読本の論調に疑問を持つ教育者や市民らに、独自の副読本を作る動きが広がっている。文科省の副読本は小中高校で本格的に配布が始まったが、福島第一原発事故への言及がほとんどなく、放射線の危険性を十分伝えていないなど批判もあり、北陸でも取り組みが進んでいる。(柏崎智子、松岡等)
 福島大では、後藤忍准教授(環境計画論)ら教員有志のグループが先月下旬、「放射線と被ばくの問題を考えるための副読本」を作成した。中学生以上が対象で全十八ページ。
 文科省の副読本が前文で触れているだけの福島第一原発事故について二ページを割いた。チェルノブイリ原発事故に並ぶ深刻さで、放射能汚染の広がりの予測データがすぐに公表されず福島県民らが無用な被ばくにさらされたこと、子どもたちもマスク着用や外出制限を強いられたことなどを具体的に記述。
 低線量被ばくの健康被害については、ある線量以下は安全とする説もあると紹介した上で、多くの国際的な組織は被ばくしただけリスクが増えると考えていると説明。現状の汚染から身を守る手段として、局地的に放射線量が比較的高い「ホットスポット」を避け、日によって変わる大気中の線量に注意することを挙げた。
 二千部印刷し、インターネットで公開したところ、全国各地から「授業で活用したい」「分けてほしい」など反響があったという。後藤さんの研究室ウェブサイトからダウンロードできる。
 富山県では、富山大人間発達科学部の林衛准教授(科学コミュニケーション)と市民グループが共同で副読本づくりに取り組んでいる。昨年十一月に県教委が主催した文科省副読本研修会に林さんが参加し、その内容に危機感を持ったのがきっかけだ。
 林さんは、文科省の副読本について「自然放射線や、放射線が医療など暮らしに使われていることばかりを強調し、管理できるものだという考えを広めようとしている」と批判。原発事故について「今なぜ多くの人が住む場所を追われ、農業や漁業、食品に多大な影響をもたらしているのか、これでは理解できない」と指摘する。
 林さんとともに編集に参加するのは、県内の主婦らでつくる「とやま原子力教育を考える会」のメンバーら。文科省副読本の学校への配布をやめるよう県教委などに申し入れも行ってきた。
 編集には福島県内から避難している母親にも加わってもらい、その体験を盛り込みたい考え。完成前だが、富山市内で十三日に開かれるイベント「アースデイとやま」で一部を公開し、文科省副読本の問題点を呼び掛けることにしている。


中日新聞より転載 


副読本については、AAKでもメンバーが 横浜市の青島先生・埼玉県の川根先生の勉強会に参加させていただいております。

両氏と横浜市の女性の三名で、国へ交渉にも行ってくださっています。
ただ・・・その時の光景は ばりばりの 原発推進の部署で作っていたという驚愕の事実・・・だったそうです。


原発推進したいところが作る副読本ですもんね・・・・ありえない内容ってのも 頷けますよね(涙)

福島大学の副読本は、こちらでご覧いただけます。 福島大学副読本PDF

放射能は危険ですと 原発事故前には言っていました。
でも、五重の壁で守っているから大丈夫です。とも言っていました。

恐ろしい事に、五重の壁を突き抜けて・・・私たちの足元に放射線が届いたとたんに
放射線は役立つものとなり、怖くない物質にすり替えられようとしています。


こんな国ありません!


チェルノブイリでの事故後に、被害を受けた子どもたちがたどった道を 皆さんはすでにご存じの筈です。
あの時に
私たちは、遠いソ連でのお話し・・・社会主義国家だし、ソ連だから 対応が足りなかったと
チェルノブイリの事故の被害者に対して、お気の毒に・・・・・と思っていました。
日本にはどんな事はない
もし
日本でそんな事があっても この国なら大丈夫、ちゃんと国民を守ってくれる。
そう・・・思っていました。


事実は違いました。


瓦礫の広域処理を見ても明らかなように
この国は、そこに 私たちの子どもがいるにも 関わらず これから子どもを産む人がいるにも関わらず
今、生まれたばかりの 沢山の 愛にあふれた 赤ちゃんがいるに関わらず


放射能を広く薄く・・・・この国全土に 拡散したいとしております。 拡散する気まんまんです。

そこには、利権だの なんだのって 血なまぐさい話も絡んで来ますが

そんな話よりも 私たちがショックなのは この国のその姿勢なのです・・・。
国だって わかってるはずなんです。放射能は 危険な物質であり、閉じ込めておかねばならない物質であることを・・・・

学校教育の場で、子どもたちは 放射能は安全だと・・・・習ってまいります。
なので
せめて 家庭教育の場で、本当の事を 話し合いたいですよね。

私たちも勉強を始めたばかりなので、子どもたちと一緒に・・・・放射能は安全ではないよって事を理解して行きたいと思います。


副読本の問題、これから、厚木市・愛川町・清川村の現状を・・・調べて
お伝えできればと思っております。

ひさしぶりの 山村記事でした。 これからも宜しくお願いします。

300年後のこどもの日は?

2012年5月5日

「北海道電力泊原子力発電所3号機が5日深夜、定期検査のため発電を停止した。
これで全国の原発50基がすべて止まり、日本から42年ぶりに「原子の火」が消えた。」

42年・・・。

たった42年で安全神話が崩れた、先進国  日本。

私が生まれた昭和は、夜7時にもなると店も開いてなくて、外は真っ暗。

お正月は三日まで商店街もすべて閉店・・・。

暮れに買いためた食材で、ご馳走を作り、お餅を祖父たちとついて

いとこたちとみんなで過ごした楽しいお正月。子どもの思い出の中で、特別だった。。。

便利さと引き換えにとんでもない環境汚染を引き出してしまった原子力災害・・・。


自然に対して、人は無力だ。

いざ破壊すれば、人間には手に追えない兵器に手をつけてしまった日本。

子どもの日に、停止した意味を深く考えると。。。

これから生きる子どもたちに再稼働の決定権があるように思ってしまう。



1_1okinawa870923_s.jpg

提供:アストロアーツ/星ナビ


2012年5月21日(月)朝•東京 … 7:34:33頃

日本の太平洋側の広い地域で金環日食が見られます。

厚木市内で見られるのは、173年ぶり。



子どもたちは、記念すべき貴重な、天体観測を学校のみんなと共に、イベントで
楽しむ予定です。

次に見られるのは300年後の予測。

ぜひ晴れて、素晴らしい天体観測になるといいな・・・(大人のみなさんも忙しいけど見てね・・・。)

そして、その天体観測を期に、子どもたちが、自然の美しさを知り
自然に対してひどい仕打ちをしてきた
私たち大人の無関心さをもっと叱咤し、
自分の未来の子孫まで
いとおしく思う・・・そんなことを少しでも思って天体観測をしてくれたら・・・

と考えてしまいます・・・。

2012年は、きっと心が一つになるそんな大事なときだと信じてやみません。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。